コートドニュイヴィラージュルージュ 2012 C ocirc;te de Nuits Villages Rouge 得価,大人気

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆格付け:AC コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ レッドとブラックチェリ-の果実を思わせる香りに、 リコリスや皮などのニュアンスも感じます。 口にふくむと、柔らかくかつ豊かであり、 素晴らしいバランスと長い余韻が楽しめます。 コートドニュイヴィラージュルージュ 2012 C ocirc;te de Nuits Villages Rouge 得価,大人気

2本以上木箱発送 蔵出し バタールモンラッシェ 1999 ルイラトゥールDomaine Louis Latour Batard Montrachet 人気,限定SALE

■ オレンジ色 ◆グラン・クリュ(特級) A.モンラッシェ B.バタール・モンラッシェ C.ピアンヴニュー・バタール・モンラッシェ D.シュバリエ・モンラッシェ E.クリオ・バタール・モンラッシェ ■ ブルー色 ◆プルミエ・クリュ(1級) *シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ *ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ ■ グリーン色 ◆ヴィラージュ(村名) *シャサーニュ・モンラッシェ *ピュリニー・モンラッシェ ※バタール・モンラッシェは、Bの区画になります。 ※ブルゴーニュとは、微細な差異を楽しむワインだ。 ひとつのアペラシオンの中で造られるワインのあいだにも、数多くの差異がある。 その際をもたらす最大の要因は土地だ。  真に偉大なワインは個人の趣味を超越する。 飲まねばならないものは、飲まねばならない。  無垢なる心をワインに捧げるなら、そう命令する声が聞こえているはずだ。 ブルゴーニュ至高のワインと呼ぶか、シャルドネの頂点と呼ぶか、 白の最高峰と呼ぶか、それぞれ表現は違う。しかし、意味はひとつ。 それは飲めばわかる。だから、モンラッシェを、飲まねばならないのだ。 ◆モンラッシェを知るためのおさえておきたい*五つの基本事項* (1)モンラッシェとは何なのか  モンラッシェとは何かと尋ね、ジャック・プリウールを率いるマルタン・プリウールは、 ただ一言、王と答えた。次の言葉までに、長い沈黙があった。「・・・驚くべき力。 本当に、特別な存在。ベルベットの手袋の中の鋼鉄の手という表現があるが、 それはモンラッシェにこそふさわしい」。  白ワインは赤ワインより強い。だからブルゴーニュでは白ワインが赤ワインのあとに供される。 その白ワインの中で、唯一最高の存在。すなわち、ワインの女王と呼ばれるブルゴーニュの強者たちが 披露されたあと、フィナーレに登場し、全軍に号令する、王たちの中の王。それがモンラッシェだ。  重厚さと軽妙さ。堅固さと柔軟さ。積極性と節度。厳格さと包容力。真剣さと遊び。 霊性と官能性。無尽蔵ともいえる対立項を内包しつつ、それらを調和させ、ひとつの統一体として 提示するワイン、モンラッシェ。その膨大な構成要素に遺漏なく耳を澄まし、自分自身の内に イメージとして再構築しようとする姿勢の中に、ワイン趣味の真髄がある。 (2)モンラッシェの歴史  ピュリニーは、ガロ・ローマ時代にはプリニアカスと言われた村であり、部度いう栽培の歴史は古い。 中世にこの地のワイン造りの伝統を守っていたのは、ベネディクト派メジエール修道院。1152年、 この修道院に、ピュリニー村のピエールとアルノレ兄弟が、「モン・ラシェ」にあるブドウ畑を寄贈し、 1286年には、シャニーのギ・ペリエも寄贈する。これがモンラッシェの歴史のはじめである。  14世紀は飢饉とペストによって土地が荒廃し、ピュリニーの土地はフィリップ豪胆公に接収され、 ブドウ栽培が中断してしまう。再興されるのは、15世紀、ボーヌの弁護士であったジャン・ペロンが ピュリニーの領主となってからだ。  17世紀まではモンラッシェは決して高く評価されていなかったようだが、18世紀になり、 現在のマルキ・ド・ラギッシュの先祖にあたるクレルモン=モントワゾン家が畑の所有者となってから、 評価が上がった。1787年にフランスのワイン畑を視察し、格付けを記した、 かのトーマス・ジェファーソンによれば、ブルゴーニュ最高のワインは、 シャンベルタン、ロマネ(現在のロマネ・コンティ)、クロ・ド・ウージョ、 そしてモンラッシェであり、それら4つの価格は同じだったという。  1855年のラヴァル博士の格付けを見ると、シャンベルタンやロマネ・コンティは テット・ド・キュヴェであるが、唯一、ピュリニー村に属するモンラッシェは テット・ド・キュヴェ・エクストラという特別な称号を与えられている。 以降、モンラッシェがブルゴーニュ最高のワインであるという評価は不動である。 (3)モンラッシェのテロワール  モンラッシェの面積は7.998ヘクタール。 そのうち4.0107ヘクタールがピュリニー・モンラッシェ村に3.9873ヘクタール がシャサーニュ・モンラッシェ村に属している。  標高は255メートルから270メートルで比較的低い。斜度は10%以下とゆるやかで、 ピュリニー側では東南、シャサーニュ側では南を向いている。 地質年代はジュラ紀バトニアン(一説にカロヴィアン)であり、石灰岩とマールの土壌をもつ。 ドルーアンの醸造長フォールブラックによれば、「表土はピュリニー側で50センチ、 シャサーニュ側で60センチ表土の土性は軽めだが、ピュリニー側は石英が混じり、より軽い」。  モンラッシェについて、生産者たちは揃って「一番簡単な畑。雨が多ければ排水し、 雨が少なければ保水してくれる。適度にストレスがありつつも、決してストレス強すぎない。 病気にもならないし、樹勢も適度に抑制してくれる。毎年きちんと酸がある。ブドウの新梢の節の長さも、 短めで全部揃っている。畑が勝手によいブドウを作るから人間はあまり仕事をしなくてもいい」と言う。 これが偉大なテロワールでなくしてなんであろう。 (4)ピュリニー側とシャサーニュ側  ピュリニー側とシャサーニュ側のテロワールは微妙に異なっており、 それがワインの味わいに差をもたらす。  その差を理念形として誇張的に言うならば、ピュリニー側のモンラッシェは、リンデン、ミント、 フェンネル、アニスシードといった清涼感のある香りに、レモン、青りんご、洋梨のような 果実の香りがする。酸はキメ細かく、スッキリとしており、質感はシルクのようで、 硬質ながらも微粒子的なミネラル感があり、全体的に端正で優美なワインだ。  シャサーニュ側のモンラッシェは、ハーブの香りはあまりせずに、ターメリックや コリアンダーシードやバニラといったエキゾチックなスパイスの香りが混じることもあり、 パイナップル、ピーチ、ネクタリン、リンゴのミツのような果実の香りがする。酸は低めで太く、 質感はベルベットのようで、がっしりとした巨石のようなミネラル感があり、 全体的に分厚く力強いワインだ。  取材生産者の中では、ジョセフ・ドルーアン、ブシャール、オリヴィエ、ルフレーヴ、 ルイ・ラトゥールが、ピュリニー側のブドウからワインを造り、それ以外はシャサーニュ側である。 この基本的な違いをまず知った上で、個々のワインを鑑賞し、使い分けてみたい。 (5)生産者と所有者、ネゴシアンとドメーヌ  モンラッシェの畑を多く所有するのは、筆頭のマルキ・ド・ラギッシュ、第2位のバロン・テナール、 第4位のコント・ルノー・ド・ボーカロンといった貴族である。彼らは、ほぼすべての収穫を ネゴシアンに売ってしまう為、モンラッシェはネゴシアンのワインを多く見かけるアペラシオンとなっている。 今回訪問した生産者の中では、ジョセフ・ドルーアン、エチエンヌ、ソゼ、オリヴィエ・ルフレーヴ、 ルイ・ラトゥール、ルイ・ジャド、アンリ・ボワイヨは 畑を所有しておらず、上記の貴族たちから、ブドウ、マスト、ワインいずれかの形で、収穫分を購入する。 ※マスト(ぶどうを除梗、破砕し、普通は亜硫酸が添加されたものが、 ワインの醸造原料ですが、 これをマスト(果醪、もろみ)と呼びます。)  貴族が所有する畑の区画はさすがに優れた場所にあり、そこから造られるネゴシアンのワインは、 よい区画ならではの上品さとバランスの良さがある。生産量も多く、生産者の技術も高いため、 品質が安定している。しかし栽培に問題がある場合も見受けられる。  自分の所有する畑のブドウからワインを造るドメーヌは、最初から最後まですべて自己責任のもと、 個々人にとってより理想に近い栽培と醸造ができる可能性がある。  そのようなドメーヌのワインは大変に魅力的であるが、 ブシャール、テナール、DRC以外のドメーヌは面積が大変に小さく、品質の安定がむずかしい。 また、ほんの一部の区画からしかワインが造られない場合は、複雑性にかけるきらいがある。 技術の低い生産者もいる。 とは言え、どのモンラッシェも品質が高いことには間違えない。生産者の違いによる価格の高低は、 投機性によるもので、価格と品質の比例関係は見られない。つまり、最高のワインであることだけでなく、 賢く選べば、もっともお買い得なワインでもある。  百本の村名ワインの味を忘れても、一本のモンラッシェの味は決して消える事がなく、 望む時にそのイメージを口中に立ち上がらせて、鮮烈な感動を与え続けてくれる。 ワインの楽しみのすべてが含まれているモンラッシェは、ワインの中の基本だ。 誰もが知らねばならないワインであり、もちろん飲まねばならないワインである。 ※ワイナート47より掲載文抜粋 ●優良年1999ヴィンテージ!! ルイ・ラトゥールはコルトン・シャルルマーニュを始めとし、 コート・ドールでも最大級のグランクリュを所有する生産者です。 その歴史は1768年から200年以上にも及び、 現在は7代目当主ルイ・ファブリス・ラトゥールが経営。 昔ながらの伝統を守る一方、最新の技術も取り入れ、 常に革新的なワインを作り続けています。 ◆ルイ・ラトゥール公式サイトより バタール・モンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェ共に 1999ヴィンテージは現在飲み頃 と表示されています。 ◆生産者名欧文:LOUIS LATOUR ◆生産者名和文:ルイ・ラトゥール ◆蔵出し バタール・モンラッシェ [1999] Domaine Louis Latour Batard-Montrachet ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ドール コート・ド・ボーヌ ◆格付:ACバタール・モンラッシェ グランクリュ コート・ド・ニュイの南に連なる地区で、 生産量の70%は赤ワインですが、この地区の白ワインは、 辛口白ワインの中で世界最高の評判を持っています。 その極上の白ワインは十分なコクがあり、まろやかでかつ豊かな味わい。 赤ワインは優雅で香り豊かなワインに仕上がります。 アロス・コルトン村、ボーヌ村、ポマール村、 ヴォルネー村、ムルソー村、ピュリニー・モンラッシェ村、 シャサーニュ・モンラッシェ村などが中心的な地区。 ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆タイプ:白・辛口 ◆品種:シャルドネ100% ◆醸造:新樽にて発酵、同容器にてマロラクティック発酵後8-12ヶ月熟成。 ◆ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」より ***~***** ルイ・ラトゥールは、コート・ドールの白ワインの生産量の10%を生産する。 コルトン・シャルルマーニュの生産量にかけてはトップに違いない。 本格派の白はオーク樽発酵、12~14ヶ月の樽熟。 いずれも心浮き立つワインだ。 ◆マイケル・ブロードベント著「ヴィンテージ・ワイン必携」より抜粋 *1999…★★★★ 非常に良い年。 夏の終わりから秋の初めにかけての晴天続きで葡萄は完熟し、 極めて高い糖度と、嬉しいことに十分な酸を持った。 さらなる瓶熟でもっと良くなるかも。 ※(蔵出し バタール・モンラッシェ [1999]) (蔵出し シュヴァリエ・モンラッシェ”ド・モワゼル”[1999]) 組み合わせOK!合計2本以上(6本迄同梱OK)の御注文で6本入りスライド式の木箱発送とさせて頂きます。 ◆ブルゴーニュ(白)におけるヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ Vintage Chart White Burgundy ◆1985★★★1986★★★★1988★★★1989★★★★★1990★★★★1991★★1992★★★★1993★★1994★★1995★★★1996★★★1997★★★★1998★★★★1999★★★★2000★★★2001★★★★2002★★★★★2003★★★★2004★★★★2005★★★★★2006★★★2007★★★2008★★★2009★★★★ 2本以上木箱発送 蔵出し バタールモンラッシェ 1999 ルイラトゥールDomaine Louis Latour Batard Montrachet 人気,限定SALE

シャトーグリ ニュイサンジョルジュ レテラス 2011 数量限定,100%新品

18世紀にニュイ・サン・ジョルジュに建てられた シャトー・グリのシャトー(城)は、1.2kmにわたる石壁で 囲われた約3.5haの畑の中央に所在します。 同じ敷地内から良質なピノ・ノワールとシャルドネが収穫できる、 ブルゴーニュでは大変珍しい区画となっています。 高度280mの急斜面にはテラス状に畑が連なり、 城下の畑(2.8ha/モノポール/AOC:ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ) からは ピノ・ノワールによる赤ワインが造られ、 高台の畑(0.67ha/区画名:レ・テラス)からは シャルドネによる白ワインが造られています。 AOCニュイ・サン・ジョルジュ全体(約300ha)で 白ワイン用ブドウが植えられているのはわずか7.3haとなっており、 AOCニュイ・サン・ジョルジュの白、レ・テラスは希少ワインといえます。 土壌は主にジュラ紀中期バトニアン期の粘土石灰土壌で構成され、 ブドウは根を深くはることができます。 ブドウの平均樹齢は40年を超えており、深くはった根が ワインに複雑さを与えます。 シャトー・グリは、ニュイ・サン・ジョルジュの プルミエ・クリュ(1級畑)に格付けされるクリマ名(畑名)でもあり、 アルベール・ビショーだけが所有するモノポール(独占所有畑)です。 ※プルミエ・クリュ格付けは『シャトー・グリ』赤ワインのみ。 (シャトー・グリ ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ/赤/2.8ha) ブドウは全て手摘み収穫後、果実の品質を守るため、出来るだけ早くワイナリー (ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン:シャトー・グリから約100mの位置)に 運び、一部は除梗を行わず、ワインに骨格と複雑なアロマを与えます。 マセレーション・発酵は温度管理したオークタンクにて20~28日間行い、 理想的なアロマ・味わい・色合いを生み出します。 丁寧なプレスでエレガントなワインに仕上げ、トロンセ、アリエ、ヴォージュの オーク樽(新樽20~35%)にて16~18カ月間熟成します。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ニュイ・サン・ジョルジュ村 ◆原産地呼称:A.O.C. ニュイ・サン・ジョルジュ ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆タイプ:白・辛口 ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:アルベール・ビショー/シャトー・グリ ◆テイスティング◆ 18世紀よりニュイ・サン・ジョルジュに 所在するシャトー・グリ。280mの高台の畑『レ・テラス』では シャルドネが栽培され、白ワインが造られます。 石灰質土壌由来の豊富なミネラル感があり、スパイス、 落ち葉、中国茶、アンジェリカの花を思わせる繊細で複雑な香り。 いきいきとした印象のワインです。 シャトーグリ ニュイサンジョルジュ レテラス 2011 数量限定,100%新品

コーディア サンテミリオン 低価,得価

コーディア社はボルドー最大のネゴシアンのひとつであり、 ボルドー地域にいくつかのシャトーを所有・管理・運営しています。 2000年7月には同じボルドーのメストレーザ社を買収し、 正式にはコーディア・メストレーザ・グラン・クリュ社として、 ボルドーのテーブルワインからグラン・クリュ・クラッセに 至るまで全てのワインを網羅し、 ネゴシアンとしての地位を更なるものとしました。 現在、コーディア社のプレミアム・ブランドとしての 「コレクション・プリベ」ブランドを確立し、 その一方でボルドー地域の優秀なプティシャトーと 独占契約を結んだ「クラブ・コーディア」をスタートさせています。 これはコーディア社がぶどうの栽培からワインの製造に至る全てを管理、 徹底した品質保証を約束するものとして絶大なる評価を獲得しています。 徹底した品質主義は、脈々と現在まで引き継がれているのです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆原産地呼称:A.O.C. サンテミリオン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆合う料理:グリルした肉、ソースを使った肉料理、チーズ ◆飲み頃温度:14~16℃ ◆生産者:コーディア社 ◆テイスティング◆ 赤い果実を想わせるスパイシーな香り、 バランス良く強いアルコールを感じさせる 厚みある味が特長。 若い時期から十分に味わえますが、 3〜5年は熟成可能な、調和のとれたワインです。 コーディア サンテミリオン 低価,得価

シャトー ドゥ サンセール ブラン 2012 Chateau de Sancerre Blanc 新作入荷,得価

シャトー ドゥ サンセールは、 10世紀に設立された歴史と伝統のあるワイナリーです。 グラン マルニエの創設者であるルイ アレクサンドル マルニエ ラポストールが1919年に取得、以後、マルニエ ラポストール家に よって運営されています。 「シャトー ドゥ サンセール」という名称は、 他のワイナリーには名乗ることの許されない、 このワイナリーだけに許された特別な名前です。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ロワール渓谷地方 中央フランス サンセール ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン ◆アルコール度数:13.3% ◆容量:750ml ◆コメント◆ 美しいミネラルとスモーキーな シトラス フレーバーが生き生きとしています。 上品で洗練された味わいの中に幾重ものハーブのアロマが 溶けこんだクラシックなサンセールの真骨頂です。 シャトー ドゥ サンセール ブラン 2012 Chateau de Sancerre Blanc 新作入荷,得価

のし包装紙無料箱代 シャトーダルマイヤック 2012 シャトークレールミロン 2012 第5級豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番人気,100%新品

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ※前回の入荷は海外へのインデント(予約発注品)で、さらに追加で入荷した場合は インポーター様の仕入値が高くなってしまいます。すなわち、インデント商品の方がお安くなります。 お値段が前後いたしますが、何とぞご理解くださいますようお願い申し上げます。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆シャトー・ダルマイヤック [2012] Château d'Armailhac◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆格付け:AOC ポイヤック メドック第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン56%、メルロー22%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド2% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:50.0ha ◆平均樹齢:47年 ◆植樹密度:8,500本 ◆平均収量:45hl/ha ◆育成:発酵は25℃に温度管理されたステンレス槽で15~22日間。 ◆熟成:新樽約35%で15~16ヶ月。清澄と濾過については詳細不明。 ◆ワイン:シャトー・ダルマイヤック(22万本) ◆飲み頃の続く期間:収穫後5~14年 ◆所有者:GFA バロンヌ・フィリッピーヌ・ド・ロートシルト ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド ■ボルドー第4版一般的な評価コメント■ このシャトーは近年大幅によくなり、昔より良好な 凝縮感や濃厚さが見られるようになった。 1989年までは一般的に健全だが興奮させられるような ものではなかったのだが、1995年以降は一貫して 優良から秀逸となっているのだ。 安定した仲間であるムートン・ロートシルトと クレール・ミロンの陰になっているおかげで 今だにリーズナブルな価格で手に入れることができる。 抜け目ない消費者ならば、特に良好なヴィンテージの ものは探し求めたいところだが、ご注意あれ。 手遅れになるくらいなら早めに飲むことだ。 四級に格上げできるシャトーである。 ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー91点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点獲得!2012年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 91点獲得!2012年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点92点獲得!2012年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!92点を獲得した2012年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 95点獲得!2012年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!91点獲得!2012年ヴィンテージ! ◆シャトー・クレール・ミロン [2012] Château Clerc Milon◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆格付け:AOCポイヤック メドック第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー29%、カベルネ・フラン9%、プティ・ヴェルド1%、カルムネール1% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:30.0ha ◆平均樹齢:51年 ◆植樹密度:8,450本 ◆平均収量:55hl/ha ◆育成:発酵は21℃に温度管理されたステンレスタンクで15~22日間。 ◆熟成:新樽約30%で16~18ヶ月。清澄と濾過については詳細不明。 ◆ワイン:シャトー・クレール・ミロン/17万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後5~14年 ◆所有者:GFA バロンヌ・フィリッピーヌ・ド・ロートシルト ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド ◆ボルドー第4版一般的な評価コメント◆ ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間という よい立地に恵まれている。1985年以降のワインは相当よくなって きており、1995年以降は一貫して秀逸なものとなっている。 ポイヤックで最もフルーティで食欲をそそるワインの1つで、 一般的に外向的で、かなり早めに飲む必要がある。 近年見せている品質レベルから判断すると、特に最良の ヴィンテージのものなら三級とまではいかなくとも 四級に格上げされてもよいだろう。 『必買品』。 フィリッピーヌ・ロートシルト男爵夫人の所有するもう1つの シャトー、クレール・ミロンは、1970年に買収された。 シャトーの建物はないが、畑はムートン・ロートシルトと ラフィット・ロートシルトに隣接する絶好の位置にあり、 また、今は稼働していないが静かなポイヤックの町の中心をなす 石油精製所ともじかに接している。 1985年までのワインはしばしば軽く、際立ったところのない ものだったが、最近はみずみずしいフルーティな品質や、 ありあまる量の香ばしい新樽香のほか、昔より偉大な深みと、 風味が広がり出てきた。 男爵夫人のほかのシャトー元詰めワインと比べると、 クレール・ミロンは最も外向的で、若いうちから評価しやすい ワインだ。最近のヴィンテージの品質から判断すると、 過少評価されている。 ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 91点獲得!2012年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 92点獲得!2012年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2012年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!93点を獲得した2012年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2012年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2012年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 シャトーダルマイヤック 2012 シャトークレールミロン 2012 第5級豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番人気,100%新品

シャトーコルトングランセイ 2009 Ch acirc;teau Corton Grancey 人気SALE,HOT

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ◆格付け:ACコルトン・グラン・クリュ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ スミレのような香りと少々スモーキーな香りが特徴の1つで、 力強く抜群の調和のとれた特級赤ワインです。 シャトーコルトングランセイ 2009 Ch acirc;teau Corton Grancey 人気SALE,HOT

ムルソー 2013 Meursault セール,爆買い

◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ◆格付け:AC ムルソー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ アンズのような豊な香り、 すっきりした酸味に味の厚みを感じられる、さわやかな辛口です。 ムルソー 2013 Meursault セール,爆買い

シャトーグリュオーラローズ 2002 第2級 サンジュリアン グランクリュクラッセCh acirc;teau Gruaud Larose 定番人気,限定SALE

メーカー希望小売価格 14,700円 が お買い得価格!12,000円! お得な18.4%OFF! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Gruaud Larose 2014年ヴィンテージ PP (91~93)点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA (85~88)点獲得!若い 2012年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA 89点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 86点! 2006年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 87点! 2005年ヴィンテージ PP 90点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 87?点獲得!VP 88点!早めに 2003年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 95点!飲み頃 2002年ヴィンテージ WA (88~90)点獲得!VP 88点!早めに 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 96点!若い 1999年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 88点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!早めに 1997年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 96点!早めに 1995年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 92点!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 82点獲得!VP 85点! 1993年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 98点!飲み頃 1989年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 90点!早めに 1988年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 87点!飲み頃 1987年ヴィンテージ WA 82点獲得!VP 82点!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 94点!飲み頃 1985年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 90点!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 83点獲得!落ちている 1983年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 98点獲得!VP 98点!若い 1981年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 85点!落ちている 1980年ヴィンテージ WA 72点獲得!VP 78点!落ちている 1979年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 85点!落ちている 1978年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!落ちている 1976年ヴィンテージ WA 73点獲得!VP 84点!落ちている 1975年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 89点!落ちている 1974年ヴィンテージ WA 76点獲得!落ちている 1973年ヴィンテージ WA 67点獲得!落ちている 1971年ヴィンテージ WA 81点獲得!VP 82点!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 87点! 1967年ヴィンテージ WA 74点獲得!落ちている 1966年ヴィンテージ WA 88点獲得!早めに 1964年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1962年ヴィンテージ WA 87点獲得!落ちている 1961年ヴィンテージ WA 96点獲得!早めに 1953年ヴィンテージ 1949年ヴィンテージ WA 83点獲得! 1945年ヴィンテージ WA 96点獲得!早めに 1928年ヴィンテージ WA 97点獲得!落ちている 1921年ヴィンテージ WA 70点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ◆1757年グリュオー氏によって創設されたこのシャトーは、 ボルドーの村の中でも最もシャトーの集中度が高い サン・ジュリアン村にあります。 シャトー・ベイシュヴェルとシャトー・ブラネール・デュクリュの 西隣に位置しています。ボルドーの数あるシャトーの中でも、 ポイヤック村のシャトー・ラトゥールと並び、良質のワインを 毎年生産することで非常に高く評価されています。 ラベルには「ワインの中の王、王のためのワイン」と書かれ、 シャトー・タルボーと共にサン・ジュリアン特有の、 なめらかで優しい飲み口を持つワインの代表格と言うことができるでしょう。 ◆グリュオー・ラローズは何十年もの間サン=ジュリアンで最も重々しく、 内向的なワインを生産してきたが、新しい所有者であるジャック・メルローのもとでは、 より品のよい、それほど朴訥でなくタニックでもないスタイルのワインをつくる 傾向にあるのは明らかだ。メルローはこのシャトーに多額の資金を投入し、 66ある畑の区画それぞれについてのすべてのデータをコンピューター化した。 また、高価な排水システムも導入した。 私は最近の醸造方針が続くことを期待している。生産量は多く、品質は一貫して高い。 2000年、1990年、1986年、1985年、1983年、1982年、1961年のような ヴィンテージでは、グリュオー・ラローズは一級相当の品質のワインを生み出している。 美しいシャトーだが、河寄りではなくサン=ジュリアンの高台にあり、 メドックを訪れてもサン=ジュリアン=ベイシュヴェルの町の幹線である ワイン街道(県道2号線)から県道101号線に入って西進しないと見えないだろう。 グリュオー・ラローズを批判する人はあまりにずんぐり、 がっしりしすぎていて、重々しすぎると思ったのだろうが、 あらためて飲み直してみるとよい。前よりもフィネスとエレガンスの増した ワインになっているはずだ。 ※ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より掲載文抜粋 ◆シャトー・グリュオー・ラローズ [2002] Château Gruaud Larose◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 サン・ジュリアン村 ◆格付け:1855年公式格付 第2級A0Cサン・ジュリアン グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベック ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆総酸度:3.3g/l ◆発酵:マロラクティック40% ◆醸造:マセレーションは温度管理されたコンクリートと 木製の槽で21~35日間で、ポンピングオーバーは1日2回。 収量の半分は樽内マロラクティック。 清澄と濾過は公表されていない。 ◆熟成:毎年3分の1ずつ更新される樽で16~18ヶ月 ◆平均年間生産量:22万本 ◆畑面積:82ha ◆密植度:8500~1万本/ha ◆平均収量:50~60hl/ha ◆平均樹齢:34年 ◆飲み頃温度:17~18℃ ◆生産者:シャトー・グリュオー・ラローズ ◆所有者:ベルナール・タイヤン・ヴァン(メルロー家) ◆テイスティング◆ あまり凝縮度がなく、ミネラルのグリップや酸が 弱いために、構造が緩くなるが、適度に強いタンニンに 支えられた、重心の低い果実味は安心できる。 余韻はなかなか長い。 黒系果実とスパイスの香り。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16点獲得!2002年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16点を獲得した2002年ヴィンテージ! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17点獲得!2002年! ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中18点獲得!2002年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 86点獲得!2002年! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 87点獲得!2002年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー88点獲得! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター89点獲得! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!90点獲得!2002年ヴィンテージ♪ シャトーグリュオーラローズ 2002 第2級 サンジュリアン グランクリュクラッセCh acirc;teau Gruaud Larose 定番人気,限定SALE

のし包装紙無料箱代 ドメーヌドルーアンラローズ モレサンドニ 2013 DDL ブルゴーニュロゼ 2013 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 数量限定,新作

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆ジュヴレ・シャンベルタンの由緒ある銘醸ドメーヌ◆ 珠玉の所有畑を誇る名門ドメーヌで、 1850年にジャン・バプティス・ラローズ氏が ジュヴレ・シャンベルタンの地にブドウ畑を取得したのが、 このドメーヌの始まり。 1919年にラローズ家のスーザン・ラローズ氏と、 シャンボル・ミュジニー村のアレクサンドル・ドルーアン氏が結婚し、 「ドルーアン・ラローズ」が誕生しました。 ミュジニー、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、 シャペル・シャンベルタンという錚々たる特級畑を所有しています。 エレガントでパワーがあり、芳醇なアロマとフィネスを 兼ね備えたワインを生み出し、世界中のワイン愛好家を満足させています。 ※オーナー:フィリップ・ドルーアン氏 ◆ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ モレ・サン・ドニ [2013] DOMAINE DROUHIN LAROZE MOREY-SAINT-DENIS◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆原産地統制呼称・格付け:A.O.C.モレ・サン・ドニ ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・モレ・サン・ドニ) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ◆テイスティングコメント◆ フランボワーズのような赤系果実のアロマに、 フレッシュな果実味。 口に含むと、ボリュームのあるピュアな果実味と、 細やかなタンニン、モレ・サン・ドニらしい骨格があり、 リッチなテイスト。 エレガントな酸が全体のバランスを綺麗に整えているため、 上品な印象が残ります。 ■ワイナート評価NO.1ドメーヌ■ ◆ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ブルゴーニュ・ロゼ [2013] Domaine Drouhin Laroze Bourgogne Rose◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆タイプ:ロゼ・辛口 ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール(ジュヴレ・シャンベルタンのセニエ主体) ◆アルコール度数:12% ◆容量:750ml ◆生産者:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ◆コメント◆ 6つものグラン・クリュを所有しており、 過去にはワイナート誌でNO.1ドメーヌに選ばれたこともあります。 このロゼは、自身の所有するすべての畑のブドウを使用して 造られており、つまり、グラン・クリュ、プルミエ・クリュの 極上ピノ・ノワールを使用しているとても贅沢なロゼワインです。 ■ワイナート評価NO.1ドメーヌ■ ●セニエ法の特徴● セニエとは、フランス語で「血抜き」を意味する醸造方法で、 赤ワインを醸す過程で、短い時間醸したあとで 液体部分を一部抜き取る作業を指します。 主に、液体の中の果皮や果肉、趣旨の比率を高めることで、 より凝縮感を出すために取られる醸造方法です。 ●セニエ法からロゼワインが生まれる● また、このセニエによって抜き取られた やや薄い液体部分がロゼワインとなります。 従って、セニエによって凝縮感を出した赤ワインを 生産しているシャトーでは、多くの場合ロゼワインも生産しています。 このようにロゼワインは赤ワインの二次生産物の側面も あるのですが、反対にロゼワインだけを造ることを目的に セニエ法を行う生産者も多くいます。 ギフト対応 のし包装紙無料箱代 ドメーヌドルーアンラローズ モレサンドニ 2013 DDL ブルゴーニュロゼ 2013 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 数量限定,新作

のし包装紙無料箱代 シャトークレールミロン 2012 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 全国無料,新品

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Clerc Milon 2014年ヴィンテージ PP 90~92点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA 87~89点獲得!若い 2012年ヴィンテージ PP 91~93点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA 88点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94点獲得! 2009年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 86点!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 91+点獲得!VP 87点!若い 2005年ヴィンテージ PP 93点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!若い 2003年ヴィンテージ WA 91+点獲得!VP 95点!若い 2002年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 87点!飲み頃 1997年ヴィンテージ WA (89)点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!早めに 1995年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 92点!早めに 1994年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 85点!早めに 1993年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 79点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 98点!落ちている 1989年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 87点! 1987年ヴィンテージ WA 76点獲得!VP 82点! 1986年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 94点!落ちている 1985年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 90点! 1984年ヴィンテージ WA 78点獲得!落ちている 1983年ヴィンテージ WA 79点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 98点! 1981年ヴィンテージ WA 82点獲得!VP 85点! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 「シャトー」はもともとは「城」を指す言葉で、 特にフランスのボルドー地方で「ぶどう園」を意味します。 「シャトー」を名乗る条件を厳しく取り決めたシャトー制度は、 偉大なボルドーワインの名声を築きあげるに当たって、 極めて重要な役割を果たしてきました。 今でもそれぞれのシャトーでは、その名声を維持するため、 高品質なワインづくりへの弛まない努力が続けられています。 ◆バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド◆ 5大シャトーのひとつ「シャトー・ムートン・ロスシルド」を所有。 シャガール、ピカソなどのラベルアートでも有名なこのワインの 歴史は1922年、当時20代前半だった、 バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドが このシャトーの魅力と美しさに生涯の全てを注ぐと 決意したことに始まります。 "伝統と革新"を基盤に、150カ国以上で愛されている 「ムートン・カデ」やラングドック産に代表される ブランドワイン、カリフォルニアの「オーパス・ワン」や チリのなどでのジョイントベンチャーなど、 幅広いビジネスを展開しています。 ◆シャトー・クレール・ミロン [2012] Château Clerc Milon◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆格付け:AOCポイヤック メドック第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー29%、カベルネ・フラン9%、プティ・ヴェルド1%、カルムネール1% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:30.0ha ◆平均樹齢:51年 ◆植樹密度:8,450本 ◆平均収量:55hl/ha ◆育成:発酵は21℃に温度管理されたステンレスタンクで15~22日間。 ◆熟成:新樽約30%で16~18ヶ月。清澄と濾過については詳細不明。 ◆ワイン:シャトー・クレール・ミロン/17万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後5~14年 ◆所有者:GFA バロンヌ・フィリッピーヌ・ド・ロートシルト ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド ◆ボルドー第4版一般的な評価コメント◆ ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間という よい立地に恵まれている。1985年以降のワインは相当よくなって きており、1995年以降は一貫して秀逸なものとなっている。 ポイヤックで最もフルーティで食欲をそそるワインの1つで、 一般的に外向的で、かなり早めに飲む必要がある。 近年見せている品質レベルから判断すると、特に最良の ヴィンテージのものなら三級とまではいかなくとも 四級に格上げされてもよいだろう。 『必買品』。 フィリッピーヌ・ロートシルト男爵夫人の所有するもう1つの シャトー、クレール・ミロンは、1970年に買収された。 シャトーの建物はないが、畑はムートン・ロートシルトと ラフィット・ロートシルトに隣接する絶好の位置にあり、 また、今は稼働していないが静かなポイヤックの町の中心をなす 石油精製所ともじかに接している。 1985年までのワインはしばしば軽く、際立ったところのない ものだったが、最近はみずみずしいフルーティな品質や、 ありあまる量の香ばしい新樽香のほか、昔より偉大な深みと、 風味が広がり出てきた。 男爵夫人のほかのシャトー元詰めワインと比べると、 クレール・ミロンは最も外向的で、若いうちから評価しやすい ワインだ。最近のヴィンテージの品質から判断すると、 過少評価されている。 ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター90点獲得! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 90点獲得!2012年! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 91点獲得!2012年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 91点獲得!2012年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 92点獲得!2012年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2012年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!93点を獲得した2012年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2012年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2012年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 シャトークレールミロン 2012 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 全国無料,新品

プイィフュイッセ 2013 Pouilly Fuisse 激安大特価,最新作

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 特級畑を最も多く所有するワインメーカー ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。 「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている 世界的に著名なワインメーカーです。 その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌで ぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。 1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、 フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として 創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、 徐々に自社畑を広げていきました。 困難から生まれた名作ワインが成長の糧に また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。 19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で 壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで 誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの 2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。 こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大の グラン・クリュ(特級畑)をはじめ、プリミエ・クリュ(グラン・クリュに次ぐ一級畑)、 村名畑など、全畑で約60haを所有するブルゴーニュ屈指の作り手にまで 成長を遂げています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 マコネ地区 ◆格付:AC プイィ・フュイッセ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ プイィ村とフュイッセ村を含む5つの村でつくられる 辛口の白ワインです。その香りも味わいもフレッシュでフルーティ。 爽やかな飲み口をお楽しみいただけます。 プイィフュイッセ 2013 Pouilly Fuisse 激安大特価,最新作

アンリフェッシボージョレヴィラージュ 2013 赤字超特価,本物保証

◆高品質なボージョレワインを! フランス・ブルゴーニュ地方の南部に位置するボージョレ地区。 1888年、アンリ・フェッシは同地区のブルイィ村に創業しました。 クリュ・デュ・ボージョレと呼ばれる10の上位格付けのうち、 9つに自社畑を所有するアンリ・フェッシは、 『クリュ・デュ・ボージョレの“スペシャリスト”』として知られています。 自社畑の総面積は約70ヘクタール。 そのうち半分以上は樹齢50~75年の古木で構成されています。 また手摘みによる収穫と伝統的な醸造法にこだわり、 『クリュ・デュ・ボージョレの“スペシャリスト”』の名に ふさわしい高品質なボージョレワインを生み出しています。 ◆さらなる高みを目指して 2008年にはブルゴーニュの名門ワイナリー、ルイ・ラトゥール社の傘下となり、 さらなる発展を遂げています。2010年には「ブルイィ 2009」が International Wine Challengeで金賞を獲得。また2012年には 「ムーラン・ナ・ヴァン2010」がアメリカ最大のワイン専門誌 『Wine Spectator』で88ポイントの評価を得るなど、 数々の名声を築いています。 ◆口ひげがトレードマーク! 創業100周年を記念して、美食家としても知られたアンリ・フェッシ氏の トレードマークである「口ひげ」をワイナリーロゴとして採用しました。 「口ひげ」は人生を謳歌する象徴とみなされ、フランスの古き良き時代には 「パンとチーズとボージョレワイン」がブルゴーニュ地方の人々のあいだで “至福のもの”と考えられていました。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ボージョレ地区 ◆格付け:ACボージョレ・ヴィラージュ ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:ガメイ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/アンリ・フェッシ ◆コメント◆ 明るく澄んだルビー色。 赤いフルーツの豊かな香りが広がります。 繊細でまろやかな果実味、溶け込んだ丸いタンニン、 心地よいコクとバランスのとれたフルーティな余韻が楽しめます。 アンリフェッシボージョレヴィラージュ 2013 赤字超特価,本物保証

メゾンジョゼフドルーアン ジュヴレイシャンベルタン 2009 最新作,定番

■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin(2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze(3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin(4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin(5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin(6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin(7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin(8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin(9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、 現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、 酸とタンニンが多いのでバランスがよく、ビロードの喉越しをもち、 余韻の長い赤ワインを産することで有名である。   上記グラン・クリュのなかでシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの 2つは、別格扱いされる最高級のクリマである。 シャンベルタンのクリマ自体は遠く13世紀に 開設されたわずか13haにすぎない小さなぶどう園である。 不世出(めったに世に現れないほどすぐれている天才)のナポレオンがこのシャンベルタンを 愛飲した話は有名である。力強く、際立って華麗な色調、すみれの芳香と濃縮された果実味と ビロードのような、滑らかな喉越しは、まさにブルゴーニュの王者の風格がある。 クロ・ド・ベーズは630年にベーズ僧院(Abbaye de Beze)の僧侶達によって 開発されたのでその名が起こった。 このクリマは有名なシャンベルタンの畑とムネ続きになっている。 ここのワインの品質および銘柄はシャンベルタンと同様の扱いを受ける資格が与えられており、 シャンベルタン、または、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名で売られる。 このワインにはきっぱりとした確かさ、力強さ、洗練されたきめのこまかさなど、 およそ他の追随を許さない銘醸ブルゴーニュの本質的な美点を兼ね備えた個性的な輝きがある。 上記両クリマは多数の所有者(栽培者)によって分割されている。 ■著名な一流の24名の所有者を次にあげる。 (1) ピエール・ダモア/Pierre damoy(2) リヴィラ/Livera(3) マリヨン博士/Dr. Marion(4) ジャント/Jantot(5) ルイ・ラトゥール/Louis Latour(6) エルヴィナ・デュポン/Elvina Dupont(7) J.H. レミー/J.H. Remy(8) J. プリュール/J. Prieur(9) レオン・カミュ/Leon Camus(10) ド・マルシイ/De Marcilly(11) ルブールソー/Rebourseau(12) J & H/J & H(13) ルイ・トラペ/Louis Trapet(14) デュフルール/Dufouleur(15) ドルーアン・ラローズ/Drouhin-Laroze(16) コルソルティウム・ヴィニコール/Consortium Vincole(17) ゲラン/Gelin(18) ジャブレ・ヴェルシュル/Jaseph-Vercherre(19) ジョセフ・ドルーアン/Joseph Drouhin(20) グロフィエ/Groffier(21) ペラゾー・グロイフィエ/Peirazeau-Groffier(22) トルトショ/Tortochot(23) マダム・トマス/M Thomas(24) クレール・ダュ/Clair-Dau  これらの人は、いうまでもなくその伝統と格式ある酒づくりには定評があり、 最良の元詰めシャンベルタンを世に送り出すが、この所有地がきわめて小さく、 年間生産量も微量であるから、彼らは自分自身の名でそのワインを売りには出さず 搾りたての新酒を樽のままでネゴシアンに売ってしまう。  シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ以外の7つのクリマ、 マジ、シャペル、グリオット、シャルム、ラトシエール、マゾワイエール、 リュショットの各ワインは、その固有のクリマ名のあとに、シャンベルタンの名前を 続けて呼ぶ権利をもっていて、たとえば、リュショット・シャンベルタンというように 表示できる(シャルム・シャンベルタンはマゾワイエール・シャンベルタンとも 名のることができるが、両者はどちらの名称を用いてもよいこととなっている)。  これらグラン・クリュAOCの法定基準は必要アルコール含有量11.5~14.5度、 1ha当たりの生産制限量3700リットルと定められている。 ただし、別格扱いのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、 必要アルコール含有量は11.5~14.5度であるが、 1ha当たりの生産制限量3500リットルと、基準が一段と厳しくなっている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ◆メゾン・ジョゼフ・ドルーアン◆ メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年にブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立され、 120年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの 信念を守りつづけるブルゴーニュを代表するワイナリーです。 ◆ドルーアン・ファミリー 4世代目となるロベール・ドルーアンの子供たちが、活躍を始めています。 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年にブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立され、 120年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの 信念を守りつづけるブルゴーニュを代表するワイナリーです。 また、ワインオークションでも有名な慈善病院オスピス・ド・ボーヌに自社のぶどう畑を 寄贈していることでも知られており、偉大かつ洗練されたドルーアンのワインは、 世界の超一流店での活躍をはじめ、世界中の愛好家の絶賛を浴びている、 ブルゴーニュの誇りです。 ワイン造りにおいては、各々のテロワールが生み出す本来の個性を最大限に引き出すこと... そして、頑なに伝統を守りながら、エレガンスの追求すること... そのスタイルは、2つの言葉に集約されます。 「エレガンスとバランス」 テロワールへの最大の敬意と、ぶどう樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない 研究開発により、偉大なぶどう畑が、その本来の力量を発揮します。 1976年より除草剤などの化学薬品は一切使用せず、 1988年にはエステートマネージャーのフィリップ・ドルーアンにより、 本格的なビオロジックへの転換を終え、1990年代よりビオディナミに取り組んでいます。 畑は、伝統的な鋤(すき)を使って耕され、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 ぶどうの様々な病害や害虫などの対策には、天敵である捕食動物やバクテリアを使います。 このことは、環境にやさしいだけでなく、何より同社のポリシーである 純粋なテロワールの表現のためには最良の手法です。 苗床の管理は大変重要であり、古いぶどう樹の遺伝的性質が保全されるよう、 台木の選定にはこの上ない厳格さで臨みます。 ぶどう畑は、1ヘクタールあたり10,000~12,500本のぶどう樹を植える、 大変な密集栽培を行っています。さらに、樹と樹の間には雑草をそのまま生えさせておきます。 これにより、ぶどう樹は養分を求めて根を底土深くまで伸ばし、甘やかされず果実に 成分を凝縮するようになります。 収穫時期の決定には、糖度・酸度・タンニン分などの、ひと通りの調査を 経なければなりませんが、各々のぶどう畑には経験と伝統に根差した、 最適な収穫タイミングの決定的要素というものがあり、最終的にはそれに従います。 収穫はもちろん、すべて手摘みで行われ、小さな箱に入れて輸送します。 ぶどうを傷つけないために、大きなコンテナは使わず、極めて手間のかかる作業をするのです。 搾汁の前には、ベルトコンベアでぶどうをゆっくりと移動させながら、 さらにぶどうの房を厳選する最終チェックを行います。そのまま搾汁するのか、 あるいはぶどうの梗を取り除いてから行うのか、その決断もぶどうの状態をチェックし、 実際にテイスティングをした結果で決定します。 醗酵では、培養酵母を加えることは一切せず、本来のぶどうがもっている自然の酵母のみで行われます。 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンのワインは、頑なに守り抜かれる伝統と、 最新技術の融合がおりなすものです。 はるかな歴史を持つボーヌ市の中心に位置すること、 ぶどう畑開拓とぶどう栽培における長年に亘る経験が培った 専門知識...メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは、真のブルゴーニュスタイルを貫く ワインメーカーとして、ブルゴーニュの誇りになっています。 1880年の創業以来、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは、 それぞれの土地の地方色、そして各々のヴィンテージを忠実に反映される ワイン造りを続けてきており、世界中の愛好家から絶賛されています。 各々のアペラシオンが持つ本来の個性を最大限に引き出すこと...伝統を頑なに守りながら、 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンのエレガンスの追求が留まることはありません。 ◆フレデリック・ドルーアン 『ブルゴーニュの誇り』 Frederic Drouhin◆ メゾン・ジョゼフ・ドルーアン社プレジデント。 2003年父の跡を継ぎ、ドルーアン家4代目社長に就任。 4兄弟が各々の得意分野において、それぞれに能力を発揮し、 会社の重要な役割を担っている。 ブルゴーニュの誇りと評されるすばらしき歴史に、新しい章が綴られる。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆格付け:ACジュヴレイ・シャンベルタン ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・ジュヴレイ・シャンベルタン) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノアール ◆土壌:赤茶色の泥灰土で覆われたやせた白亜質土壌 ◆栽培:ギュイヨ方式、10000本/ha、40hl/ha ◆発酵:マセラシオン2-3週間、自然酵母を使用。 ◆熟成:フレンチオーク(新樽20%) ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):コルク ◆飲み頃温度:14-16℃ ◆合う料理・チーズ:チキンの赤ワイン煮、ブリの照焼き、フルムダンベール(青カビ系)、ブリー(白カビ系) ◆ワインメーカー名:ヴェロニク・ドルーアン ◆生産者ブランド名:メゾン・ジョゼフ・ドルーアン ◆テイスティングコメント◆ ジュヴレイ・シャンベルタンの畑は、 ぶどうに力強さと丸みを与える白亜質と泥灰土の堆積層で覆われ、 標高240~280メートルの緩やかな斜面に広がっています。 深紅の色合い、ブラックカラントやレッドベリー、 ブラックベリーの香りで、緻密なタンニンと力強い味わいのハーモニーが秀逸。 熟成は新樽20%を含むフレンチオークで14~18ヶ月行います。 ※ヴィンテージにより価格が違う場合がございます。 あらかじめご了承ください。 メゾンジョゼフドルーアン ジュヴレイシャンベルタン 2009 最新作,定番

包装紙のし無料箱代 シャトーラグランジュ 2011 第3級シャトージスクール 2012 第3級 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新作登場,安い

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ギフト対応 ◆シャトー・ラグランジュ [2011] Chateau Lagrange◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:サン・ジュリアン村 ◆原産地呼称:A.O.C.サン・ジュリアン ベイシュヴェル ◆格付け:メドック 第3級 グランクリュ・クラッセ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ ソーヴィニヨン65%、メルロー35% ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:115ha ◆年間生産量:35万本 ◆平均樹齢:25年 ◆収量:58hl/ha ◆タンク:ジャケット式ステンレスタンク ◆発酵:15日から20日間、28℃から30℃ ◆新樽率:60% ◆樽熟成:20ケ月 ◆コラージュ:卵白6個 ◆濾過:する。 ※和牛ほほ肉の赤ワイン煮 ◆テイスティング◆ ステンレスタンクでアルコール発酵と醸しを行い、 その後マロラクティック発酵を20℃で行います。 各キュヴェの品質をチェックして選別、アッサンブラージュを行い、 新樽比率60%で18~20ヶ月間樽熟します。 カシス系の果実を想わせる深いコクと 美しい果実味と豊かで溶け込んだタンニンがあり、 芳醇で長い余韻が感じられる、長期熟成タイプのワインです。 ◆コメント◆ 近年飛躍的な品質の向上を遂げた名門シャトー。 カシス系の果実を想わせる深いコクと 十分なタンニンは、まさしく最上の赤! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点91点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!91点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家93点獲得!2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2011年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2011年ヴィンテージ! ◆シャトー・ジスクール [2012] Château Giscours◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 マルゴー村 ◆格付け:A.O.C.マルゴー メドック 第3級 グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー40%、カベルネ・フラン5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:80.0ha ◆平均樹齢:30年 ◆植樹密度:8,300本/ha ◆平均収量:45hl/ha ◆育成:6~8日間の発酵と、15~18日間のマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで。 ◆熟成:毎年3分の1ずつ更新される樽で18ヶ月。卵白で清澄するが、濾過はしない。 ◆ファーストラベル:シャトー・ジスクール/30~35万本 ◆セカンドラベル:ラ・シレーヌ・ド・ジスクール/5~8万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後6~20年 ◆所有者:エリック・アルバダ・イェルヘルスマ ◆生産者:シャトー・ジスクール ※フォアグラのポアレ ◆ボルドー第4版一般的な評価コメント◆ 潜在的には最上のつくり手である(1975年と1978年が その例である)ジスクールだが、過去20~30年間の 出来にはばらつきがあった。 しかし近年、エリック・アルバダ・イェルヘルスマが 監督するようになってから状況はよくなってきている。 2001年、2000年、1999年は、ジスクールの史上最上の 三部作である。こうした改良はあるものの、ジスクールの 現在の出来栄えは四級レベルであり、価格の政策は現実的である。 ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 90点獲得!2012年! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 92点獲得!2012年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 92点獲得!2012年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!92点を獲得した2012年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2012年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 93点獲得!2012年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2012年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!90点獲得!2012年ヴィンテージ! 包装紙のし無料箱代 シャトーラグランジュ 2011 第3級シャトージスクール 2012 第3級 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新作登場,安い

アンリフェッシボージョレ 2013 限定SALE,品質保証

◆高品質なボージョレワインを! フランス・ブルゴーニュ地方の南部に位置するボージョレ地区。 1888年、アンリ・フェッシは同地区のブルイィ村に創業しました。 クリュ・デュ・ボージョレと呼ばれる10の上位格付けのうち、 9つに自社畑を所有するアンリ・フェッシは、 『クリュ・デュ・ボージョレの“スペシャリスト”』として知られています。 自社畑の総面積は約70ヘクタール。 そのうち半分以上は樹齢50~75年の古木で構成されています。 また手摘みによる収穫と伝統的な醸造法にこだわり、 『クリュ・デュ・ボージョレの“スペシャリスト”』の名に ふさわしい高品質なボージョレワインを生み出しています。 ◆さらなる高みを目指して 2008年にはブルゴーニュの名門ワイナリー、ルイ・ラトゥール社の傘下となり、 さらなる発展を遂げています。2010年には「ブルイィ 2009」が International Wine Challengeで金賞を獲得。また2012年には 「ムーラン・ナ・ヴァン2010」がアメリカ最大のワイン専門誌 『Wine Spectator』で88ポイントの評価を得るなど、 数々の名声を築いています。 ◆口ひげがトレードマーク! 創業100周年を記念して、美食家としても知られたアンリ・フェッシ氏の トレードマークである「口ひげ」をワイナリーロゴとして採用しました。 「口ひげ」は人生を謳歌する象徴とみなされ、フランスの古き良き時代には 「パンとチーズとボージョレワイン」がブルゴーニュ地方の人々のあいだで “至福のもの”と考えられていました。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ボージョレ地区 ◆格付け:ACボージョレ ◆タイプ:赤・ライトボディ ◆ブドウ品種:ガメイ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/アンリ・フェッシ ◆コメント◆ ほのかなスミレ色を帯びたチェリーレッド。 フレッシュな赤い果実の豊かなアロマが口中に広がります。 爽やかな果実味とソフトな口当たりの中にも個性を感じる味わいです。 アンリフェッシボージョレ 2013 限定SALE,品質保証

ドメーヌデュクロフランタン ジュヴレシャンベルタン レミュロ 2013 お得,爆買い

■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin(2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze(3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin(4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin(5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin(6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin(7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin(8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin(9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、 現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、 酸とタンニンが多いのでバランスがよく、ビロードの喉越しをもち、 余韻の長い赤ワインを産することで有名である。   上記グラン・クリュのなかでシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの 2つは、別格扱いされる最高級のクリマである。 シャンベルタンのクリマ自体は遠く13世紀に 開設されたわずか13haにすぎない小さなぶどう園である。 不世出(めったに世に現れないほどすぐれている天才)のナポレオンがこのシャンベルタンを 愛飲した話は有名である。力強く、際立って華麗な色調、すみれの芳香と濃縮された果実味と ビロードのような、滑らかな喉越しは、まさにブルゴーニュの王者の風格がある。 クロ・ド・ベーズは630年にベーズ僧院(Abbaye de Beze)の僧侶達によって 開発されたのでその名が起こった。 このクリマは有名なシャンベルタンの畑とムネ続きになっている。 ここのワインの品質および銘柄はシャンベルタンと同様の扱いを受ける資格が与えられており、 シャンベルタン、または、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名で売られる。 このワインにはきっぱりとした確かさ、力強さ、洗練されたきめのこまかさなど、 およそ他の追随を許さない銘醸ブルゴーニュの本質的な美点を兼ね備えた個性的な輝きがある。 上記両クリマは多数の所有者(栽培者)によって分割されている。 ■著名な一流の24名の所有者を次にあげる。 (1) ピエール・ダモア/Pierre damoy(2) リヴィラ/Livera(3) マリヨン博士/Dr. Marion(4) ジャント/Jantot(5) ルイ・ラトゥール/Louis Latour(6) エルヴィナ・デュポン/Elvina Dupont(7) J.H. レミー/J.H. Remy(8) J. プリュール/J. Prieur(9) レオン・カミュ/Leon Camus(10) ド・マルシイ/De Marcilly(11) ルブールソー/Rebourseau(12) J & H/J & H(13) ルイ・トラペ/Louis Trapet(14) デュフルール/Dufouleur(15) ドルーアン・ラローズ/Drouhin-Laroze(16) コルソルティウム・ヴィニコール/Consortium Vincole(17) ゲラン/Gelin(18) ジャブレ・ヴェルシュル/Jaseph-Vercherre(19) ジョセフ・ドルーアン/Joseph Drouhin(20) グロフィエ/Groffier(21) ペラゾー・グロイフィエ/Peirazeau-Groffier(22) トルトショ/Tortochot(23) マダム・トマス/M Thomas(24) クレール・ダュ/Clair-Dau  これらの人は、いうまでもなくその伝統と格式ある酒づくりには定評があり、 最良の元詰めシャンベルタンを世に送り出すが、この所有地がきわめて小さく、 年間生産量も微量であるから、彼らは自分自身の名でそのワインを売りには出さず 搾りたての新酒を樽のままでネゴシアンに売ってしまう。  シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ以外の7つのクリマ、 マジ、シャペル、グリオット、シャルム、ラトシエール、マゾワイエール、 リュショットの各ワインは、その固有のクリマ名のあとに、シャンベルタンの名前を 続けて呼ぶ権利をもっていて、たとえば、リュショット・シャンベルタンというように 表示できる(シャルム・シャンベルタンはマゾワイエール・シャンベルタンとも 名のることができるが、両者はどちらの名称を用いてもよいこととなっている)。  これらグラン・クリュAOCの法定基準は必要アルコール含有量11.5~14.5度、 1ha当たりの生産制限量3700リットルと定められている。 ただし、別格扱いのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、 必要アルコール含有量は11.5~14.5度であるが、 1ha当たりの生産制限量3500リットルと、基準が一段と厳しくなっている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 「コート・ドール」は、ブルゴーニュの中では別格のエリアです。 一般にコート・ドールと称されるのは、コート・ドール県内、 ソーヌ河上流の西側地区に広がる南北100kmちょっとの細長い地域。 その中で北部がコート・ド・ニュイ、南部がコート・ド・ボーヌです。 この二つの地区にフランス最高峰の赤ワインと白ワインの畑が点在しています。 コート・ドールとは「黄金の丘」という意味ですが、 幾重にも連なる小さな丘と複雑に入り組んだ地層が まさにコート・ドールの特質でしょう。 わずか数十メートルの違いで土地の傾斜や風の強さも変り、 ミクロ・クリマ(微気候)と呼ばれる優良な気候条件もその地形と地層から生まれます。 その中でクロ・フランタンが所有している畑は、合計12ケ所。 ただし、12の畑すべてを合せても面積は僅かに15haです。 これに含まれるクロ・フランタン所有の7つの特級畑と1つの1級畑は、 まさに至宝の輝きです。 ブルゴーニュのブドウ畑とナポレオンとは、大変深い関わりがあります。 まず、ブルゴーニュの畑の区画が現在の形になったのは、ナポレオンの時代でした。 フランス革命を経て貴族や寺院が所有していたブドウ畑が没収され、 1804年に発布されたナポレオン法典によって、 ブルゴーニュの畑の再整理が推進されたのです。 今ある古参ドメーヌの多くは、 この時にブドウ畑を所有した農家に起源を発しています。 「ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン」も同様です。 ナポレオンと言えば、好んだワインとされるのが「シャンベルタン」。 「ジュブレ・シャンベルタン」というのがそのワインを産する村の名ですが、 実はこの村はナポレオン1世の時代にはジュヴレ村という名でした。 「シャンベルタン」というのはもともとある畑の名で、 あまりに有名な畑なので、これを村の名前に加えてしまったものです。 ナポレオンが失脚し、後にブルボン家が一時的に復活する19世紀半ばに、 ジュブレ村は「ジュヴレ・シャンベルタン村」と名を変えました。 ブルゴーニュの地名では、こうした例は珍しくありません。 現在、ジュヴレ・シャンベルタン村には、 「○○シャンベルタン」の名が付く特級畑だけで9つもありますが、 「シャンベルタン」は今も最高峰の畑として君臨しています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ジュヴレ・シャンベルタン村 ◆原産地呼称:A.O.C. ジュヴレ・シャンベルタン ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:アルベール・ビショー/ドメーヌ・クロ・フランタン ◆テイスティング◆ 輝きのあるルビー色の外観。 若いうちは赤い果実のフルーティなアロマに スパイシーなニュアンスが感じられ、熟成を重ねると、 ムスクや毛皮を思わせるアニマルなブーケがもたらされる。 ベルベットのようになめらかで、 程よいタンニンがとてもバランスの良いワイン。 心地よい余韻が長く続く。 ドメーヌデュクロフランタン ジュヴレシャンベルタン レミュロ 2013 お得,爆買い

蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイジャド サントネイクロデマルト 2004 LOUIS JADOT SANTNAY CLOS DE MALTE 爆買い,人気

メーカー希望小売価格 7,560円 が お買い得価格!5,880円! お得な22.3%OFF! ■銘醸畑に彩られたルイ・ジャドの歴史■ ルイ・ジャド社は1859年に、由緒あるブドウ栽培家としての 歴史を有するジャド家のルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドによって 創設されました。 1794年からジャド家が所有する シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドゥモワゼルの総面積の半分や、 1826年に取得したボーヌ・ヴィーニュ・フランシュの プルミエ・クリュで、現在までモノポールである クロ・デ・ズルシュールに加え、ブルゴーニュの銘醸格付け畑を 次々に取得し、現在約210haの自社畑を所有するブルゴーニュ有数の 大ドメーヌとなるとともに、優れた品質のワインを提供する ネゴシアン・エルブールとしても高い評価を受けています。 ■テロワールを反映した個性豊かなワイン造り■ ルイ・ジャド社のワイン造りの目的は、 自らが誇りとするブルゴーニュの真のテロワールを、 それぞれのワインを通じて表現することであり、長い将来にわたって そのテロワールが維持されていくことです。 そのために、約20年以上前から化学肥料や農薬の使用を排除し、 伝統的な手法を採用してきました。数年程前からは、ボーヌ周辺など 一部の畑でビオディナミ農法を実践しています。 醸造は天然酵母を使用し、じっくりと時間をかけて行います。 1997年にはボーヌ郊外に最先端の設備を備えた ラ・サブリエール醸造所が、また、2008年には コート・シャロネーズのジヴリにブルゴーニュ・ジェネリック専用の 醸造施設が完成し、ルイ・ジャド社のワインの品質を さらに高めるに至っています。 ■自社畑の殆どがグラン・クリュとプルミエ・クリュ■ ルイ・ジャド社がコート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどが グラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることは 特筆すべき点です。 それらはその所有形態に応じて、 「ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド」、 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」、「ドメーヌ・ガジェ」、 「ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ」等に分かれ、 それぞれワインのラベルに明記されています。 さらに、1996年にはムーラン・ア・ヴァンなどに畑を持つ ボージョレの名門ワイナリー「シャトー・デ・ジャック」を、 2008年にはプイィ・フュイッセの中心に15haの畑を持つ トップ・ドメーヌとして名高いドメーヌ・フェレを獲得し、 ブルゴーニュにおけるポートフォリオを拡大させました。 ■酒神バッカスを施したルイ・ジャド社のラベル■ ルイ・ジャドのラベルで販売されるワインは、 すべてブルゴーニュ地方のA.O.C.格付けのワインで、 すべてのワインに、同じデザインのラベルが用いられています。 これは、ルイ・ジャド社が創設当初から、グラン・クリュから シンプルなA.O.C.ブルゴーニュに至るまで、 すべてのアぺラシオンに対して同等の価値を置き、 同等の熱意を持ってワイン造りを行っていることを示しています。 縁取りが施されたバッカスの顔と、淡いイエローのラベルは、 常に変わらず、一目でルイ・ジャド社のワインであることが分かります。 ◆【蔵出し熟成ブルゴーニュ】 ルイ・ジャド サントネイ・クロ・デ・マルト [2004] LOUIS JADOT SANTNAY CLOS DE MALTE◆    ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区 ◆格付け:AC サントネイ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆ワイナリー名:ドメーヌ・ルイ・ジャド ◆生産者:ルイ・ジャド社 ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様 ◆ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」◆ 『★★★★~★★★★★ 4~5つ星の生産者!』 ルイ・ジャド社はネゴシアン業を営むかたわら畑も所有しており、 ブルゴーニュで最上級のワインを数多くつくりだす。 ~中略~ ■ルイ・ジャド社は、品質が最優先と心得る傑出した生産者である■ ◆テイスティング・ノート◆ 赤いベリー系やアーモンドの複雑な香り。 しっかりとしているが上品な味わいで、 色合いとタンニンは中程度の濃さを持ちます。 繊細な果実風味で、口中では上品な土の香りが漂います。 ローストビーフやグリル、マリネされた赤身肉料理、 猟肉や、中程度の風味を持つチーズに良く合います。 蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイジャド サントネイクロデマルト 2004 LOUIS JADOT SANTNAY CLOS DE MALTE 爆買い,人気

のし包装紙無料クール代箱代 レフォールト゛ラトゥール 2002 シャトーラトゥール 2002 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番,限定SALE

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆レ・フォール・ト゛・ラトゥール [2002] Les Forts de Latour◆    ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆原産地呼称:A.O.C. ポイヤック メドック セカンドワイン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆栽培面積:65ha ◆熟成:熟成はヴィンテージによる。 ◆新樽比率:100%オークの新樽で17ヵ月。卵白で清澄し、濾過はしない。 ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で21日間。 ◆植樹密度:約10,000本/ha ◆平均樹齢:40年 ◆年間生産本数:14万本 ◆ファーストラベル:グラン・ヴァン・ド・シャトー・ラトゥール 17万5,000本 ◆セカンドラベル:レ・フォール・ド・ラトゥール 14万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後15~50年 ◆所有者:フランソワ・ピノー ◆輸入元:株式会社モトックス様 ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ レ・フォール・ド・ラトゥールはあらゆる「セカンド・ワイン」の中でも 最上のものであると広く認知されているし、試飲でもたびたびより 有名なポイヤックより高得点を獲得する器量の持ち主なので、 別項目を立てた次第である。 ●評価:四級シャトーに相当する品質 ラトゥールのスタッフは常々ラトゥールの「セカンド・ワイン」なのだから 品質的には1855年の格付け二級と同等であると主張してきた。 事実、彼らはラトゥールではレ・フォール・ド・ラトゥールの ブラインドテイスティングの際に比較対象として二級シャトーの ワインが出されていると主張する。 もし、レ・フォール・ド・ラトゥールがとてもよいものにならない 場合はポイヤック(サード・ワイン)に格下げするかどうかの 決断がなされているという。 私も、例えば、2000年、1996年、1982年のような特定の ヴィンテージでは彼らの査定に同意したいのだが、より客観的に見ると、 レ・フォール・ド・ラトゥールは四級相当の品質である。 もっとも、それでもボルドーで 最上の「セカンド・ワイン」であることに変わりはないのだが。 醸造法はラトゥールとまったく同じだが、ブドウはプティ・バタイエ、 コンテス・ド・ラランド、そして、レ・フォール・ド・ラトゥールの 3ヵ所の畑のものが使われる。 また、上記に加えて、ラトゥールのロットでもあまり 「グラン・ヴァン」とは言えないとみなされたもの (若木のものが多い)もブレンドされる。 レ・フォール・ド・ラトゥールの特徴は、ラトゥールそのものと びっくりするほど似ている。ラトゥールよりは軽く、 早く飲み頃になるだけである。 ボルドーの有名シャトーで生産される最上の セカンド・ラベル(あるいはマルキ)であることに間違えはない。 ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 90点獲得!2002年! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 100点中93点を獲得した2002年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2002年ヴィンテージ! ◆シャトー・ラトゥール [2002] Château Latour◆    ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆原産地呼称:A.O.C. ポイヤック メドック 第1級格付 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン80%、メルロー10%、カベルネ・フラン10% ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆栽培面積:65ha ◆熟成:熟成はヴィンテージによる。 ◆新樽比率:100%オークの新樽で17ヵ月。卵白で清澄し、濾過はしない。 ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で21日間。 ◆植樹密度:約10,000本/ha ◆平均樹齢:40年 ◆年間生産本数:17万5,000本 ◆ファーストラベル:グラン・ヴァン・ド・シャトー・ラトゥール 17万5,000本 ◆セカンドラベル:レ・フォール・ド・ラトゥール 14万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後15~50年 ◆所有者:フランソワ・ピノー ◆輸入元:株式会社モトックス様 ■ボルドー第4版一般的な評価■ 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールが ボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない (もっとも、最近はラフィットとオー=ブリオンに並ばれたが)。 その評価にたがわず、最上のヴィンテージでも、特筆に値する ものとなっている。一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、 強烈。常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら(これは最上のボルドー・ワインすべてにあてはまることだが) 価格のほうもこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまるこを 知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているのなら、よそをあたるか、ラトゥールの セカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥール(四級に値する) を探したほうがよいだろう。 ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー94点獲得! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター96点獲得! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 96点獲得!2002年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP格別!98点獲得!2002年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料クール代箱代 レフォールト゛ラトゥール 2002 シャトーラトゥール 2002 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番,限定SALE

メゾンジョゼフドルーアン ボーヌ プルミエクリュ クロデムーシュ ルージュ 2011 低価,格安

◆メゾン・ジョゼフ・ドルーアン◆ メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年にブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立され、 120年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの 信念を守りつづけるブルゴーニュを代表するワイナリーです。 ◆ドルーアン・ファミリー 4世代目となるロベール・ドルーアンの子供たちが、活躍を始めています。 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年にブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立され、 120年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの 信念を守りつづけるブルゴーニュを代表するワイナリーです。 また、ワインオークションでも有名な慈善病院オスピス・ド・ボーヌに自社のぶどう畑を 寄贈していることでも知られており、偉大かつ洗練されたドルーアンのワインは、 世界の超一流店での活躍をはじめ、世界中の愛好家の絶賛を浴びている、 ブルゴーニュの誇りです。 ワイン造りにおいては、各々のテロワールが生み出す本来の個性を最大限に引き出すこと... そして、頑なに伝統を守りながら、エレガンスの追求すること... そのスタイルは、2つの言葉に集約されます。 「エレガンスとバランス」 テロワールへの最大の敬意と、ぶどう樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない 研究開発により、偉大なぶどう畑が、その本来の力量を発揮します。 1976年より除草剤などの化学薬品は一切使用せず、 1988年にはエステートマネージャーのフィリップ・ドルーアンにより、 本格的なビオロジックへの転換を終え、1990年代よりビオディナミに取り組んでいます。 畑は、伝統的な鋤(すき)を使って耕され、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 ぶどうの様々な病害や害虫などの対策には、天敵である捕食動物やバクテリアを使います。 このことは、環境にやさしいだけでなく、何より同社のポリシーである 純粋なテロワールの表現のためには最良の手法です。 苗床の管理は大変重要であり、古いぶどう樹の遺伝的性質が保全されるよう、 台木の選定にはこの上ない厳格さで臨みます。 ぶどう畑は、1ヘクタールあたり10,000~12,500本のぶどう樹を植える、 大変な密集栽培を行っています。さらに、樹と樹の間には雑草をそのまま生えさせておきます。 これにより、ぶどう樹は養分を求めて根を底土深くまで伸ばし、甘やかされず果実に 成分を凝縮するようになります。 収穫時期の決定には、糖度・酸度・タンニン分などの、ひと通りの調査を 経なければなりませんが、各々のぶどう畑には経験と伝統に根差した、 最適な収穫タイミングの決定的要素というものがあり、最終的にはそれに従います。 収穫はもちろん、すべて手摘みで行われ、小さな箱に入れて輸送します。 ぶどうを傷つけないために、大きなコンテナは使わず、極めて手間のかかる作業をするのです。 搾汁の前には、ベルトコンベアでぶどうをゆっくりと移動させながら、 さらにぶどうの房を厳選する最終チェックを行います。そのまま搾汁するのか、 あるいはぶどうの梗を取り除いてから行うのか、その決断もぶどうの状態をチェックし、 実際にテイスティングをした結果で決定します。 醗酵では、培養酵母を加えることは一切せず、本来のぶどうがもっている自然の酵母のみで行われます。 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンのワインは、頑なに守り抜かれる伝統と、 最新技術の融合がおりなすものです。 はるかな歴史を持つボーヌ市の中心に位置すること、 ぶどう畑開拓とぶどう栽培における長年に亘る経験が培った 専門知識...メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは、真のブルゴーニュスタイルを貫く ワインメーカーとして、ブルゴーニュの誇りになっています。 1880年の創業以来、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは、 それぞれの土地の地方色、そして各々のヴィンテージを忠実に反映される ワイン造りを続けてきており、世界中の愛好家から絶賛されています。 各々のアペラシオンが持つ本来の個性を最大限に引き出すこと...伝統を頑なに守りながら、 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンのエレガンスの追求が留まることはありません。 ◆フレデリック・ドルーアン 『ブルゴーニュの誇り』 Frederic Drouhin◆ メゾン・ジョゼフ・ドルーアン社プレジデント。 2003年父の跡を継ぎ、ドルーアン家4代目社長に就任。 4兄弟が各々の得意分野において、それぞれに能力を発揮し、 会社の重要な役割を担っている。 ブルゴーニュの誇りと評されるすばらしき歴史に、新しい章が綴られる。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区 ◆格付け:ACボーヌ プルミエ・クリュ クロ・デ・ムーシュ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノアール ◆土壌:石灰岩質(ジュラ紀)、下層土はダーレナクレ(真珠様石灰板) ◆農法:ビオディナミ農法 ◆栽培:樹齢平均39年、ビオディナミ農法、セレクションマサル、10、000-12、500本/ha、ギヨー、 1990年より有機栽培、その数年後よりビオディナミ農法 ◆熟成:フレンチオーク(トロンセ)20%新樽 ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):コルク ◆飲み頃温度:16-18℃ ◆合う料理・チーズ:タンシチュー、しゃぶしゃぶ、ブリヤサヴァラン(フレッシュ系) 、カマンベール(白カビ系) ◆ワインメーカー名:ヴェロニク・ドルーアン ◆生産者ブランド名:メゾン・ジョゼフ・ドルーアン ◆テイスティングコメント◆ ボーヌ1級の中で、最も名高い“蜜蜂の畑”と 呼ばれる自社畑産ワイン。この丘は南東に面しており、 養蜂に適した場所で“Moushes”とは この地方の言葉で「蜂」という意味です。 その繊細さと気品は際だっており、 ボーヌの真髄と言えるワインです。 新樽20%を含むトロンセ産フレンチオークで14―18ヶ月熟成。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◇ロバート・パーカー・オンライン 91-93ポイント獲得!(ヴィンテージ 2010) ◆ワインエンスージアスト100 2011 94ポイント獲得!(ヴィンテージ 2008) メゾンジョゼフドルーアン ボーヌ プルミエクリュ クロデムーシュ ルージュ 2011 低価,格安

クロナルディアン 2006 定番,HOT

◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン 40%、セミヨン40%、ミュスカデル20% ◆タイプ:白・辛口 ◆アルコール度数:14%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:シャトー・テシエ ◆テイスティング◆ シャトー・テシエ社は、 1714年から続く歴史あるシャトー。 毎年10樽分のみ限定生産されます。 華やかな香り、重層的な味わいが特長です。 クロナルディアン 2006 定番,HOT

シャトーラフォルジュ 2005 2016,格安

3つの異なるタイプの土壌で栽培されたブドウから造られ、 「ワイン・エンスージアスト」誌では、 世界のベストメルロー45本に選ばれるなど世界中で 数々の高い評価を獲得しています。 砂質土壌と丘陵地帯の石灰岩土壌の融合から 造られるワインは、濃厚でなめらかな味わいが特長です。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 ◆原産地呼称:AOCサンテミリオン・グラン・クリュ ◆ブドウ品種:メルロー、カベルネ・フラン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ジョナサン・マルテュス ◆コメント◆ サンテミリオンの町より北に位置し、 ル・ドームと同じく老木から造られ選定も 同様に行われています。 メルロー主体のこのワインは、 素晴らしいミディアムルビーの色合いで、 ベリーやビターチョコレート、花のアロマと深く豊潤な味わい、 凝縮された甘いダークチョコレートやコーヒーの ミネラル感のあるフレーヴァーです。 凝縮されたスタイルの中に素晴らしいバランスがあります。 大柄でチョコレートのようなタンニンと噛み応えのある 余韻のフィニッシュがあります。 ◆テイスティング◆ とても深い黒い果実のアロマと ビターチョコレートの味わい。 プラムやスパイスの密度のあるフレーヴァーと タニックなストラクチャーがある。 ■ワインアドヴォケイト#170 May2007より抜粋 90~92点獲得! シャトーラフォルジュ 2005 2016,格安

ムーランドシトラン 2009 Moulins de Citran 驚きの破格値,得価

メーカー希望小売価格 2,700円 が お買い得価格!2,480円! お得な8.2%OFF! 1932年にクリュ・ブルジョワとして格付けされたこのシャトーは 1235年にその歴史をマルゴー村とムーリス村のほぼ中間に 位置するアヴァンサン村で刻み始めました。 600年にわたり、ドニッサン侯爵家の領地でしたが、 その後、1832年にボワイエ・クローゼル家がその領地を取得し、 第二次世界大戦後、ネゴシアンを営むミアイユ家がシャトーを 買い取り、ワインの品質向上に情熱を注ぎました。 1987年、日本の「東高ハウス」がその美しい館や庭園に魅入られ 買収し、ラベルを変更したり、畑の整備、発酵室や樽熟成庫の増築、 独自設計のステンレス・タンクやターブル・ド・トリ(選果台)の導入、 収穫時の選果、区画や樹齢による小ロットの醸造などの大規模な 資本注入を行い、一大改革を押し進めました。 その後1996年、ボルドーネゴシアンであるタイヤングループの傘下となり、 また、コンサルタントにミッシェル・ロラン氏を迎え、 トップ クリュ・ブルジョワとして高い酒質のワインを造り続けています。 現在、シャトー・シトランは総面積90ヘクタールに及ぶ畑を持ち、 年間、約54万本を生産しています。 ◆ムーラン・ド・シトラン [2009] Moulins de Citran◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー オー・メドック地区 アヴァンサン村 ◆原産地呼称:A.O.C.オー・メドック ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 58%、メルロー 42% ◆発酵:ステンレスタンクにて発酵 ◆熟成:オーク樽にて12ヶ月(1年・2年落ちの樽のみ使用、フレンチ、225L) ◆年間生産量:221,000本 ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆コメント◆ シャトー・シトランのセカンド・ワイン。 シャトー・シトランよりは幾分ライトな味わいですが、 十分複雑なコクと豊かな果実味を持つ 芳醇な赤ワインに仕上げられています。 ムーラン(水車、風車)の名前は、 畑の近くに水車と風車があることから名付けられています。 シトランは、マルゴーとムーリの間、アヴァンサン村にあります。 1987年にオーナーが変り、品質が向上しました。 ◆ブルジョワ級の中でも最上の一つ◆と言われるシトランのセカンド♪ トップ!クリュ・ブルジョワ・クラスながら、メドックの格付けシャトーに匹敵する評価!しかも、ボルドー・グレート・ヴィンテージの2009年!! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中16点獲得!2009年! ムーランドシトラン 2009 Moulins de Citran 驚きの破格値,得価

のし包装紙無料箱代 シャトーコスデストゥルネル 2007 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 数量限定,2016

■片方選べる2本ギフトセット♪詳細■ ご注文時に片方選べる2本ギフトセットと お客様がお好きなワインを1本ご注文ください。 ※お取り寄せのワインでもOK!です。 ※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Cos d'Estournel 2014年ヴィンテージ PP (93~95)点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA (86~88)点獲得!若い 2012年ヴィンテージ PP 93+点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA 91点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 97+点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 100点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 92+点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 86点!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 87点!若い 2005年ヴィンテージ PP 97点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 88点!飲み頃 2003年ヴィンテージ WA 97点獲得!VP 95点!若い 2002年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 88点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 96点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 88点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!早めに 1997年ヴィンテージ WA (87)点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!飲み頃 1995年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 92点!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 85点!飲み頃 1993年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 98点!飲み頃 1989年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 87点!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 80点獲得!VP 82点!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 94点!落ちている 1985年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 90点!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 78点獲得! 1983年ヴィンテージ WA 81点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 98点!飲み頃 1981年ヴィンテージ WA 82点獲得!VP 85点!落ちている 1980年ヴィンテージ WA 83点獲得!VP 78点!落ちている 1979年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 85点!落ちている 1978年ヴィンテージ WA 80点獲得!VP 87点!落ちている 1976年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 84点!落ちている 1975年ヴィンテージ WA 76点獲得!VP 89点!早めに 1974年ヴィンテージ WA 67点獲得!落ちている 1973年ヴィンテージ WA 65点獲得!落ちている 1971年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 82点!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 87点!早めに 1967年ヴィンテージ WA 73点獲得!落ちている 1966年ヴィンテージ WA 85点獲得!落ちている 1964年ヴィンテージ WA 72点獲得!落ちている 1962年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1961年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1959年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1953年ヴィンテージ WA 93点獲得! 1928年ヴィンテージ 落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ コス・デストゥルネルは (驚いたことに、コスはsを「ス」と発音するのだ)、 1990年代半ばにベルナール・タイヤン・グループに売却され、 その後スイスの大事業家ミシェル・レビエに転売されたが、 それまではブリュノ・プラッツの見事な管理のもとで、 サン=テステフでは最高の評価を得ていたものだ。 1982年から1996年までのワインは急速に力をつけてきたし、 ほとんどのヴィンテージでメドック最上のワインを生産する だろうと期待できたのである。 シャトーはアジア風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの 村境のすぐ北、その著名な隣人ラフィット・ロートシルトを 見下ろす丘の背にある。 メドックにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が 高いこと(40%)、新樽を使う比率が突出して高いこと (60~100%)が他と一線を画す特徴だ。 このオー・メドックでは最も高い部類に入るメルロの比率が、 最近のヴィンテージに目立つ、肉づきのよい、豊かな舌触りという 個性の元である。 1990年代後半まで経営者であり所有者でもあった ブリュノ・プラッツは、新しいワイン技術を取り入れる 前衛的なつくり手に属した。 このシャトーは、ボルドーの主要のシャトーの中では数少ない、 樽熟成前と瓶詰前の2度濾過処理することを 金科玉条(きんかぎょくじょう⇒一番大切なきまりや法律) としているシャトーの1つだったのだ。 しかし、2002年には、彼の息子で 経営者のジャン=ギヨーム・プラッツがすべての濾過処理をやめた。 その成果は飲んでみれば明らかである。1950年代、1960年代は モンローズの後塵を拝してきたが、1980年代に入ってボルドーで 最も人気の高いワインの1つとなったのである。 コス・デストゥルネルは、例えば1993年、1992年、1991年といった 困難なヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 所有者は1990年代後半に替わったが、 このシャトーはいまだに非のうちどころなく経営されている。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆シャトー・コス・デストゥルネル [2007] Chateau Cos d'Estournel◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メッドク地区 サン・テステフ村 ◆原産地呼称:A.O.C.サン・テステフ ◆格付け:メドック 第2級 グラン・クリュ・クラッセ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40% ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆畑面積:64.0ha ◆平均樹齢:35年 ◆植樹密度:8,000~1万本/ha ◆平均収量:50hl/ha ◆育成:マセレーションは温度管理された二重張りのステンレスタンクで3週間。 ◆熟成:新樽80%で18ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ◆ファーストラベル:シャトー・コス・デストゥルネル (25万本) ◆セカンドラベル:パゴド・コス(12万本) ◆飲み頃の続く期間:収穫後10~30年 ◆所有者:ドメーヌ・レビエ ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆コメント◆ サン・テステフのトップに君臨する 約64haのブドウ園で、樽熟成は最低でも18ヶ月。 メルロー種の比率が高く、肉付きのよい豊かな舌触りが特徴です。 ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17点獲得!2007年! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中17点獲得!2007年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中17点獲得!2007年! ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中18点獲得!2007年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中18点を獲得した2007年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター90点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 90点獲得!2007年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー91点獲得! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 92点獲得!2007年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家95点獲得!2007年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 96点獲得!2007年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!95点獲得!2007年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 シャトーコスデストゥルネル 2007 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 数量限定,2016

シャトークレールミロン 2011 第5級 グランクリュクラッセCh acirc;teau Clerc Milon Grand Cru Classe 送料無料,低価

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Clerc Milon 2014年ヴィンテージ PP 90~92点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA 87~89点獲得!若い 2012年ヴィンテージ PP 91~93点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA 88点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94点獲得! 2009年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 86点!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 91+点獲得!VP 87点!若い 2005年ヴィンテージ PP 93点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!若い 2003年ヴィンテージ WA 91+点獲得!VP 95点!若い 2002年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 87点!飲み頃 1997年ヴィンテージ WA (89)点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!早めに 1995年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 92点!早めに 1994年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 85点!早めに 1993年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 79点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 98点!落ちている 1989年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 87点! 1987年ヴィンテージ WA 76点獲得!VP 82点! 1986年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 94点!落ちている 1985年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 90点! 1984年ヴィンテージ WA 78点獲得!落ちている 1983年ヴィンテージ WA 79点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 98点! 1981年ヴィンテージ WA 82点獲得!VP 85点! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 「シャトー」はもともとは「城」を指す言葉で、 特にフランスのボルドー地方で「ぶどう園」を意味します。 「シャトー」を名乗る条件を厳しく取り決めたシャトー制度は、 偉大なボルドーワインの名声を築きあげるに当たって、 極めて重要な役割を果たしてきました。 今でもそれぞれのシャトーでは、その名声を維持するため、 高品質なワインづくりへの弛まない努力が続けられています。 ◆バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド◆ 5大シャトーのひとつ「シャトー・ムートン・ロスシルド」を所有。 シャガール、ピカソなどのラベルアートでも有名なこのワインの 歴史は1922年、当時20代前半だった、 バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドが このシャトーの魅力と美しさに生涯の全てを注ぐと 決意したことに始まります。 "伝統と革新"を基盤に、150カ国以上で愛されている 「ムートン・カデ」やラングドック産に代表される ブランドワイン、カリフォルニアの「オーパス・ワン」や チリのなどでのジョイントベンチャーなど、 幅広いビジネスを展開しています。 ◆シャトー・クレール・ミロン [2011] Château Clerc Milon◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆格付け:AOCポイヤック メドック第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン46%、メルロー35%、カベルネ・フラン15%、プティ・ヴェルド3%、カルムネール1% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:30.0ha ◆平均樹齢:51年 ◆植樹密度:8,450本 ◆平均収量:55hl/ha ◆育成:発酵は21℃に温度管理されたステンレスタンクで15~22日間。 ◆熟成:新樽約30%で16~18ヶ月。清澄と濾過については詳細不明。 ◆ワイン:シャトー・クレール・ミロン/17万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後5~14年 ◆所有者:GFA バロンヌ・フィリッピーヌ・ド・ロートシルト ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド ◆ボルドー第4版一般的な評価コメント◆ ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間という よい立地に恵まれている。1985年以降のワインは相当よくなって きており、1995年以降は一貫して秀逸なものとなっている。 ポイヤックで最もフルーティで食欲をそそるワインの1つで、 一般的に外向的で、かなり早めに飲む必要がある。 近年見せている品質レベルから判断すると、特に最良の ヴィンテージのものなら三級とまではいかなくとも 四級に格上げされてもよいだろう。 『必買品』。 フィリッピーヌ・ロートシルト男爵夫人の所有するもう1つの シャトー、クレール・ミロンは、1970年に買収された。 シャトーの建物はないが、畑はムートン・ロートシルトと ラフィット・ロートシルトに隣接する絶好の位置にあり、 また、今は稼働していないが静かなポイヤックの町の中心をなす 石油精製所ともじかに接している。 1985年までのワインはしばしば軽く、際立ったところのない ものだったが、最近はみずみずしいフルーティな品質や、 ありあまる量の香ばしい新樽香のほか、昔より偉大な深みと、 風味が広がり出てきた。 男爵夫人のほかのシャトー元詰めワインと比べると、 クレール・ミロンは最も外向的で、若いうちから評価しやすい ワインだ。最近のヴィンテージの品質から判断すると、 過少評価されている。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中15.5点獲得!2011年ヴィンテージ! ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中16.5点獲得!2011年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中17点を獲得した2011年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 88点獲得!2011年! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 89点獲得!2011年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点93点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!93点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター91点獲得! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!88点獲得!2011年ヴィンテージ! ★お得な限定SP★   シャトークレールミロン 2011 第5級 グランクリュクラッセCh acirc;teau Clerc Milon Grand Cru Classe 送料無料,低価

ドメーヌデュクロフランタン リシュブール グランクリュ 2012 定番,お買い得

※こちらのワインは高額な為、ご注文を頂いてから、 現行ヴィンテージの確認をしてメールでお伝えいたします。 お気に召されない場合はキャンセルさせていただきます。 ワンクッションで輸入元の現行ヴィンテージ販売といたします。 お時間とお日にちがかかります事を 何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 ■神に愛された村で生まれるヴォーヌ・ロマネ村♪ ヴォーヌ・ロマネ村は北側のフラジェ・エシェゾーと 南のニュイ・サン・ジョルジュの中間にあり、昔から このヴォーヌ・ロマネ村のワインに凡酒は見当たらないといわれる (この村名は赤ワインのみ[350kl]のA.O.C.になっている)。 この村がブルゴーニュ地方の中で最も誇り高い村として 自他ともに認め得る根拠は、フランス中でも最も価値ある農地と いわれるロマネ・コンティ(Romanee-Conti)をはじめ、 ラ・ターシュ、リシュブール、ラ・ロマネ、 ロマネ・サン・ヴィヴァンなどブルゴーニュの最高級のクリマが、 ☆きら星☆のごとくムネ続きになっているからである。 ●特級のクリマ (1) ロマネ・コンティ/Romanee-Conti(2) ラ・ターシュ/La Tache(3) リシュブール/Richebourg(4) ラ・ロマネ/La Romanee(5) ロマネ・サン・ヴィヴァン/Romanee-Saint-Vivant(6) ラ・グランド・リュ/La Grande Rue ロマネ・コンティ(Romanee-Conti)のクリマは 面積わずか1.8haの小さなぶどう園であるが、 その品質たるや、ワインの王様のなかの王様といわれ、 数少ない世界的極上銘酒のなかでも真っ先に挙げられる絶品である。 すみれと桜の香りがほのかに匂うこの壮大華麗なワインは、 内から発する光沢と、フィネスに達した深い味わい、 そのきめのこまかな舌触りで、 いかなる人をも魅了せずにはおかない。 この天下の逸品は非常な高値を呼び、俗に”まぼろしのワイン”の 異名がある。年産わずか1万本(約6kl)たらずのこの銘醸には 世界中のワイン通から需要がきわめて強く、入手は困難をきわめる。 このクリマはルイ15世の宰相(さいしょう)であった、 コンティ皇太子(Conti)の所領であったことからその名が派生 (はせい⇒一つの物から新しい物が生まれること)したが、 現在は1法人、ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ (Le Domaine de la Romanee-Conti)の所有である。 社長はマダム・ド・ヴィレーヌ(Mme de Vilaine)。 この会社は同村内のラ・ターシュのクリマ全部と、 リシュブールと、グランゼシェゾーの重要な一部も所有している。 ■ロマネ・コンティ(Romanee-Conti)のクリマ内のぶどう樹は、 第2次世界大戦まで、ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティによって フランス生来の古い樹が保存維持されてきたが、大戦中に消毒薬の 硫化炭素が欠乏したため、フィロクセラ寄生虫によって古い樹は 壊滅を余儀なくされた。1946年に新しい台木を使った移植が行なわれ 1952年に移植後の最初のワインが生産された。 ■ラ・ターシュ(La Tache)のクリマはロマネ・コンティの南隣の ラ・グランド・リュ(La Grande Rue)のクリマを挟んだ傾斜地にある。 年産18kl、面積6haのクリマで、ロマネ・コンティと同様に ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの所有である。 たぐい稀な色香に、豊潤さときめのこまかさを兼ね揃えた 絶妙の味わいは、世界最高のワイン、ロマネ・コンティと 甲乙つけがたい。 ■リシュブール(Richebourg)はロマネ・コンティの北隣の 斜面に広がる年産25kl、約8haのクリマである。 このあまりにも有名なクリマからもブルゴーニュの極致ともゆうべき、 珠玉(しゅぎょく⇒小さくて、素晴らしいもの・美しいもの)の ようなワインが生み出される。ビロードのような微妙で なめらかな舌触りと口腔内でいつまでも残留する素晴らしい味香は 他に比較するものがない。 ■ラ・ロマネ(La Romanee)のクリマはロマネ・コンティの西側、 ちょうど傾斜の上部にある1haたらずの畑である。 ■ロマネ・サン・ヴィヴァン(Romanee-Saint-Vivant)の クリマはロマネ・コンティのちょうど東側、旧街道すなわち 現在の国道74号線から望めばロマネ・コンティ真下に展開する 斜面丘陵にある。ともにピノのここちよい渋味と酸味が 基調となって、しっとりとした格調高い重厚さと洗練された芳香が、 見事に渾然一体(こんぜん⇒すべてがとけ合って区別がないさま)と なっている。ロマネ・サン・ヴィヴァンの一部は ルイ・ラトゥール(Louis Latour)によって所有されている。 言うまでもなく彼らはそのぶどう園から無論のこと、 あちこちに散在する自家農園から優れたワインを出荷している、 ブルゴーニュ屈指の名栽培醸造家の1人である。 ●第1級のクリマ (1) オー・ブリューレ/Aux Brulees(2) レ・ゴーデイショ/Les Gaudichots(3) オー・マルコンソール/Aux Malconsorts(4) オー・レーニョ/Aux Raignots(5) レ・ボーモン/Les Beau-Monts(6) レ・スショ/Les Suchots(7) ル・クロ・デ・レア/Le Clos-des Reas(8) レ・ショーム/Les Chaumes オー・マルコンソール(Aux Malconsorts)と、 レ・スショ(Les Suchots)のクリマは定評があり、 両クリマのワインは主にアメリカに輸出されている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 「コート・ドール」は、ブルゴーニュの中では別格のエリアです。 一般にコート・ドールと称されるのは、コート・ドール県内、 ソーヌ河上流の西側地区に広がる南北100kmちょっとの細長い地域。 その中で北部がコート・ド・ニュイ、南部がコート・ド・ボーヌです。 この二つの地区にフランス最高峰の赤ワインと白ワインの畑が点在しています。 コート・ドールとは「黄金の丘」という意味ですが、 幾重にも連なる小さな丘と複雑に入り組んだ地層が まさにコート・ドールの特質でしょう。 わずか数十メートルの違いで土地の傾斜や風の強さも変り、 ミクロ・クリマ(微気候)と呼ばれる優良な気候条件もその地形と地層から生まれます。 その中でクロ・フランタンが所有している畑は、合計12ケ所。 ただし、12の畑すべてを合せても面積は僅かに15haです。 これに含まれるクロ・フランタン所有の7つの特級畑と1つの1級畑は、 まさに至宝の輝きです。 ブルゴーニュのブドウ畑とナポレオンとは、大変深い関わりがあります。 まず、ブルゴーニュの畑の区画が現在の形になったのは、ナポレオンの時代でした。 フランス革命を経て貴族や寺院が所有していたブドウ畑が没収され、 1804年に発布されたナポレオン法典によって、 ブルゴーニュの畑の再整理が推進されたのです。 今ある古参ドメーヌの多くは、 この時にブドウ畑を所有した農家に起源を発しています。 「ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン」も同様です。 『リシュブール』は、ヴォーヌ・ロマネ村の中心に位置し、 コート・ド・ニュイで最も評価の高いグラン・クリュの一つ。 ロマネやロマネ・コンティのような著名畑に囲まれています。 畑総面積は約8ha、ワインの年間生産量は約4万本と 大変希少なワインを生み出すアペラシオンです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ヴォーヌ・ロマネ村 ◆原産地呼称:A.O.C. リシュブール グラン・クリュ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:アルベール・ビショー/ドメーヌ・クロ・フランタン ◆テイスティング◆ 美しいルビーレッドの色合い。 ココアを思わせるエレガントなアロマに スモーキーなニュアンス。 深みのある味わいをもたらす芳醇なタンニン、 フルーティなアロマが口中に広がる。 10~20年の長期熟成が楽しめる偉大なワイン。 ドメーヌデュクロフランタン リシュブール グランクリュ 2012 定番,お買い得

のし包装紙無料箱代 レザマンデュモンペラルージュ 2012 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 大得価,100%新品

■片方選べる2本ギフトセット♪詳細■ ご注文時に片方選べる2本ギフトセットと お客様がお好きなワインを1本ご注文ください。 ※お取り寄せのワインでもOK!です。 ※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆レザマン・デュ・モンペラ・ルージュ [2012] LES AMANTS DE MONT-PERAT ROUGE◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー アントル・ドゥ・メール地区 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE BORDEAUX ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー70%、カベルネソーヴィニョン15%、カベルネフラン15% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:25年 ◆密植率:6000本/ha ◆生産者:デスパーニュ ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様 ◆醸造特記事項◆ コンクリートタンクにて発酵。 フレンチバリックにてMLF後、数ヶ月コンクリートタンクで 休ませてから同バリックにて12ヶ月間熟成。 その後ステンレスタンクに移し替え6ヶ月間熟成。 また、オクソライン社のラックを使用。 このラックは、ローラーの付いたラックに樽をセットし、 定期的に回転させることで、器具を使わずに 衛生的に効率的にバトナージュをすることができます。 現在使用している樽メーカーは 2社。 ◆Cadus◆ ルイ・ジャドなども使うブルゴーニュの樽メーカー。 主に新樽として使い、樽のニュアンスがパワフル。 ◆Francis◆ 元ソムリエが作るボルドーの樽メーカー。 ティボーの一番好きな樽メーカーとのこと。 非常に舌が繊細な人で、全ての樽を自分で管理している造り手。 年産1600個しか作りません。 ◆テイスティング◆ ティボーがレザマンの特徴と語る 「青い粘土質土壌」のテロワールが 綺麗に表現されており、通常のシャトー・モンペラと 比べ、ミネラル感が強く複雑味のある味わいです。 葡萄の完熟が伺える熟した黒い小さな果実香に スパイスやバニラの香りが溶け込み涼しげな ハーブのニュアンスも感じられます。 舌触りは滑らかであり柔らかく熟した タンニンが伸びやかに舌の上に広がります。 余韻にも香りに感じた熟した果実と バニラの風味が繰り返しゆっくりと フェイドアウトしていきます。 ギフト対応 のし包装紙無料箱代 レザマンデュモンペラルージュ 2012 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 大得価,100%新品

キュヴェラトゥールブラン 2013 Cuvee Latour Blanc 爆買い,最新作

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 特級畑を最も多く所有するワインメーカー ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。 「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている 世界的に著名なワインメーカーです。 その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌで ぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。 1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、 フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として 創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、 徐々に自社畑を広げていきました。 困難から生まれた名作ワインが成長の糧に また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。 19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で 壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで 誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの 2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。 こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大の グラン・クリュ(特級畑)をはじめ、プリミエ・クリュ(グラン・クリュに次ぐ一級畑)、 村名畑など、全畑で約60haを所有するブルゴーニュ屈指の作り手にまで 成長を遂げています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ ◆格付け:AC ブルゴーニュ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ ムルソーやピュリニー、 シャサーニュなどコート・ドール産のシャルドネ種を ベースにコート・シャロネーズ産のワインを加え、 密度があり繊細なブルゴーニュの白の特徴を表しています。 キュヴェラトゥールブラン 2013 Cuvee Latour Blanc 爆買い,最新作

包装紙のし無料値下げ箱代 シャトートゥールドミランボーキュヴェパッション 2011 赤白ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新品,爆買い

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆ シャトー・トゥール・ド・ミランボーキュヴェ・パッションギフトセット♪ ◆ シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション ルージュ [2011] ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆品質分類・原産地呼称:A.O.C. ボルドー ◆ブドウ品種:メルロー82%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネ・フラン8% ◆アルコール度数:14.0%◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ◆飲み頃温度:17℃ ◆年間生産量:45,000本 ◆樹齢:約30年◆醸造・醗酵:ステンレス・タンク◆熟成:オーク樽熟成7ヶ月(新樽比率100%)/ステンレス・タンク熟成7ヶ月 ◆オーガニック等の情報:リュット・レゾネ◆コメント◆ モン・ペラのデスパーニュ家が元々所有しており、名声の元となったシャトー。非常にバランスの取れた風味。余韻にはブルーベリーやブラックベリーを想わせる果実の香りが心地よく続く。 滑らかな舌触りの中にしっかりしたタンニンの存在を感じる。 シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション ブラン [2011] ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆品質分類・原産地呼称:A.O.C. ボルドー ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン80%、スラッシュセミヨン20% ◆アルコール度数:14.0%◆容量:750ml ◆タイプ:白・辛口◆飲み頃温度:12℃ ◆年間生産量:40,000本 ◆樹齢:約24年◆栽培面積:7ha ◆収量:45hl/ha◆土壌:粘土石灰質◆醸造・醗酵:オーク樽30%、ステンレス・タンク70%◆熟成:オーク樽熟成9ヶ月(新樽比率100%)/ステンレス・タンク熟成12ヶ月◆コメント◆ モン・ペラのデスパーニュ家が元々所有しており、名声の元となったシャトー。完熟したブドウに由来するパッションフルーツ等トロピカルフルーツの香り。 余韻は繊細で長く続きます。果実の香りの中に絶妙なオークのニュアンスが香る白ワイン。 ギフト対応 包装紙のし無料値下げ箱代 シャトートゥールドミランボーキュヴェパッション 2011 赤白ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新品,爆買い

ドメーヌロンデパキ シャブリ 2014 赤字超特価,低価

クリックしてください! ■牡蠣(かき)にシャブリ! 歴史に語り継がれるほど 相性の良い組み合わせと言われている。 シャブリといえば、「生牡蠣とシャブリ」の組み合わせでも有名な、 世界中の人々から愛される最もポピュラーな高級白ワイン銘柄のひとつ。 ドメーヌ・ロン・デパキは、そのブルゴーニュ最北のワイン産地である シャブリの中でも、クリュ・シャブリを代表する造り手です。 シャルドネ品種を100%使用したシャブリワインの味わいは、 生き生きとした酸味と口中を心地よく引き締めてくれる ミネラル感が特徴的で、この地区特有のキンメリジャンと呼ばれる、 粘土と石灰石が交互に重なった土壌が、火打ち石の香りと表現される 独特のスモーキーなフレーバーを生み出します。 キリッと引き締まった辛口の味わいは、魚介類全般と大変相性が良く、 幅広く和食に合うワインとして、 日本でもワインブーム以前から親しまれてきました。 フランス大革命の時代、現在のドメーヌ・ロン・デパキの源である ポンティニー修道院は、ジャン・デパキが院長を、そしてその弟である シモン・デパキが管財人を務めていました。 革命の後、1790年に二人は僧籍を離れ、翌年、シャブリに隠遁した シモン・デパキは、国有財産の競売会で「ヴォーデジールのムトンヌ」 と呼ばれていた、とびきり評判の良い畑を購入します。 これが現在の「ラ・ムトンヌ」。 ドメーヌ・ロン・デパキが世に誇る至宝の畑です。 シモンの家系が途絶えると、従兄弟のフランソワ・オーギュスト・ロンが 養子に迎えられてその跡を継ぎ、ここにロン・デパキ家の時代が始まります。 フランソワの息子、ルイ・ロン・デパキが、医者を兼業しながら ドメーヌの管理を始めたのは1910年のことです。 不幸なことに25歳の若さにして交通事故により失明してしまった彼は、 以来ブドウ畑とワインに情熱を注ぎ、 パリの一流レストランに「ラ・ムトンヌ」を広めていきました。 1967年にルイ・ロン・デパキが死去した後、ドメーヌ・ロン・デパキの 名声をさらに高めたのはブルゴーニュの名門ネゴシアン、 アルベール・ビショー家です。 同家によってロン・デパキのブドウ畑は拡大し、 現在ではグラン・クリュ地区全体の約1割に当たる9ヘクタールと、 16ヘクタールのプルミエ・クリュ、シャブリ全体では62ヘクタールに 及ぶ畑を管理・運営するに至っています。 また、シャトーの改修や近代的な醸造施設の整備、ブドウ畑の拡張なども 精力的に進めたアルベール・ビショー家は、シャブリ地区を代表する 名門ワイナリーとしてのドメーヌ・ロン・デパキの名声を揺るぎないものとしました。 『ドメーヌ・ロン・デパキ』の畑 (中世よりシャブリ地区のブドウ栽培を発展させた、 ポンティニー村のシトー会修道院より受け継いだ畑)の シャルドネから造られたシャブリです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 シャブリ地区 ◆原産地呼称:A.O.C. シャブリ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆テイスティング◆ 透明感のある、緑がかった淡いイエローの色合い。 白い花の香りや火打石の香りに、ほのかに アーモンドのような香りが感じられ、 バランスの良いエレガントな味わいがお楽しみいただけます。 ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中12点獲得!2011年! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中14点獲得!2011年! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー87点獲得! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点89点獲得!2011年! ドメーヌロンデパキ シャブリ 2014 赤字超特価,低価

シャトーガザン 2007 豊富な,品質保証

シャトー・ガザンはペトリュスのすぐ後ろ、 レヴァンジルの隣という理想的な立地にある葡萄園。 実際ガザンはペトリュスと同じ重粘土質土壌の区画を持つ 唯一のシャトーであり、のこりの区画もパワフルで優れたワインを 生み出す砂利質粘土質土壌で占められています。 また1969年には遺産相続にからんでシャトー最高の区画を ペトリュスに売却したほど恵まれた畑を有するシャトーです。 1960~1970年代、低迷した時期がありながらも、 1980年代後半以降巻き返しに、MLF発酵に木樽の導入、 小型発酵タンクへの変更、キャノピー・マネジメントの徹底、 収量の低減、選果台の導入など 品質の改良に力をそそぐことにより、評価は着実に上昇。 ことに最近の高評価には目を見張るものがあるといえます。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 ポムロール地区 ◆格付け: ポムロール地区には格付けがありません。 ◆ブドウ品種:メルロ85%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネ・フラン5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均年間生産量:2万5000本 ◆畑面積:24.3ha ◆平均樹齢:35年 ◆植樹密度:5500~6000本/ha ◆平均収量:42hl/ha ◆醸造:発酵とマセレーションは温度管理された 小容量のコンクリートタンクで18~28日間。 樽内マロラクティック。澱の攪拌は頻繁に行う。 ◆熟成:新樽50~60%で18ヶ月。清澄と濾過は必要な時のみ行う。 ◆所有者:バイヤンクール・ディ・コールコル家 ◆テイスティング◆ 繊細な果実香にナッツとオークの香りが ほのかに感じられます。口当りはやわらかいですが、 豊富なタンニンがあり、奥にはしっかりした ストラクチャーを感じさせます。 ◆コメント◆ ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より ボルドー・ワインの批評家の間では、一般にガザンの評価は高い。 と言うのも、ここの畑がペトリュスのすぐ後ろでレヴァンジルの隣という 理想的な立地にあるからである。実際、ガザンは1969年に5haの畑を ペトリュスに売り渡している。 しかし、今もなお合計24haの畑を所有するポムロールで 最大級のシャトーである。ガザンの業績は、 1960年代、1970年代はあまりぱっとしたものではなかった。 だが、1980年代後半以降は鮮やかな巻き返しに出て、 連続して極上のワインを生産してきた。 不思議なことに、ガザンは常に高価なワインであった。 歴史的な名声、そしてポムロールの高台に位置するという戦略的に 有利な立地条件が、価格を支えてきたのだ。1989年と1988年に見え始めた 明るい兆しは、ガザンから品質の高いワインが生まれる新しい時代の表れのように思われる。 そのワインは、味がよく、ふっくらとして、 汁気の多いポムロールを求める消費者に熱狂的に迎えられるはずだ。 シャトーガザン 2007 豊富な,品質保証

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ 蔵出し熟成ブルゴーニュ LL コルトン ドメーヌラトゥール 2000 LL ムルソー プルミエクリュ シャトードブラニー 2000 豪華2本セット 本物保証,100%新品

メーカー希望小売価格 21,860円 が SPECIALPRICE¥15,220円! お得な30.4%OFF!送料無料! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ◆蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイ・ラトゥール コルトン ドメーヌ・ラトゥール [2000] グラン・クリュ Louis Latour Corton Grand Cru "Domaine Latour" ◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区 ◆格付け:A.O.C.コルトン・グラン・クリュ/Corton Grand Cru ◆村名:アロース・コルトン ◆畑名:クロ・デュ・ロワ、レ・ブレッサンド、レ・グレーヴ、レ・ペリエール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆土壌:泥灰土、石灰岩 ◆熟成:オーク樽熟成10~12ヶ月 ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様/VINTNERS INC. ◆コメント◆ コルトンの丘の南東に位置する自社畑「クロ・デュ・ロワ」 「レ・ブレッサンド」「レ・グレーヴ」「レ・ペリエール」から 産み出される、芳醇かつフルボディのワインです。 凝縮した果実とほのかなオークの香りが調和しています。 長期の熟成にも耐えられます。 ■コルトンの帝王が手がける 極上のピノ・ノワール!2000年優良ヴィンテージ■ ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても 広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 コー​​ト・ド・ボーヌに南ヴォルネーとポマールの位置、 ムルソーはコート=ドール県で白ワインの生産に特化し最大の町です。 プルミエクリュの優れた品質は、この名前にはグラン・クリュを 持っていないという事実を補償します。 独占メゾンルイ·ラトゥール、 シャトー・ド・ブラニーのブドウの木は、 ムルソ​​ーとピュリニー・モンラッシェを見下ろす丘の上にあります。 この気候は、その新鮮さ、優雅さ、 そして優れた熟成能力によって特徴づけられる。 ◆【蔵出し熟成ブルゴーニュ】ルイ・ラトゥール ムルソー プルミエ・クリュ シャトー・ド・ブラニー [2000] Meursault 1er Cru "Château de Blagny" Louis Latour◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー村 ◆格付け:AOCムルソー プルミエ・クリュ/第1級 Meursault Premier Cru ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:30年 ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆テイスティング◆ その淡い黄色の色と新鮮で豊富な 鼻はレモンと統合された オークのノートであなたを誘惑する。 彼はそのすべての新鮮さを保つ! さらに数年待つことができる実質の御馳走。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター84点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家89点獲得!2000年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ 蔵出し熟成ブルゴーニュ LL コルトン ドメーヌラトゥール 2000 LL ムルソー プルミエクリュ シャトードブラニー 2000 豪華2本セット 本物保証,100%新品