ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ グルヌイユ 2002 最新作,爆買い

    最初に出会った感動が・・・蘇ります。    ●ルメール・フルニエ、おそらく最後の2002年ヴィンテージモノとなるキュヴェです。・・・・通常のキャップシールの下に、もう一つポリエチレン製のようなキャップシールがしてあります。・・・これはおそらく「泡モノ」かな?と思いましたが、コルクを抜くと・・・・案の定、静かに泡が上がってきます。 ●・・・感じとしては、気持ち甘口のペティアン?非常に微妙なところです。でも、やっぱり2002のルメール・フルニエ。美味しいです。さりげなくも密度のある味わい。ハッとして、フッとして、グ~!です。ガスのお陰で全体の香りがマスクされていますが、旨味の出方や余韻の長さ、これはニコラ・ルナールと言った面目躍如の美味しさ。熟したリンゴの蜜のところのような甘い感触と、シュナン・ブランらしいしっかりとした花梨の風味。アフターには充実した柔らかな酸味と、落ち着いたシャンパーニュのような心地よい熟成感、そして醸し出された旨味が載っています。改めて彼の天才ぶりと供に2002年のワインに一貫するバランスの良さ、実感します。 ●クーデゥレよりは甘いかな?モランディエーラよりはSECかなという位置づけですが、泡も伴いそれなりのポジションをキープしています。基本的には泡を飛ばして、と言うのが正解でしょうか?ある意味、ドメーヌとしては意欲作、って感じかな?2002年の(おそらく)ラストを飾ってくれる一本です。(2006.02.03 いのまた) ●泡の少なくなった二日目です。いや~っ、美味しいわ!あの、最初のルメール・フルニエのヴーヴレ・セック飲んだとき、忘れもしない2003年12月6日の夜のうれしさを再現してくれます。まとまりというかバランスというか・・・やはりこのクラスとしては抜群の出来。工夫されたキャップシールのお陰で、コルクが飛び出る事がなさそうですので(コルク自体は少し液漏れ不安なんだけど)、これはセラーに2~3年寝かせちゃおうかな・・・・?滅多にalarは言いません!買いだめしてください!(2006.02.04 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ グルヌイユ 2002 最新作,爆買い

ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 定番,人気セール

●2013年ヴィンテージまではピュズラ=ボノームのネゴシアン名義でリリースされているため、こちらのキュヴェはそのままピュズラ=ボノームで。 ●まずはインポータさんのコメント。「シュナンブラン100%。葡萄の畑はヴーヴレにあり、本来ならば「ヴーヴレ」 で出したいところだが規定上そうは行かない。そこで、ヴーヴレの代表的な土壌トゥフォ:Tuffauに、Tu (es) faute 「あなたは間違っている」の意味を掛けてワイン名を命名。レモン、グレープフルーツ、西洋菩提 樹の花、フュメ香、杉の木の香り。ワインはピュアかつ上品でフィネスがある、透明感のある繊細なミネラルの旨味とシャープな酸が余韻につれて徐々に口を満たす!」 ●とい言う事で、ヴーヴレじゃないんですけど、良いヴーヴレだと思います。しっかりとしたボディにレモンからオレンジ、花梨にいたる香りが綺麗に並びまさしくしっかりと厚みのあるボディにチョークのようなミネラル香、クリーンな酸味がピッタリと寄り添いバランスをとっています。ちょっと酸に傾いているかな?と思いますが時間かけるとより熟した感じがでてくるんじゃ無いかな?2013年と言う事でリリースも遅いのですが、飲み頃は2020年より先、かな?それまで我慢、できますか?(2016.03.09 いのまた) ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 定番,人気セール

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワルー ペティアン 2002 数量限定,送料無料

    シットリとしたほの甘さが魅力的。さすがの2002年です。    ●ウ~ん?ややこしくて申し訳ないのですが、ラベルには「モワルー(甘口)」となっていますが実際にはセックに近いドゥミ=セック、で針金は付いていないけれどペティアン仕上がり、なワインです。 ●幾分濃いめですが明るい金色、これまで通りのルメール・フルニエ・カラーです。ペティアンとの事ですが、あまり泡立ちはありません。ロートルの方が在ったかな?。かおりにはしっかりとリンゴの芯の甘さと幾分過熟気味のグレープフルーツ的酸味が感じられます。泡があるのでセックですが、泡が無くなるとデミ=セックと言ってもおかしく無いですね。確かにモワローとまでは行きませんがトップと余韻に感じられる甘さ、そしてこの甘さのあとから来る旨味、幾分水酸化したカルボニル系の香ばしさを伴って非常に落ち着きのある味わいです。 ●確かに「泡」を幾分含んでいるので横に寝かせて保存、はあまりオススメしませんが、それでもちょっと寝かせた方がさらに味わい深くなるんじゃないかな?ふっと花梨の香りが感じられるころ、半年ぐらい落ち着かせてから、が飲み頃です。(2005.10.07 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワルー ペティアン 2002 数量限定,送料無料

レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 低価,大得価

●2002年に「ジャニエール・ブラン」だったのはこれかな?先ずはインポータさんの資料から、です。   「南に向って扇状にくぼんだため日照に優れたジャニエール地区のぶどう畑。その中にある小集落の名前を付けたキュヴェで、優れた立地条件を作ったロワール川に敬意を表して「ロワールの魅力(=シャルム)」と呼びます。    収穫量は少なかったのですが、貴腐菌が着いたためシュナン特有の強さの中に、ほんのり蜂蜜の甘い香りが混ざった濃厚なタイプ。複雑な味わいときれいな酸味は、素晴らしいバランスで余韻がとても長いが特徴。」  一応、2002年のジャニエール・ブランのコメント残しておきます。 ●ジャニエールのAOCはロワール川(Loire)本流に平行して北を流れる支流の一つロワール川(Loir:最後のeがつきません)に添ったコート・デュ・ロワールのAOCにひっそりと寄り添ったところにあります。ワインはシュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後で収穫量25~30Hl/Haあまりを手摘みします。樽発酵・樽熟成。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がりになっています。 ●最初の印象で、何でこのワインをシャルドネ?と思ったのかな?ちょっとワックスの様なニュアンス、ピエール・ボージェのシャンピニヨン・マジックのような甘さかな?大きめのグラスで飲んでみるとやはりそんな感じですが、やや小振りのロワール・グラスで試してみると・・・・きっぱりと熟し気味のシュナン・ブランです。 ●微妙に残ったCO2。パイン・アップルの酸味、メロンの様な品のある甘さ。ワインにエッセンスが詰まっています。果実味が微妙に酸をさえている感じ。口に含むたびに、さびの出てきたリンゴの切り口や、シロップ漬けの黄桃、まだ若い洋なし、などなど白から黄色系の果物のいろいろな場面を想像させる微妙ながらも変化に富んだ豊かさが感じられます。押さえられたと言っても一本筋のピシリと通った酸は繊細なミネラル感を伴って決してかすむことのない伸びがあります。些か過熟?なそして樽っぽい印象も受けますが暫く落ち着くと、アンジューの深さともヴーヴレの繊細さとも異なる、少し太めなバランスの妙を見せてくれます。 ●時間とともに酸化が進み「アンジュー・ブラン」入ってきます。でも酸も高めですのでまた少しニュアンスが異なるかな?ちょと値段も気になりますが、数日間にに分けてゆっくりとおつきあい頂ければ幸いか、と。その価値があるワインです。(2005.04.16 いのまた) 本当は平気なんですが・・・・こちらのワインかなり「変な澱」がたまっています。お飲みになる際には十二分に澱を沈めて、お楽しみ下さい。お願いですから・・・ ●訂正です。思ったよりも酸化のスピードが速いようです(気温にもよるのですが)。丸2日から3日目で酸がしぼみ初めまろやかな味わいとなりますが、同時にフラットなイメージが進行します。冬場ならもう少しいけそうですが春先から秋の半ばまでは、抜栓して早めに飲んだ方が良さそうです。(2005.04.17追記) ●補足、です。こちらのランジュ・ヴァン。ノーマルではなくて張ってあるシールの如くスペシャル・キュベだそうです。斜面上部のより良いところからのブドウを使っています。但し!シールの貼ってあるのと無いのとまぜこぜに入荷しました。インポータさんからの説明ですと「張り忘れ」とのことです。こちらからの出荷分もシールの貼ってあるのと無いのとおそらくまぜこぜになります。あらかじめご了承下さい。 レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 低価,大得価

ルブリソー ナタリーゴビシェール&クリスチャンショサール VdFルージュ パタポン シャペル 2012 得価,新作

●クリスチャンが不慮の事故で亡くなった事から、この年の収穫は後手後手に回り醸造そのものも心配された2012年のパタポン。ナタリーの頑張りか、クリスチャンの思いか、2012年の自然の恵みか・・・その全てが詰まった最後のパタポン、です。・・・・これまでパタポンは幾つかの区画のピノ・ドニス、あるいはガメィから作られてきたが「シャペル」はこの名の区画からのピノ・ドニスだけを使って2011年から仕込まれている。ブドウの平均樹齢は46年。シレックスの混じった粘土質の畑。発酵はマセラシオン含めタンクで約一月。その後タンクで9ヶ月熟成の後に瓶詰め。 2011年物のコメント ●収穫は2011年10月10日。収量は25hl/ha。本来パタポンにアッサンブラージュされるピノ・ドニス(平均樹齢45年)だが、教会(シャペル)に近いこの畑はその個性が際立っている為、独立したキュベにしたてる事となった。キュべの名前はこの近くの教会に由来している。ファイバータンクで15日間のマセラシオンの後、自然酵母で10日間醗酵。タンクで10ヶ月の熟成。 ルブリソー ナタリーゴビシェール&クリスチャンショサール VdFルージュ パタポン シャペル 2012 得価,新作

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 人気,新作登場

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 人気,新作登場

ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiカベルネ・フラン Cuvee MiDo VdTフランセーズ ルージュ2006 SALE,爆買い

●2006年のカベルネ・フラン・・・「MiDo」との名前が付きました。一昨年亡くなられた妹さん「みどり」さんから名付けられました・・●着きたてなので幾分落ち着きがありませんが、いつに無く優しい、そしてすくっとした味わいのカベルネ・フラン、です。まだ閉じ気味なのかな?還元香を感じつつグラスをグルグルとやって、それを飛ばすと・・・・チャーミングな果実味が出て来ます。フランボワーズやブラックチェリーかな?合わせて肌理の細かいタンニン、うっすらと樽の香りでしょうか?甘いニュアンスも持っています。でも余計な化粧っ化は無し。アフターには心地よい酸味とミネラル感。何となくですが初夏のロワール・・・・日差しは強くとも爽やかな風が心地よい・・。日本で言えば北海道の夏、かな?(共に冬にしか言ったことがないので想像です) ●本当はボトルごとシャカシャカやってしまいたいけど・・変化も確かめなきゃと言うことで、お楽しみはお預け・・・。先ずは半年寝かせてか、すっぱりとデカンタージュがお薦めです。(2008.02.05 いのまた)  あんまり書いていないけど・・・2005年物のコメント・・・です ●今年2月に樽から飲んだときに「このカベルネ・フラン。ちょっと長熟型狙ってみたでしょう?」と新井さんに言ってみると・・・ニコニコしていましたね。そのボア・ルカ、カベルネ・フラン2005入荷しました。   暫くは2004年のコメントで・・・↓ ●『もう暫く寝かせてあげてください!お願い!』と言いつつ、試飲するまもなく涙の売り切れとなるカベルネ・フラン。こちらも2004年が登場です。・・・・スミマセン!「キュヴェ・リサ」でなくて普通にボワ・ルカ「カベルネ・フラン」でした。 ●正直なところKUNIKOやOTOSANの後にこちらのカベルネ・フラン飲むとちょっと物足りない感じがします(抜栓直後の印象でね)。香りが幾分タイトで無駄がない、非常に低い位置に定位しています。シノンやブルグイユのフランと較べるのはどうかとも思いますが、もっとミネラル感が強く感じられ、果実味の詰まった(そういう感じもありますが)と言うよりも、ソリッドな堅さを持っていると言った方が良いのかな?その一方で酸はしっかり、時間をおくとjunjunしてくる(ちょっと洒落です。)ので、いろいろな様相は詰まっている予感・・・。2003年のLISAにあった強さとも違いますね・・・。 ●で、あまりこらえずに飲んじゃっていますが、とりあえずは香りどおりの印象。まだ開くに時間がかかります!・・・ってのコメントだけかい! ●難しいんです、この美味しさは・・・何となくタンニンの上にうっすらと果実系の甘さが乗って上等な御薄のような、あるいは中華街でいきなり一杯2000円ほどのプーアル茶の50年物、とかそういう感じです。何となくうっすらとしているけれど・・・・うっすらとした余韻が素晴らしく長く続きます。脳みその真ん中あたりに刻み込まれるような波動、ですね・・・。 ●個人的に好きなカトリーヌ・ブレトンやエリーズ・ブリニョとかのフランに比較すると、果実味が「薄い(他に言葉が見つからない、あるいはあっさり?グリップがソフト、とも)」と言っていいのかな?でもその反面「伸びやか」なんだよな・・・。ぎりぎりまで叩いて伸ばした金箔の様な美しい質感。でもフッと息を吹きかけるとくしゃくしゃになっちゃうんですな、そうならないようにととの緊張感。こうした味わいを認めていくのは、やはり日本人のDNAが入っているのでは・・・できればあと1年は我慢して箔が絵画の、あるいは工芸品の一部としてその本来の美しさを固定するまで待った楽しんでいただきたい、と思っています。時間と共に酸とミネラルがよりくっきりとし同時に旨味も整理され、現在よりもむしろ若々しい味わいのワインになると思っています。(2006.04.13 いのまた)  ↓以下2003年のコメントとなります。(っていつも、このくらいしかかけませんが・・・ ●2002年は収穫の途中で雨も降り「ちょっと悔しかった」カベルネ・フランですが、この2003年は自然に形成されるアルコール度数に換算すると14.95度の糖度を獲得。もともと熟すスピードの遅いこのブドウ、周囲が醸造まで終わっていそうな9月19日に収穫をスタート、そして僅か1haの畑ながらもゆっくりと作業を進め10月9日にようやく完了です。ブドウは1975年に植えられました。新樽率は30%。500lをトヌリエの大御所ブランシャール氏の作った樽です。瓶詰めは2004年10月17日の「花の日」。キュヴェの名前「Lisa」は新井さんのお友達の娘さんの名前です。 ●何とはなしに、売り切れてしまい試飲ができません。おそらく「良く熟した果実だけが持つふくよかな味わいを、こくとも言える厚めのミネラルが覆い隠し、僅かな隙間から漏れ出る繊細な酸味に、大いなる将来を感じる」ってところかな?どなたか飲んだ方いらっしゃいますか・・・。  ↓以下2002年のコメントとなります。(ってこれだけなんですが・・・ ●昨年のお披露目で、alar的に一番気に入ったのはこちらのカベルネ・フランです。今回の入荷分は若干印象が変わるかと思いますが、フランとしては実に熟した果実味が豊か。一貫して感じられる繊細な酸味やミネラルと共に、後半からでてくる甘さとタンニンのきめ細かさが印象的です。 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiカベルネ・フラン Cuvee MiDo VdTフランセーズ ルージュ2006 SALE,爆買い

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック ラ・レヴェイユリー 2002 本物保証,人気

●ルメール・フルニエ2002年ヴィンテージ最後のセックになるのかな?「La Reveillerie」です。 ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック ラ・レヴェイユリー 2002 本物保証,人気

テュエリーピュズラピノドニス ラ・テスニエール AOCトゥーレーヌ ルージュ 2004 新品,定番

    ピノ・ドニス。テュイリーが仕込むと「化けます」。    ●このワインだけ入荷から3ヶ月ほど経って試飲しています。あれ?これ2003年かな?と言うくらい濃い色合い。香りもチェリー・リキュールのようなしっかりとした芳香。幾分おこげ気味な重さも感じられますが・・・ふ~ん、良い具合の酸とミネラルもしっかりとありますね。少し落ち着くまで我慢したいところですが、ぐんぐん香りが出てきて待ちきれません。テュエリー節がズんッ、と来るかな? ●はい、5分経ちました。早速飲んでみます。と、その前にじわっと来るハーブ系は「ドニス」です。幾分揮発酸が高いのかな、まずはそのまま静かな状態で飲みます。う~ん、「コク」があるな・・・。久々に使う言葉です。果実味の凝縮感ってのかな?でもピノ・ドニス、一皮むけるのに時間がかかるんですね、経験的に。ピノ・ノワールは比較的順調に向けていくのですが、ピノ・ドニスはかなりスロースターター、トロトロしていて時点で急にポンと行く感じです。で、こちらはまだポンと行っていません。もう少し置いておいた方が良いかな? ●また、ピノ・ノワールはどこか甘いような香りがあるんですが、ピノ・ドニスはもそっとタイトでハーブのニュアンスが幾分強い感じ。このワインもその特徴が良く出てハーブ系から幾分スパイス、白胡椒やカルダモンなどが感じられます。ここに紅茶当たりの香りと旨味が乗ってくるとね~、もうたまらん!と言うことになりますが、確実にそんなワインになる予感。あと半年待たなきゃいけないかな?待てないな~、と悩むところです。 ●飲み頃はともかく、史上最強のガメイと名付けてしまった同じくテュイリーの「プュイユー」と同じスタイル。果実味はしっかりとしているが、それ以上に堅めのミネラル乗っています。ガメイに較べると皮が薄いのかな?ガメイのイチゴ系の香りを引いて、ハーブを注入!と言う違いでしょうかね。竜虎の対決ならぬ、新井さんとこのボワ・ルカ「ガメイ」対ミッシェル・オジェのテスニエール「ピノ・ドニス」対決!みたいな怖いもの見たさも混じった雰囲気ですが・・・・このふたつのワインテュイリーの実力を見せつけてくれ、かなり楽しめます。(2005.09.27 いのまた) ●例によっての二日目です。元々果実味の薄いタイトな味わいですが、幾分酸も後退し、さらに締まってきました。タンニンとミネラルを軸にしながら、の味わいです。薄めのお肉を塩と胡椒だけでさっぱり焼き上げた・・・そんなお料理に合いそうです。霜降り系よりもしっかりとした赤身が良いのかな?ワインはあくまでも控え目、脇役に徹します。肉の旨味を落ち着いた酸がグッと持ち上げてくれそうです。・・・・ふと、牛蒡なんかどうかな?牛肉とにんじん加えて軽いきんぴら風。色々と試してみたくなるワインです。(2005.09.28 いのまた) ●したのピノ共に久しぶりに飲んでみました。相変わらず、ピノ・ドニスらしいタイトな味わい。ある人曰く「かわいくない味わい」はそのままですが、一人ぐらいそんなやつがいてもイイじゃない、と。ここに来てハーブからスパイスに香りの軸が変わってきているので、ますますかわいくない状態ですが、ますます赤身のはっきりとしたステーキあたりに合いそうな。ふと、かわいげのなさにも、まっすぐな芯の強さを感じるワインです。(2006.04.02 いのまた)  ↓ここからは2002年のテスニエール、ピノ・ドニスのコメントです。同じ畑の同じブドウでも、かなりニュアンス違います。これがまた面白いところだな。 ●また訳の分からないブドウ品種で・・。ピノ・ドニスは別名シュナン・ノワール。ロワール地方固有のブドウですが、やはりどんどん植え替えが進み今ではなかなか作り手を見つけるのが難しい品種となってしまいました。やはりテスニエールの畑の一画に植えられたこのブドウを見つけたテュエリーは早速挑戦。収穫をぎりぎりまで待って、この地方としては珍しい13.6度というアルコール度数まで引き上げることができました。 ●今年9月の試飲会にてこのワインを試すことができましたが、非常に荒れた環境の中でも落ち着いた酸味とミネラルをはっきりと感じ取れる、熟成型のワインかなと言う印象です。 ●ここでまた一本開けてみましたが、ロゼに使われることが多いと、言われるピノ・ドニス。その理由がよくわかります。色目も香りもピノに較べると気持華やかなんですね。やはり本来的に此の地に適したブドウなのかな?落ち着きのある酸味と赤いや少し黄色いスモモのようなニュアンスを含んだ果実味で、あまりアルコール分を感じさせない良いバランスを保っています。アルコールはむしろ全体に甘さを感じさせる側に回っています。トータルではまだまだ堅い印象。ピノ以上に長く寝かせて置く必要があるかも知れません。少し高めの温度が良いのかも。 ●こちらのピノ・ドニスも2日目くらいから急にふくよかな香りがでてきました。大きめのグラスで遊ぶと、ワインの強さを非常に感じる様になりました。まだ、気持タンニンがうわずった感じがありますのでやはりあと1年くらいかな、飲み頃までは?エッジにブラウンがほんのり入るころ、このころが飲み頃でしょうね。 ●3日目、すご~く美味しいです。やはりピノ・ノワールには無い丸味と僅かな黒い果実のニュアンスが強くでています。ぐんぐんいけますね~。とここでなくなってしまいました。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュエリーピュズラピノドニス ラ・テスニエール AOCトゥーレーヌ ルージュ 2004 新品,定番

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ デミ=セック フォリエール 2003 限定セール,最新作

    2003年の甘口はかなり期待しちゃってイイと思います。    ●こちらはいちおうやや甘口のデミ=セック。と、全くコメントになっていません。申し訳ないです。 ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ デミ=セック フォリエール 2003 限定セール,最新作

ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 最安値,豊富な

砂混じりの結晶片岩から生まれたシュナン・ブラン種。辛口白では最高級のクラス。100%新樽で12ヶ月熟成、バニラの香が前面に出ながら、構成要因にしっかりした酸味が有るので全体的に嫌みがなくバランスの取れている長期熟成型。葡萄樹齢20年、年間生産量4000本、ルネの個性が光る白ワインです。  「こちらも個性的なワインです。何かはわかりませんが薬草のような甘さと苦さの同居した香りがあります。印象としては「柔らかな石」大変ミネラルが豊富で香りには硬い印象がありますが、口に含むととろりとした柔らかさがあります。新樽の香りがまだハッキリとしてるので香りと舌で感じる部分とが微妙に異なり、少し不安定なところもありますが、熟成後が楽しみ。あと2~3年はそっと置いておく方が良さそうです。」 ・・・・と書いていたのが約2年前、現在(2003.06)では非常に落ち着きがでてきています。ワインの色もなかなか濃くなってきました。気持ブラウンの入った濃いめの黄色。しかも表面の輝きは非常にはっきりしていて、縁から流れ落ちる「足」はお見事。樽からのニュアンスも「木の香りとバニラの香り」が混沌となり蜂蜜のような深い香りに変化して来ました。熟したカリン、アップルパイ、オレンジマーマレード、さらに奥行きが広まっています。たっぷりとあった酸も非常に丸味を帯び、全体にしっくりとしてきました。まさに「極み」ですね。相変わらずシェリーのような厚い香りが先行しますが、少し我慢をしていると、もう引き返せない扉が開きます(2003.06.25~26 いのまた)  私の家内の弁です・・・「最初、『行っちゃっている』ワインかと思ったけど、変に美味しい・・」 ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 最安値,豊富な

クロルジャールソーミュールシャンピニィ ルポワイユ 2003 本物保証,お得

●ル・ポワイユの2003年物です。2003年というと暑い年でしたが、インポータさんの資料によると・・「酷暑となった2003年産のワインの多くは、強いアルコール感とタニックな味わいに覆われて、酸が不足している場合がまま見られます。ところが、クロ・ルジャールの各ワインは驚くほどみずみずしく、エレガントさと上質の酸を備えており、アルコール度も12.5度前後と控えめです。2003年というヴィンテージのイメージとは全く異なった、清涼感のあるワインに仕上がっています。」とのこと、これは楽しみだ・・・・ ●で、早速・・・上のコメントの通りでした。イチゴやチェリーのタルト、で甘さ控え目。作っている一人ナディ・フコーさんはちょっと厳つ区怖い感じもしますが、作られているワインは実に優しい味わい。何となく小川軒のレーズンウイッチにもにた味わいだな・・・。タンニンが実にうっすらというか滑らか。また、若干残る樽の風味もイイ感じに絡んできます。こうしたタイプのカベルネ・フラン、このソミュールのやブルグイユでもあまり見ませんね。それ故此処が特別なのかな?これはすごいと思っているとやはりレビュー・ド・ヴァン・ド・フランスの2007年版で、このプイユは19.5点取っちゃっているじゃないですか!・・・ならば言っちゃお!サンジュリアンの味わいだこりゃ! ●元もと柔らかいせいか今がもしかすると飲み頃。あと5~6年はしっかりと熟成する可能性がありますが、そこまで我慢しなくてもイイかなと思います。2002年に引き続きクロ・ルジャール恐るべし!ですね。(2008.02.06 いのまた)  2002年物のコメントです。 ●インポーターさんの資料より、です カベルネ・フラン100%、単一の区画レ・ポワイユのブドウから作られます。畑の面積は2.7ha。此処はケイ素が混ざる粘土石灰質土壌。水捌けが良く果実の熟度が高くなります。また南向きの斜面上部に広がる区画はほかより暖かで風通しに優れ、一番早い収穫を迎える。平均樹齢は40~45年。植樹密度:6000本/ha。収穫量は35hl/ha。醗酵はセメント槽で約35日掛けて行い、ル・ブール熟成後の1年樽を使用し2年熟成させます。この間の澱引きは2回。ビン詰め後非常にゆっくりと熟成しつづける力を持っています。 ●・・・一言でと言われれば「なにも足さない。なにも引かない。唯あるがまま」長い熟成を経て今ようやく目覚めようとしているんだろうな?と言う処ながら、完全に目覚めるまではまだまだ時間が・・。静かな、控え目なとでも言えそうな味わいの中にしなやかで張りのある凝縮感。決して王冠を抱くことなくも血筋を感じる煌めき。治る事なく統べることを知る。帝王の名に連なる一本であることは間違いない。と、思うんですが、セラーで試飲したときよりも幾分閉じ気味なのかな?一本じっくりとやってみたい気もしますが、その機会はあるかな?(2007.03.11 いのまた) クロルジャールソーミュールシャンピニィ ルポワイユ 2003 本物保証,お得

アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 100%新品,本物保証

●サン・ドゥルシャールと呼ばれるオルレアン、トゥール、ブルジュなどを含むロワール中心部に広がる泥灰土(砂利)の表土が広がる、キンメリジャン(白亜紀の石灰質層)の上に畑はあります。畑の名前はラ・ムシエール。丁寧に摘み取られたソーヴィニヨン・ブランは25kg入りの小さな箱に入れて摘み取られた後、ターブル・ヴィブラン(振動する板)の上で選別が行われ、その後さらにターブル・ド・トリでよりわけをされ、プレスに回ります。圧搾された果汁は10度以下の温度で48時間静かに寝かせられ、半分はタンクで、残り半分は新樽で発酵が行われます。温度は18度以上で23度以下。熟成はシュール・リーによるエルヴァージュでおよそ7‐8ヶ月間。 ●密かに抜栓し、5,6日経ったワインを飲んでますが、実に綺麗なソーヴィニヨン・ブラン。これならalarもブラインドでソーヴィニヨン・ブラン!と胸を張って言えます。で、最初はどんな感じかと言うと・・・幾分メリハリ効かせた樽の香りが印象的。 ●今日はとなりの町の花火大会なので、一本開けてみました。・・やはり、抜栓直後は樽のニュアンスがはっきりと・・・木目の香りと共に幾分ヴァニラ系の甘さ、を香りに感じます。味わい的には、「甘味」はありませんが『甘さ』はありますね。その分サンセールとしてはしっかりとしたウエィトをもったミドル級と言ったところかな?腰のある柑橘系のしっかりとした味わいと、乾燥ハーブのほどよい薫香、効いています。 ●夏場に冷やして・・・と言うのがピッタリですが、棒棒鳥系のゴマだれ冷やし中華とか、豚しゃぶの甘酢系ドレッシング・・・燻した〆鯖、梭子魚の汐焼き、プリプリとした夏の白身魚・・・などなどが合いそうな気がします。・・・意外に一年中、美味しい物と合うかもしれない!軽いスモーク&新鮮ハーブ、あるいはハーブとワインで蒸して冷やして・・・・こんなところを基本にアレンジしてみてはと・・・。(2006.07.29 いのまた) アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 100%新品,本物保証

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 格安,限定セール

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 格安,限定セール

ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 限定SALE,2016

砂混じりの結晶片岩から生まれたシュナン・ブラン種。辛口白では最高級のクラス。100%新樽で12ヶ月熟成、バニラの香が前面に出ながら、構成要因にしっかりした酸味が有るので全体的に嫌みがなくバランスの取れている長期熟成型。葡萄樹齢20年、年間生産量4000本、ルネの個性が光る白ワインです。  「こちらも個性的なワインです。何かはわかりませんが薬草のような甘さと苦さの同居した香りがあります。印象としては「柔らかな石」大変ミネラルが豊富で香りには硬い印象がありますが、口に含むととろりとした柔らかさがあります。新樽の香りがまだハッキリとしてるので香りと舌で感じる部分とが微妙に異なり、少し不安定なところもありますが、熟成後が楽しみ。あと2~3年はそっと置いておく方が良さそうです。」 ・・・・と書いていたのが約2年前、現在(2003.06)では非常に落ち着きがでてきています。ワインの色もなかなか濃くなってきました。気持ブラウンの入った濃いめの黄色。しかも表面の輝きは非常にはっきりしていて、縁から流れ落ちる「足」はお見事。樽からのニュアンスも「木の香りとバニラの香り」が混沌となり蜂蜜のような深い香りに変化して来ました。熟したカリン、アップルパイ、オレンジマーマレード、さらに奥行きが広まっています。たっぷりとあった酸も非常に丸味を帯び、全体にしっくりとしてきました。まさに「極み」ですね。相変わらずシェリーのような厚い香りが先行しますが、少し我慢をしていると、もう引き返せない扉が開きます(2003.06.25~26 いのまた)  私の家内の弁です・・・「最初、『行っちゃっている』ワインかと思ったけど、変に美味しい・・」 ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 限定SALE,2016

アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 赤字超特価,豊富な

●サン・ドゥルシャールと呼ばれるオルレアン、トゥール、ブルジュなどを含むロワール中心部に広がる泥灰土(砂利)の表土が広がる、キンメリジャン(白亜紀の石灰質層)の上に畑はあります。畑の名前はラ・ムシエール。丁寧に摘み取られたソーヴィニヨン・ブランは25kg入りの小さな箱に入れて摘み取られた後、ターブル・ヴィブラン(振動する板)の上で選別が行われ、その後さらにターブル・ド・トリでよりわけをされ、プレスに回ります。圧搾された果汁は10度以下の温度で48時間静かに寝かせられ、半分はタンクで、残り半分は新樽で発酵が行われます。温度は18度以上で23度以下。熟成はシュール・リーによるエルヴァージュでおよそ7‐8ヶ月間。 ●密かに抜栓し、5,6日経ったワインを飲んでますが、実に綺麗なソーヴィニヨン・ブラン。これならalarもブラインドでソーヴィニヨン・ブラン!と胸を張って言えます。で、最初はどんな感じかと言うと・・・幾分メリハリ効かせた樽の香りが印象的。 ●今日はとなりの町の花火大会なので、一本開けてみました。・・やはり、抜栓直後は樽のニュアンスがはっきりと・・・木目の香りと共に幾分ヴァニラ系の甘さ、を香りに感じます。味わい的には、「甘味」はありませんが『甘さ』はありますね。その分サンセールとしてはしっかりとしたウエィトをもったミドル級と言ったところかな?腰のある柑橘系のしっかりとした味わいと、乾燥ハーブのほどよい薫香、効いています。 ●夏場に冷やして・・・と言うのがピッタリですが、棒棒鳥系のゴマだれ冷やし中華とか、豚しゃぶの甘酢系ドレッシング・・・燻した〆鯖、梭子魚の汐焼き、プリプリとした夏の白身魚・・・などなどが合いそうな気がします。・・・意外に一年中、美味しい物と合うかもしれない!軽いスモーク&新鮮ハーブ、あるいはハーブとワインで蒸して冷やして・・・・こんなところを基本にアレンジしてみてはと・・・。(2006.07.29 いのまた) アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 赤字超特価,豊富な

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック 2002 最新作,新作登場

●お帰りなさいニコラ!と言いたくなる、ニコラ・ルナールの手になるヴーヴレです。昨年のテュイリー・ピュズラのヴーヴレ「ポド・テールNo.2」、そしてこの夏の「ヴーヴレ・ペティアン」に続く正真正銘ニコラの作品です。 ●ありきたりな表現かも知れませんが『凄い!』です。コルクを抜いただけでフワ~と香りが立ち上がっています。グラスに注いだ色合いは気持この手のワインとしては濃いめかな、と言う程度ですが、まず香りの凝縮度が違います。グレープフルーツのマーマレード。ピーチのコンポート。クチナシの花、ジャスミンの様なオリエンタルな香り、まだ積みたてのセージやタイム。それぞれのコンポーネントは繊細ですが、これらが一気にあふれ出してきます。軽くスワリングするだけでそのワインの粘性の高さにビックリ。これを口に含むとまた凄い。凝縮された香りとと共に厚みのあるボディ、しかもミューズの美しさを持っています。ミネラルもたっぷりしていますがあまり硬質な感じではないですね。柔らかさ、しなやかさがあります。優しい苦みを伴いますが、これがちょっとビックリのするぐらい長いアフターのなかで、心地よいハーブやミンティーなニュアンスに再び戻り、これまたきれいなフィニッシュを見せてくれます。(2003.12.06 いのまた) ●正直言ってこの値段でこの味わい。ちょっと感動モノですね。甘みを抜いたオレンジ・キュラソー。時間とともにお約束の蜂蜜や花梨の香りもゆっくりと立ち上がってきます。ゾクゾクします。テュイリーのproduceしたNo.2よりもさらに密度がまし、オート・ボルヌのヴーヴレーのミネラル感とはまた異なったパワフルさがあります。サンソニエールやルネ・モスの重厚さとはまた一味違う、シュナン・ブラン第3領域。のこの辺はヴィンテージ、畑の土の違いかな?全体のプロポーションの均整が取れているところは、さすがニコラ・ルナール!ですね。 ●インポータのラシーヌさんには10月末ごろ入荷でしょうか?alarには12月初旬の入荷ですので約一月ねていたことになります。それにしてもコンディション抜群、最初からこんなに飛ばして良いのかな?という心配もありますが、このワイン持ちますよ!きっと。きっちりアルコール度数13度キープしているし、酸とボディのバランスは、こうしてコメント打っている間にどんどん良くなっています。このままではテイスティングでなく、ドリンキング状態に突入してしまう!この他にも異なったキュベが入荷するというので、今から楽しみです。ペティアンが欲しい!甘いのも欲しい~! ●2回目の入荷(2004.02)にあわせて初回入荷分のうちから一本とって置いた物を試飲してみました。約1月半落ち着かせた物です。サン・スフル(SO2無添加)に近い状態ですので幾分熟成スピードが速いようですが、その分味わいに凝縮感がましています。最初に飲んだときよりもさらに印象深い味わいです。発酵・熟成はステンレスタンクで行っていますので、純粋なシュナン・ブランだけのオイシサです。この分だと2~3年は十分に楽しめそうな素晴らしい出来。ますますオススメしたくなりました。(2004.02.04 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック 2002 最新作,新作登場

ルフルニエ by ニコラ・ルナールVDTフランセーズ セック ロートル l'Autre いちおう2002年物 低価,送料無料

●ニコラ・ルナールって、本当に天才なのかも知れない!このヴァン・ド・ターブルは何?このおいしさは何?のビックリ・ワインです!!!ブドウは勿論シュナン・ブラン100%。本来ならAOCトゥレーヌで出せるエリアですが、収穫時トゥレーヌのアルコール上限を越えたので、ヴァン・ド・ターブルとして規定されています。(ロートル、というのはもう一つの、と言う意味がありますが、AOCを付けてだす事の出来なかった、もう一つのワイン、と言うような意味合いのようです。それでラベルの黒いガチョウ、白いガチョウの仲間に入れてもらえない、少し寂しげなまなざしです。) ●まずは色がいいですね。綺麗なペール・イエロー。香りは・・少しガスが残っているかな?軽く酵母系の香りもあります。ヴーヴレ・セックに較べると、僅かに青いハーブのニュアンスがありやや堅さや若さを感じますが・・・リンゴや洋ナシ、グレープフルーツのミックスジュース?5月の新緑がイメージされます。 ●味の方は・・・最初やや苦みを感じながらも果実味の凝縮感、抜群です。ミネラリーな酸、中盤から乗ってくる旨味、そして再びアフターに残る爽やかな柑橘系のエッセンス。予想以上の出来ですね。最終のアルコール度数は12.5度、ヴーヴレ・セックよりも僅かに軽め。磨き込まれた感触こそヴーヴレ・セックに一歩譲りますが、きっちりとでている酸度とそれに伴ってよりドライな印象があります。もうこれはこれで素晴らしく出来の良いワインです。 ●・・・・入荷して2本目・・・また、開けてしまいました。やっぱりオイシイです。とてもこの値段のワインだとは思えません。これは間違いなく、豚ですね。厚切りのポークソテーにマスタード系のソース、フルーツ系のソースもしっかりとした酸味と合いそうです。地鶏のソテーにハーブ系のドレッシングをかけたサラダとかにも良いかな?飲み頃温度もあまり冷やしすぎなければ、かなりレンジが広いので、いろいろな季節で楽しめそうです。かなり重宝なワイン、お薦めです(2004.04.10 いのまた) ●・・・・なるほど、これがヴァン・ド・ターブルとAOCヴーヴレの価格の違いか・・・・同時に較べることができないのですが、ヴーヴレは印象的に尻上がりに良くなっていく感じ、こちらのVDTは最初のインパクト、なんでしょうかね。味わいの洗練度合いと共に、この辺りの違いがありそうです。ここ暫くは抜栓後1~2時間が勝負。でも十分元の取れる1~2時間です。    お詫び・・・・リアルワインガイドをごらんになられたお客様に・・・  こちらが、リアルワインガイド第6号の表紙を飾りつつ、「特集:2000円以下の本当においしい白ワイン」で当店よりもオススメさせていただき、いまどき88点、将来90点をいただきましたワインです。わざわざお越しいただきありがとうございます。  ただ、現在当店の在庫分、また新たに入荷しました(6月15日付)分に関して、改めて開栓し何本か確認しましたところ、ボトル差はありますが、おそらくリアルワインガイドさんのテイスティング時よりも過度の発泡性を有していると思われる状態であることが確認されました。この発泡性を有したことにより、当初入荷時にオススメさせていただいた根拠としての味わいとは、ニュアンスが異なるものと判断させていただき、当店としてはコンディション確認後まで暫く販売を差し控えさせていただきます。  なにぶん自然派のデリケートなワイン故のことです、ご事情お察しいただきたくお願い申し上げます。    と言うことで、暫くご不便をお掛けいたしました。ワインの状態の確認ができましたので販売再開です。  上記の通りワインの「発泡性」についてalar的な不安がありましたが、先日6月24日インポーターのラシーヌさんの事務所にて、バイヤーの合田泰子さんと共に、再度ワインの確認をさせていただきました。alarに直近で入荷したワイン並びにインポータさんの倉庫にて保管して置いた分を合わせて試飲しました。  結果から申し上げると、ワインの品質には問題ないと、判断させていただきます。 実際に微発砲の様相はどの瓶も確認できますが、瓶内で再度発酵が始まったという安定性の欠陥に関するモノではなく、ワイナリーでの発酵課程において発生する炭酸ガスが、そのままビン詰め時にも残っていたための現象である、と判断させていただきました。こちらでの確認時、液温が高かったことをもふまえ、通常の飲み頃温度とされる10~12度の範疇では、バランスの取れた味わいでお楽しみいただくことができます。以上販売再開に置いてのご報告とさせていただきます。  ・こちらのワインは全てクール便で発送させていただきます。クール便の指定を宜しくお願いいたします。  ・到着後は早めに冷蔵庫で保管してください。抜栓後暫くおいていただけるとさらに味わいが安定し   よりおいしく召し上がることができます。  ・改めて、繊細な味わいのワインです。早めにお飲みになることをオススメいたします。と、さんざ世間をお騒がせしたワインです。泣いても笑っても?これが最後の販売分、です。 ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールVDTフランセーズ セック ロートル l'Autre いちおう2002年物 低価,送料無料

クロ・デュ・テュ=ブッフヴァン・ブランPGピノ・グリ VdTフランス 2005 高品質,人気

●久しぶりのピノ・グリだけのモノ・セパージュです。  昔のコメントです ●改めて・・しっかりとした貫禄のあるピノ・グリです。幾分ヴィンテージを反映した残糖感も在りますが、自然な果皮の苦味としっかりとしたボディに支えられ、ほどよいバランスに落ち着いています。前年より幾分低いアルコール度数ですが、やや下方に位置した重心はもう暫くそのまま置いておきたい。本当は秋の味覚に合わせて、と言った処かな?ほんのり甘い「栗おこわ」、小布施の竹風堂まで、ひとっ走りと行きたいところです。春先ならタラの芽の天ぷら、アスパラガス、まだまだ小振りのエンドウ豆や空豆の天ぷらなどにも合いそうです。素材のほんのりとした甘みが合わせるポイントかな? ●ここでラシーヌさんのコメントを・・・・  「樹齢50年から60年のピノ・グリで、収量は例年20hl前後ときわめて低く抑えられ、生産量も2樽のみ。深い黄金色をした外観をし、花や白い果物のニュアンスをおびるたっぷりとした味わいで、複雑でフィネスがあります。アフターにアルザスワインを思わせる、わずかな残糖のある味わいに仕上がります。」 ●以下はalarの少し前のコメントです。ご参考までに・・・・・・・・・・このピノ・グリは良いですね。グリらしい、やや赤い果実のニュアンスと比較的穏やかな酸。最初から落ち着きがあってしかもゆっくりと成長していくだけの資質を備えています。アルザスにも負けない13度のアルコール分を持ちながらも、きれいな酸の存在により非常にエレガントなまとまりを見せています。この味わいは唯一無二。芝エビのカクテルなどと合わせたら無上の喜びがえられそうですね。やや甘めのドレッシングを添えたスモークサーモンなども良く合いそうです。 ●3日目ぐらいですとかなり酸味も柔らかくなりワインに優しさがでています。alarで扱っているジンランジェのピノ・グリに近いかな?力任せでなく自然な「甘さ」もなかなか良いですね。さすがに少し酸は落ちて、ハーブ系の苦みも感じられますがこれがまたひとつのキャラクターとして活きています。気に入りました!。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロ・デュ・テュ=ブッフヴァン・ブランPGピノ・グリ VdTフランス 2005 高品質,人気

クロルジャールソーミュールシャンピニィ ルポワイユ 2003 新作登場,HOT

●ル・ポワイユの2003年物です。2003年というと暑い年でしたが、インポータさんの資料によると・・「酷暑となった2003年産のワインの多くは、強いアルコール感とタニックな味わいに覆われて、酸が不足している場合がまま見られます。ところが、クロ・ルジャールの各ワインは驚くほどみずみずしく、エレガントさと上質の酸を備えており、アルコール度も12.5度前後と控えめです。2003年というヴィンテージのイメージとは全く異なった、清涼感のあるワインに仕上がっています。」とのこと、これは楽しみだ・・・・ ●で、早速・・・上のコメントの通りでした。イチゴやチェリーのタルト、で甘さ控え目。作っている一人ナディ・フコーさんはちょっと厳つ区怖い感じもしますが、作られているワインは実に優しい味わい。何となく小川軒のレーズンウイッチにもにた味わいだな・・・。タンニンが実にうっすらというか滑らか。また、若干残る樽の風味もイイ感じに絡んできます。こうしたタイプのカベルネ・フラン、このソミュールのやブルグイユでもあまり見ませんね。それ故此処が特別なのかな?これはすごいと思っているとやはりレビュー・ド・ヴァン・ド・フランスの2007年版で、このプイユは19.5点取っちゃっているじゃないですか!・・・ならば言っちゃお!サンジュリアンの味わいだこりゃ! ●元もと柔らかいせいか今がもしかすると飲み頃。あと5~6年はしっかりと熟成する可能性がありますが、そこまで我慢しなくてもイイかなと思います。2002年に引き続きクロ・ルジャール恐るべし!ですね。(2008.02.06 いのまた)  2002年物のコメントです。 ●インポーターさんの資料より、です カベルネ・フラン100%、単一の区画レ・ポワイユのブドウから作られます。畑の面積は2.7ha。此処はケイ素が混ざる粘土石灰質土壌。水捌けが良く果実の熟度が高くなります。また南向きの斜面上部に広がる区画はほかより暖かで風通しに優れ、一番早い収穫を迎える。平均樹齢は40~45年。植樹密度:6000本/ha。収穫量は35hl/ha。醗酵はセメント槽で約35日掛けて行い、ル・ブール熟成後の1年樽を使用し2年熟成させます。この間の澱引きは2回。ビン詰め後非常にゆっくりと熟成しつづける力を持っています。 ●・・・一言でと言われれば「なにも足さない。なにも引かない。唯あるがまま」長い熟成を経て今ようやく目覚めようとしているんだろうな?と言う処ながら、完全に目覚めるまではまだまだ時間が・・。静かな、控え目なとでも言えそうな味わいの中にしなやかで張りのある凝縮感。決して王冠を抱くことなくも血筋を感じる煌めき。治る事なく統べることを知る。帝王の名に連なる一本であることは間違いない。と、思うんですが、セラーで試飲したときよりも幾分閉じ気味なのかな?一本じっくりとやってみたい気もしますが、その機会はあるかな?(2007.03.11 いのまた) クロルジャールソーミュールシャンピニィ ルポワイユ 2003 新作登場,HOT

ドメーヌデグリオットVDPシャルドネ ボワラクテ 2001 お買い得,爆買い

ワインのご紹介も、まず新井さんにお願いしましょう。 INAOの規定というものは1935年に制定されたまま、物理的に今の醸造に合うように改定されていない事が残念ながら多く存在致します。AOCを取得する為にはサンプルワインを送って申請しなくてはいけないのですが、良いワインになれば成る程、熟成期間が長く(糖度が乗っているので)ワイン熟成がその締め切りに間に合わず、残念ながらAOCを取得できない事が多くあります。  特にロワールという地域では、もともとマロラティックをする醸造が一般的ではない為に、こういう問題を目の当たりにせざるを得ない地方の一つであります。 28歳の樹齢のシャルドネ100%、新樽100%使用12ヶ月熟成。まるでブルゴーニュの説明みたいです。このワインをテイスティイングした時に「ウソ、Pulignyだ!」と我が目を疑いました。ショックでした。綺麗な作りでエレガントで雑味がなくて、マロに無理がなく、樽負けしてなく、バランス良くて、嫌味がなく、美しいワインとはこうあるべきで、こういうワインが作りたかったのだ!と。ちょっと誉め過ぎでしょうか? しかし私にとってはやきもちに近い第一印象でした。 1999年にRene Mosseがシャルドネ100%のLa JouteというAC Anjouの白ワインを作り、センセーショナルに美味しかったのに、この地でシャルドネは難しいと断念。ブルゴーニュの醸造家、シャルドネのスペシャリストであったレネが、止めたなんて非常にショッキングな出来事でした。私だけでなくロワールの醸造家みんな同じ意見です。でもこのグリオットのシャルドネは、本当に嬉しい! 本当にブラボーです。 ここはブルゴーニュのように恵まれた地ではありません。お父様が醸造家に生まれた息子さんは生まれながらに畑があるのです。ましてやブルゴーニュは畑が高くて買えません。ワイン作りをしたい新しい醸造家は宝くじに当たらない限り、恵まれた畑を入手するのは困難なわけです。でも美味しいワインを作りたい情熱は皆あるのです。 そしてこれはテーブルワインのカテゴリーになるのです。ワインは名前で買うのでなく、どの醸造家がどのように作ったかで選んで頂ければ幸いです。彼等は自分達が飲みたいワインを心を込めて作っております。1500本(5樽)しかないワインの600本(2樽)を分けて頂きました。異例中の異例です。フランスでもこのワインは引っ張りだこなのですが、是非日本に紹介したいし、初回の取引なので絶対に最低この本数は確保したい!と我ままと思われようと、粘って粘ってお願いしました。何故ってこのワインが大好きだからです。是非皆様に召し上がって頂きたいワインであります。こちらのワイン、さる3月の試飲会で試飲してみた物です。改めて解説を送っていただいて、思い出したのは、黄色スモモのようなキュッとした酸味。日本のサクランボ、佐藤錦の、あの味わいです。ビオ系のワインに多いしっかりとしたミネラルの美味しさを、黄色い果実の果実味がうまくカバーしたワインであったことを、思い起こさせます。 入荷後の試飲でもこの黄色い果実のキュートで密度の濃い酸味は変わりません。また、とてもミネラル分が多くて、まだまだ堅く奥の深い物を感じます。でもこのしっかりとした堅さがなかなか捨てがたい。ちょっと冷やし目にすると、とても締まった感じの味わいが楽しめます。樽も果実味にカバーされている状態ですが、後ろにきちんと控えていて、凛としたフィニッシュは好感が持てます。確かにルネ・モスのシャルドネ、ジョットが無くなってしまったのは残念ですが、それを十分補える素晴らしいシャルドネです。(2003.05.13いのまた) ワインの名前「ヴォワ・ラクテ」はミルキィ・ウェイ、「乳の川」の意味。日本語では「天の川」となります。夜空に流れる天の川のように伸びやかでそして深遠な味わいをお楽しみ下さい。 ドメーヌデグリオットVDPシャルドネ ボワラクテ 2001 お買い得,爆買い

レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 SALE,低価

●2002年に「ジャニエール・ブラン」だったのはこれかな?先ずはインポータさんの資料から、です。   「南に向って扇状にくぼんだため日照に優れたジャニエール地区のぶどう畑。その中にある小集落の名前を付けたキュヴェで、優れた立地条件を作ったロワール川に敬意を表して「ロワールの魅力(=シャルム)」と呼びます。    収穫量は少なかったのですが、貴腐菌が着いたためシュナン特有の強さの中に、ほんのり蜂蜜の甘い香りが混ざった濃厚なタイプ。複雑な味わいときれいな酸味は、素晴らしいバランスで余韻がとても長いが特徴。」  一応、2002年のジャニエール・ブランのコメント残しておきます。 ●ジャニエールのAOCはロワール川(Loire)本流に平行して北を流れる支流の一つロワール川(Loir:最後のeがつきません)に添ったコート・デュ・ロワールのAOCにひっそりと寄り添ったところにあります。ワインはシュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後で収穫量25~30Hl/Haあまりを手摘みします。樽発酵・樽熟成。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がりになっています。 ●最初の印象で、何でこのワインをシャルドネ?と思ったのかな?ちょっとワックスの様なニュアンス、ピエール・ボージェのシャンピニヨン・マジックのような甘さかな?大きめのグラスで飲んでみるとやはりそんな感じですが、やや小振りのロワール・グラスで試してみると・・・・きっぱりと熟し気味のシュナン・ブランです。 ●微妙に残ったCO2。パイン・アップルの酸味、メロンの様な品のある甘さ。ワインにエッセンスが詰まっています。果実味が微妙に酸をさえている感じ。口に含むたびに、さびの出てきたリンゴの切り口や、シロップ漬けの黄桃、まだ若い洋なし、などなど白から黄色系の果物のいろいろな場面を想像させる微妙ながらも変化に富んだ豊かさが感じられます。押さえられたと言っても一本筋のピシリと通った酸は繊細なミネラル感を伴って決してかすむことのない伸びがあります。些か過熟?なそして樽っぽい印象も受けますが暫く落ち着くと、アンジューの深さともヴーヴレの繊細さとも異なる、少し太めなバランスの妙を見せてくれます。 ●時間とともに酸化が進み「アンジュー・ブラン」入ってきます。でも酸も高めですのでまた少しニュアンスが異なるかな?ちょと値段も気になりますが、数日間にに分けてゆっくりとおつきあい頂ければ幸いか、と。その価値があるワインです。(2005.04.16 いのまた) 本当は平気なんですが・・・・こちらのワインかなり「変な澱」がたまっています。お飲みになる際には十二分に澱を沈めて、お楽しみ下さい。お願いですから・・・ ●訂正です。思ったよりも酸化のスピードが速いようです(気温にもよるのですが)。丸2日から3日目で酸がしぼみ初めまろやかな味わいとなりますが、同時にフラットなイメージが進行します。冬場ならもう少しいけそうですが春先から秋の半ばまでは、抜栓して早めに飲んだ方が良さそうです。(2005.04.17追記) ●補足、です。こちらのランジュ・ヴァン。ノーマルではなくて張ってあるシールの如くスペシャル・キュベだそうです。斜面上部のより良いところからのブドウを使っています。但し!シールの貼ってあるのと無いのとまぜこぜに入荷しました。インポータさんからの説明ですと「張り忘れ」とのことです。こちらからの出荷分もシールの貼ってあるのと無いのとおそらくまぜこぜになります。あらかじめご了承下さい。 レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 SALE,低価

ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 お買い得,品質保証

●かなりきわどいカラーの「ロゼ・ワイン」です。ブドウはピノ・ドニス。SO2も添加してません。白ワインと同じく収穫直後にプレスして皮から色素を抽出するオーソドックスな作り方です。とりあえずは南仏のロゼのようにしっかりとしたタイプに仕上がった、とのことですので「南仏NICE(ニース)を意識してRoseのスペインなまりのJoseとしネーミングした」とのことですが、今ひとつよくわかりません。色もどうにも・・・・ ●瓶に入っているとかなり「きわどいワイン」と言う感じですが、グラスに注ぐと・・・何となくプロヴァンス、パレとかバンドール系の少しオレンジ色の入った色調です。ま、それにしても色は薄いです。で、香りには何となく蜜の甘さや赤い花の甘さが・・・もう少し冷やしておいた方が良かったかな?・・・いえいえこのくらい(おそらく12~13度)が丁度いい。酸がくっきりとしているので、あまり冷やしすぎると香りが楽しめません。オレンジやライムの柑橘系の爽やかさ、軽くミンティーなハーブのアクセントもあり、これはなかなかいけます。確かにしっかりとしてはいますが、あまりボディは強くないし、タンニンもほとんど地味だし、と言うことで、目つぶっていると思わず受けを狙って「ムニュ・ピノ!」とか言ってしまいそうです。 ●相変わらずブラインド泣かせの自然派もの、ですがワインとしては非常に良し!色合いの調子からも、先日食べ損ねた「冨山の鱒寿司」あたりをつまみで行きたいともいます。(2005.07.03 いのまた) ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 お買い得,品質保証

ドメーヌドヴェイユーシェヴェルニー ブラン アルジロ 2001 品質保証,人気セール

●1999年モノ以来となるアルジロ登場です。今年の2月ル・アーブルに行ったときに飲んで美味しかったので、インポータさんにたのんでみました。・・・赤白それぞれ5ケースずつ、入荷しました・・・・。 ●で、ル・アーブルで飲んだのはコの2001年だったのかな?やけにしっかりしているところはそのままなんですが・・・ソーヴィニヨン・ブラン主体なんですが、あれ?と言うほど落ち着きがでています。酸はこの地方らしい雰囲気を伝えつつもある種の熟成感かな?2001年で幾分果実味が控え目な分だけ樽っぽさも効いています。何となく、アルフォンス・メロのサンセールにもにているかな?樽のニュアンスよりも酸化したところの味わいでしょうか?・・・気持ち的には夏の白身魚、スズキやカマス、イサキなど・・・。塩焼きにちょこっとおろし生姜、あるいは酢橘で、などと言う感じが狙い所。何となくこの味わいは『甲州』にも似ているかな?と思う今日この頃、です。(2007.07.12 いのまた)  1999年物のコメントです。 まずは新井さんにワインのコメントをお願いしましょう。 「Argilo(argile)」というのはフランス語で「粘土」の意味。その名の通りドメーヌの持っている畑で粘土質の樹齢の古い木だけを選別して造った、一番上のクラスのワインがこちらです。天然野生酵母から発酵したソーヴィニヨン・ブラン種85%、ピノ・ムニエ種15%をブレンドし樽で熟成致しました。自然な風味を一回り大きくした味わいで余韻が長く残る白ワインです。フランスでも昔からの顧客で完売の商品。 1999年2月にワインツアー(新井さんのところの)を行い、その中の1人がこのアルジロの畑の土を持ち帰りました。ボルドーのシャトーも廻っていたので、その都度その地の土をサンプルとして日本に持ち帰りました。シャトー・ディケムもシャトー・マルゴーの土も、カラカラに乾いてしまったのに、このクニュー氏の畑の土からは苔が生えてきたとの事。やっぱりバイオダイナミックのせいでしょうか?土地の微生物が生きているれっきとした証拠なのでしょう。何かと不思議な事が多いバイオですが、その畑から生まれた白ワインです。難しい事はさておきワインの味が全てを物語っています。綺麗な雑味のない美しい味わいだと…。(こんな事書いて検疫に怒られないかな?) 試飲時のメモには「妙にポワーン?、としたワイン。空にぽっかり白い雲」と書いてあります。このあと新井さんと昔話をしたりしてきちんとメモを残していないんだな~。これでは全然わかりません!もう一度飲んでみなくては!と近々再試飲の予定です。乞うご期待。 ドメーヌドヴェイユーシェヴェルニー ブラン アルジロ 2001 品質保証,人気セール

カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 新品,お得

●今年(2011年)春のロワールのサロンにて久し振りに奥さんのカトリーヌさんにお会いして、ちょこっとワイン飲ませていただいたんですが・・・その後入荷して落ち着いたところでまた飲んでみました・・。 ●う~ん、改めて飲んだけどやっぱり美味しい・・・ニュイ・ディブレス!久し振りに付け入る隙の無いワインです・・・。某誌の番外編では文字制限があって書ききれなかったのですが・・・「僅かに紫色のエッジの混じる濃いめのルビー色。控え目ながら色を重ね合う赤い果実と少し乾燥したヨモギの様なハーブの香り。幾分金属的なニュアンスを感じさせつつもしっかりとしたミネラルの存在の予感。軽やかな口当たりと余韻に広がるタンニンとのバランス。こなれた酸は旨味を引き出し、旨味はほろ苦く果実味を引き立てる。まだまだ還元的であり充分に開いていないが準備は整っている。作り込まれたデセールには絶対表現できない「生」だけが持つシンプルな味わいが魅力。」とさせていただきました(それでもかなり字余り)・・。冬のキリリと寒い夜、瞬く星々、白い吐息・・・・これは「酔って」いられない!(2011.11.09 いのまた)    ↓こちらはかなり昔のコメントですが・・・。 ●ペリエールも良かった!ディレッタントも良かった!と言うことでブレトンの期待の新作がようやく入荷しました。その名も「ニュイ・ディヴレ」。ニュイ(Nuit)は「夜」、ディヴレ(d'Ivresse)は「酔う」と言う意味のようですので・・・何となくalar向きのワインのような気がします・・・。 ●・・・少し前のワインの試飲が長引いてしまったので、グラスに入れて20分、からスタートです。色合いは、普通のブルグイユ、やや濃いめかな?香りは・・うっ!なんと艶めかしいんでしょう!ボルドーちっくな「ミンクのコート」のようなフランの香りです。まだまだ早そうだな~。 ●こういう香りを嗅いでしまうと条件反射的に飲んでしまいます!・・・・・・・・え~、なんと表現すれば良いのか悩んでいます。困ったことに、イイ感じのピノみたいな旨味もでてきちゃっているし・・・・・じわ~と、果実味でてきますね。多少タンニンの落ち着きがないのですが、酸とミネラルの輪郭がはっきりしてくると同時に深みがでてきます。 ●現時点では抜栓後30~40分がベストの状態です。グラスに入れて暫く引っ張るれるだけの力は残念ながら持ち合わせていませんが、フランのタイトさと程良い膨らみ加減、良いバランスです。瓶で寝かせるならあと半年から1年、この辺りが、あのブルグイユの深みに届かないところです。でもかなり中枢を刺激されますね。IvresseにはExtase=陶酔と言う意味も在るようですので・・・的を得ています!(2004.04.27 いのまた) ●3日ほど経って瓶の底3分の一ぐらい残っているのを飲んでみました。やっぱりまだ美味しいです。やっぱり少し寝かせてお楽しみ下さい。今の1.3倍ぐらい楽しめそうです。 カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 新品,お得

ドメーヌルブリソー ヴェールデテ Verre D'ete AOCコトーデュロワール ロゼ 2005 お買い得,高品質

●ヴェール・デテは『夏のグラス』の意味。暑い日にきりっと冷やして飲むのがお薦めと言うことで、名付けられました。が、夏に美味しければ冬でも春でも秋でも美味しかろうと・・・・ピノ・ドニス100%のロゼ・ワインです。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌルブリソー ヴェールデテ Verre D'ete AOCコトーデュロワール ロゼ 2005 お買い得,高品質

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワロー コンテ=マール 2002 最新作,大人気

●こちらは甘口、モワローとなります。「フェルメ」よりは気持ち軽め。これはCO2のせいかな?フィリップ・パカレが来日したときに、とあるCO2含んだワインを「美味しいけど・・・」と言って瓶を指で栓してシェイクしていた、と言う話を聞いて、こちらのワインもシェイクしてみました・・・ ●・・なるほど、良い具合にガスは抜けています。そしてそのあとは・・・ウンっまい!。確かにフェルメほどのヴォリュームはないんですが余韻に感じる甘さとほろ苦さ、そしてそれを繋ぐミネラル感の確かさ。このフィニッシュにワインの誠実さが集約されています。フェルメは多分にデザートワイン的要素がありますが、こちらはメイン・ディッシュに合わせてみたい!やっぱりルメール・フルニエにはイベリコ豚が欠かせません。手近なところでは(注:alarの近所ですとイベリコ豚が手にはいるのは品川のディーン&デュリューかまで行かないと手に入れられないんです)自家製トンポーロー?それでも面倒ならお肉屋さんの赤くて甘いチャーシューで我慢です。(2005.01.12 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワロー コンテ=マール 2002 最新作,大人気

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ ドゥミ=セック 2002 人気定番,安い

●ルメール・フルニエの「ヴーヴレ」、やや甘口のドゥミ=セック版です。・・・・箱を開けるとびっくり!ネックに針金が・・・・「発泡性」のようですね!まず抜栓時は気をつけましょう。そして少し冷やして抜栓がお薦めです・・・。(いちおうスティルワインと言うことですが、ほとんどペティアンです。) ●早速の試飲です。「この針金どう見ても一本一本手作業で括ったいるんだろうな?」と思いつつ、おそるおそるコレを外し、キャップシールを切ると、全く持って液漏れ状態。でもコレが普通の状態なんでしょうね(ということで、液漏れ返品ナシ、です)。抜栓も比較的スムーズ。ポンと音は経ちますが、軽いペティアン程度でしょうか?グラスの中でも泡がまつわりつく程度で積極的な泡立ちは見られません。香りは・・・香りは間違いのないルメール・フルニエ!です。おそらく暫くリリースを遅らせて寝かせた状態だったのでしょう?果実味にリンゴの芯や花梨の香りが出ています。少し蜂蜜のような甘さもありますが・・・コレは期待ができます。 ●デミ=セックながらもそれほど甘さを感じません。残糖はあるのでしょうが酸とミネラル、そしてCO2の存在で非常に軽やか。独特の旨味もしっかりと乗っています。木樽からかな?と思わせるような苦味とも滋味とも思える独特の味わいが広がります。きっとガスの抜けた翌日(本当はデカンターでエアレーションするんだろうけど)辺りが美味しそう・・・明日の夜も楽しみです。(2004.12.21 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ ドゥミ=セック 2002 人気定番,安い

ドメーヌ・ル・ブリソー ペティ・ナット VDTフランセーズ 2004 新品,高品質

●泡付きのペティアンなんですが、一応こちらのスティルワインの項目でご紹介しています。SO2を一切使用しないで作られた「ペティアン・ナチュール」で略してペティ・ナット(Pet'nat)です。 ●インポータの新井さんのお話しでは「注ぐところからパワーあふれる泡と供にもぎたてのブドウのような香りが立ちこめ、リンゴの蜜の部分、熟れた花梨のような香りがグラスいっぱいに漂います。アタックは泡の印象とは逆にソフトクリームを食べたような感触。笑うかもしれませんがぜひ飲まれてみてください。う~ん、と皆さん同意見でしょう。ワイン自体の返り香が残りながらアタックが柔らかく、クリーミーの口の中に甘くは無いのに甘く溶け込むのです。そしてその余韻が心地よいのです。なんて不思議なワインでしょう???」と?マークを3つも付けていますね。 ●ブドウはシュナン・ブラン100%。通常のコルクの上に王冠で栓をしています。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌ・ル・ブリソー ペティ・ナット VDTフランセーズ 2004 新品,高品質

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールボンヌゾー コトー・デュ・ウー 2004 限定セール,得価

●コトー・デュ・レイヨンのAOCの中にあり固有のAOCを有するボンヌゾー。サンソニエールのボンヌゾーの入荷は久しぶり。シュナン・ブランを使った甘口白ワインですので、今飲んでもそれなりですが、じっくりと3~4年、それ以上に寝かせて楽しむのも一興です。 ●・・・・と思っていたら、こちらもワイナート誌32号で高評価。無くならないうちに一本確保しておこう・・・。 ●しっかりと甘口ですので、一人で一本開けるのには相当日にちがかかります。実際抜栓して1週間ぐらいは十分に保つのですが、他のワインの試飲もあるので、なかなか開ける機会がありません。ボンヌゾーはコトー・デュ・レイヨンのもう一つの区画、カール・ド・ショームに較べると幾分たっぷりとした力強さを感じます。カール・ド・ショームのような花の香りを含んだ華やかさとは対照的ですが、サンソニエールの物は常にさんをしっかり保っていて、力強さの中にすっと際だった透明感のある余韻を残します。 ●alarがストックしておいた1990年のボンヌゾー(当時は透明瓶)もまだクリーンな柔らかみある色調を保ったままです。お子様のヴィンテージ・ワインと言うとボルドーのグラン・ヴァンが一般的ですが、こんな甘口の一本も素敵な味わいになりますよ。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールボンヌゾー コトー・デュ・ウー 2004 限定セール,得価

ラ・カプリアデ ラ・ドゥドゥ VdTフランセーズ 2003 格安,人気セール

●フランス語の辞書を引くと「ドゥドゥ:Doudou」というのは「西インド諸島の女」となっていますが、本当にこんな訳で良いのかな?どうにも西インド諸島には縁遠いシャルドネ100%のワインです・・・・・。 ●はっきり言ってこのワインの味は「変」です。しかもとんでもなく美味しく「変」。2003年のロワール物なので「幾分残糖感があるかな」と思いつつ試飲したんですが、実際に僅かな残糖感・・・・これが妙においしく感じます。ちょっと濁った感じはパタポンとかシャソルネの気の抜けた「ポエ」、フラール・ルージュの「ミュスカ」に似た脱力系。そして味わいも・・・・「間違えて発酵始まっちゃった」系ですね。いや、美味しい。香りはフレッシュなリンゴ系、白い花、クチナシの甘さ。ミネラルもしっかりとしていますが、幾分甘いのでこのあたりはしっかりとマスクされています。何よりも酸がみしっと存在しながら丸くて、丸くて・・・スムージーです。どう考えてもこのワインはシャルドネっぽさがほとんど皆無です。 ●少し落ち着くと・・・フラットな、と言うか薄いというか、そんな印象もありますが、ほわほわ~っとした美味しさは変わりません。同時に、ワインとして果たして評価しちゃって良いのだろうか?と言う事で悩みもします。一応アルコール度数13度はあるし、アフターのふっと横切るほろ苦さと、何でかわからないけど残る余韻の長さ、そして締めるところを締めている行儀の良さは、やっぱりワインなんだろうな~。パスカル・ポテル、もしかするとニコラ・ルナール、テュイリー・ピュズラに並ぶとんでもない作り手かもしれません。特にテュイリーに似て発想が自由なんですね。言葉を換えれば「自然に忠実!」かなりヤバイ!ワインです。ボワ・ルカが美味しい訳だ!(2005.05.18 いのまた) ラ・カプリアデ ラ・ドゥドゥ VdTフランセーズ 2003 格安,人気セール

ティエリー・ピュズラキュヴェ ヴァンクゥール ヴァンキュル ロゼ 2007 得価,新品

●母に日はロゼ色に染めて・・・爽やかな味わいのロゼワインです。こちらはこの2006年が初登場となるVC/VCのロゼ。ガメィとコー(マルベック)それぞれ50%ずつで仕込んでいます。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラキュヴェ ヴァンクゥール ヴァンキュル ロゼ 2007 得価,新品