今だけお得な ジャストクール代消費税込 シャトーオーブリオン 1993 Ch acirc;teau Haut Brion 新作登場,大人気

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆ボルドー左岸地域ヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ Bordeaux Wine Vintage Chart ◆1960★★★1961★★★★★1962★★★★1963★1964★★★1965★1966★★★★1967★★★1968★1969★1970★★★★★1971★★★★1972★1973★★1974★★1975★★★★1976★★★1977★1978★★★★1979★★★1980★★1981★★★1982★★★★★1983★★★★1984★1985★★★★★1986★★★★★1987★★★1988★★★★★1989★★★★★1990★★★★★1991★★1992★1993★★★1994★★★★1995★★★★★1996★★★★★1997★★★1998★★★★1999★★★2000★★★★2001★★★★2002★★★2003★★★★2004★★★2005★★★★★2006★★★2007★★★2008★★★★2009★★★★★2010★★★★2011---2012---2013--- ボルドー左岸地域のワインの作柄を ヴィンテージチャートにまとめました。 お買い求めの際や、レストランでワイン選びの目安としてご利用ください。 近年、ボルドー左岸地域は良いヴィンテージが続いています。 ◆ボルドー左岸地域◆ フランスの南西部に位置するボルドー地方は、 高品質なワインを常に安定して生産している一大銘醸地です。 フランスAOCワインの実に1/3を生み出し、その生産量は、 チリやオーストラリア一国の生産量に匹敵します。 英国領であったこともありその名声は古くから世界中で知られ、 現在も世界のワイン市場の中心を担う地域です。 特に、ジロンド河を挟み左岸のメドック、 右岸のサンテミリオン/ポムロールは赤の銘醸地、ボルドー市街に近い グラーヴは赤と辛口白、ソーテルヌは極甘口の デザートワイン(貴腐ワイン)の銘醸地として知られ、 ボルドーの5大産地と呼ばれています。 左岸地域は、高名なメドック地区の銘シャトーを筆頭に、 まさにボルドーワインの中心となるワインが造られる地域です。 総じて、赤は、バランスの取れた味わいの、骨格のしっかりとしたワインに、 白は、果実味に上品な酸がのった誰もが飲みやすい辛口に仕上がります。 メドック地区、グラーヴ地区の伝統ある格付けシャトーの揺るぎない人気が、 その安定した味わいを裏付けています。 ブドウはローマ時代からこの地所で生えていたと思われるが、土地の一画を耕したという文書記録は、 もっとも古くて1423年のものとなる。 地所は1509年、ジャン・ド・セギュールによって購入され、 1525年、海軍大将フィリッパ・ド・シャボーの所有になった。 1525年4月、ジャン・ド・ポンタックはジャンヌ・ド・ベロンと結婚する。 ジャンヌは、オー・ブリオン領主のリブルヌ市長の娘であり、持参金として地所をジャンにもたらした。 1533年にはオー・ブリオンの邸宅を購入し、1549年にシャトーの建設が始まる。 1649年、アルノー3世・ド・ポンタック卿がオー・ブリオンの所有者となり、 ワインの人気が本格的になった。 オー・ブリオンのワインについての最初の記録は、 イングランド王チャールズ2世のワインセラーの元帳で見つかる。 1660年から1661年の間に「 Hobriono のワイン」169本が王の宮廷に収められたのである。 サミュエル・ピープスが日記に記したところによれば、1663年4月10日、 ロイヤル・オークの居酒屋でワインを試飲し「 Ho Bryen と呼ばれるフランスワインを飲んだが、 いまだ味わったことのない、おいしいワインだった」という。 1666年、ロンドン大火のあと、息子のフランソワ・オーギュストが ロンドンに「ポンタックの看板 L’Enseigne de Pontac 」という名の居酒屋を開いた。 この居酒屋は、アンドレ・サイモンによれば、ロンドンで最初に流行した飲食店であった。 ジョナサン・スウィフトが「ワイン大瓶につき7シリング」と書いている。 17世紀の終わりまでに、地所の広さは264ヘクタールに達し、 そのうち約38ヘクタールがブドウ畑であった。 ワインはしばしばポンタックの名で売り出された。 ポンタック家は多くのワイン農園を所有し、この名前を使用することもできたため、 オー・ブリオンのワインがいつ作られるようになったかは不明である。 ポンタック、しばしばも綴られ、ブランクフォールにあるポンタック家所有の、 白ワインを産出する別の地所もまた、この名前で売り出された。 イギリスの哲学者ジョン・ロックは、 1677年にボルドーを訪れ、オー・ブリオンの話を残している。 「ポンタックのワインは、イギリスで尊重されているが、最西に向かって開けた、 小高い丘の上で造られている。 地所は純粋な白い砂で、少量の砂利が混じっている。 ワインの価格が高まりつつある理由については、 「金持ちのイギリス人が、金に糸目をつけないで注文するお蔭」だと書いている。 ドイツの哲学者ヘーゲルもまた、ポンタックのワインに魅せられていたが、 彼の注文はサン・テステフの他のポンタックワインのものが知られているのみである。 フランソワ・オーギュスト・ド・ポンタックの死により、 婚姻で義理の甥となったフランソワ・ジョゼフ・ド・フュメルがオー・ブリオンの3分の2を、 3分の1をラトレーヌの領主ルイ・アルノー伯爵が相続する。 フュメル一族はまた一時期、シャトー・マルゴーをも所有していた 。 1787年、駐仏大使だったトーマス・ジェファーソンが、ボルドーを訪問する。 5月25日、彼はオー・ブリオンを訪れ、そのテロワールについて、 「オー・ブリオンの土については、かなり詳しく調べた。 砂に、丸い石や小さな石、あるいはメドックにふさわしいロームがごく少量混ざっている。 彼の記録でオー・ブリオンは、第1級ワインの産地4つの間に位置付けられている。 「3.オー・ブリオン、3分の2はド・フュメル伯爵の所有であり、 バルトンと呼ばれる商人にその収穫を売り渡した。 残り3分の1はトゥールーズ伯爵のものであり、 合わせるとシャトーは75バレルを算出することになる。」 オー・ブリオンは、第1級ワインの中では、 初めて公式にアメリカ合衆国に輸入されたワインとなった。 ジェファーソンは、この旅でオー・ブリオンを6ケース購入し、 バージニア州の自分の屋敷に送らせたのである。 フランス革命の結果、 1794年7月、ジョゼフ・ド・フュメルはギロチンにかけられ、彼の資産は分割された。 その死後、ド・フュメルの相続人はジョゼフの赦免状と没収された資産の補償を入手したが、 彼らはフランスを去った。 1801年、オー・ブリオンは、ベネヴェント公爵でもあった タレーランに売却され、彼は3年間オー・ブリオンを所有していた。 1804年から1836年はオー・ブリオンの停滞期となり、所有者が次々と代わっていき、 最後に競売にかけられたオー・ブリオンをジョゼフ=ウージェーヌ・ラリューが購入する。 1841年にはシェ・ヌフ( Chai-Neuf、「新しい酒蔵」の意)をカトラン公爵から購入して、 1694年のフランソワ=オーギュスト・ドポンタックの死以来ばらばらになっていた地所を、 元のように一つにまとめた。 ラリュー家は1923年までオー・ブリオンの所有者であった。 パリ万国博覧会開催に際し行われた1855年のボルドーワインの格付けで、 シャトー・オー・ブリオンは第1級( Premier Grand Cru )に位置付けられ、 他の3本がメドック産であった中、 ◆唯一ジロンド県でのグラーヴ産第1級格付けワイン となった。 19世紀、オー・ブリオンの価格は、他のどのボルドーワインよりも常に高価であった。 ◆シャトー・オー・ブリオン [1993] Château Haut-Brion◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:グラーヴ地区 ◆格付け:ジロンド県グラーヴ産第1級格付 ◆原産地統制呼称:AOCペサックレオニャン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン43.9%、メルロー45.4%、カベルネ・フラン9.7%、プティ・ヴェルド1% ◆栽培面積:43ha(赤)3ha(白) ◆平均収穫量:12,000〜18,000ケース(赤)800ケース(白) ◆畑の分布:2区画にわけられている ◆土壌:(砂利と粘土)(砂の下層土) ◆熟成:オーク新樽で22ヶ月間熟成 ◆平均樹齢:36年(赤)15年(白) ◆新樽比率:100% ◆収穫:全て手摘み収穫 ◆諸処理:新鮮な卵白による清澄処理はおこなうが、濾過はしない。 ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆セカンド:2007年のヴィンテージからは、 シャトー・バーンズ・オー・ブリオン⇒ル・クラランス・ド・オー・ブリオンに変更になりました。 ◆生産者:シャトー・オー・ブリオン ◆テイスティング◆ シャトーの達成と満足は、 このヴィンテージを考慮すると大変偉大なのです♪ 深い一定した色合いで、レッドベリーの 鮮烈な完熟した香りを伴うオー・ブリオンの 典型的な芳香を漂わせ、タンニンは豊潤で柔らかく、 複雑性に富み、完璧なバランスを持ちます。 シャトー・オー・ブリオンは、 特段、濃く風味も凝縮しているというわけではありませんが、 それはフィネスに重きをおいたスタイルだからです。 平凡なヴィンテージでも、愛好家を喜ばせるシルキーなタンニンを有し、 そのテクスチャーにはこの上ない貴族的な上品さがあります。 ◆同アぺラシオンの他のワインとの違いは、 20~30年経った頃から際立って現れ、良作のヴィンテージは 100年以上にわたって若い頃の輝きを保ち続けます。 今だけお得な ジャストクール代消費税込 シャトーオーブリオン 1993 Ch acirc;teau Haut Brion 新作登場,大人気

お得な5日間スペシャルプライス ラシャペルドカロン 2012 La Chapelle de Calon セール,新作登場

メーカー希望小売価格 3,400円 が SPECIALPRICE¥2,970円! お得な12.7%OFF! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Calon-Segur 2014年ヴィンテージ PP (91~93)点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA (92~94)点獲得! 2012年ヴィンテージ PP 91点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94+点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 94+点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 86点!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 87点!若い 2005年ヴィンテージ PP 93点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 88点!早めに 2003年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 95点!若い 2002年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 88点!早めに 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 91+点獲得!VP 96点!若い 1999年ヴィンテージ WA (88~89)点獲得!VP 88点!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 87点!若い 1997年ヴィンテージ WA (80)点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!若い 1995年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 85点!落ちている 1993年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 74点獲得!VP 79点! 1991年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 98点!落ちている 1989年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 87点!早めに 1987年ヴィンテージ WA 75点獲得!VP 82点!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 94点!早めに 1985年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 90点!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 75点獲得! 1983年ヴィンテージ WA 82点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 94+点獲得!VP 98点!若い 1981年ヴィンテージ WA 83点獲得!VP 85点!落ちている 1979年ヴィンテージ WA 71点獲得!VP 85点! 1978年ヴィンテージ WA 76点獲得!VP 87点! 1976年ヴィンテージ WA 78点獲得!VP 84点!落ちている 1975年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 89点!落ちている 1974年ヴィンテージ WA 69点獲得! 1973年ヴィンテージ WA 65点獲得! 1971年ヴィンテージ WA 65点獲得!VP 82点!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 80点獲得!VP 87点!落ちている 1967年ヴィンテージ WA 84点獲得!落ちている 1966年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1964年ヴィンテージ WA 75点獲得!落ちている 1962年ヴィンテージ WA 76点獲得!落ちている 1961年ヴィンテージ WA 83点獲得!落ちている 1953年ヴィンテージ WA 96点獲得! 1949年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1947年ヴィンテージ WA 96点獲得! 1945年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 1929年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1928年ヴィンテージ WA 96点獲得! 1926年ヴィンテージ WA 94点獲得! 1924年ヴィンテージ WA 92点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ サン=テステフのコミューンの最北区域にある砂礫(されき⇒砂と小石) と鉄分の多い石灰岩が底土(しはに⇒底の土・下の方の土)の カロン=セギュールは、格付けシャトーとしては最北端に位置する。 近隣のモンローズと同様にオーナーはシャトーに住み込んでいる。 無意味なことは許せず、くだらない者は相手にしないカプベルン=ガスクトン夫人が その人である。カロン=セギュールの白いシャトーは、よく目立つ。 2つの塔には珍しい丸屋根がついており、シャトーの周囲には石壁がめぐらされている。 この「クロ」は、ブルゴーニュではよく見られるが、ボルドーでは珍しい。 カロン=セギュールの歴史はローマ時代にさかのぼる。 この頃、サン=テステフのコミューンは「カロネス」として知られていた。 ワインを生産するシャトーとしての名声は、18世紀、 セギュール侯爵(こうしゃく)が発したと言われる有名な言葉によって ますます高まったことは間違いない。 彼は 「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」と 言って友人を驚かせたのである。カロンに対する彼の思い入れは、 カロンのラベルにあるハートの中に今も生き続いている (バレンタインデーのプレゼントにうってつけのラベルだ)。 20世紀の大半において、カロン=セギュールは万事うまく行っていたし、 どこから見ても一級シャトーに匹敵するほどの心動かされる ワインを生産することも多かった。 1929年、1928年、1926年には格別の成果を上げたし、 陰鬱(いんうつ⇒晴れ晴れしないこと)な1930年代にあっても、 1934年は上等だった。 1940年代後半から1950年代初めにかけての ボルドーで、カロン=セギュールが1953年、1949年、1948年、 1947年、1945年に享受したとしても魅力的な成功に匹敵する 成果を上げたシャトーはほとんどない。 もっとも、1954年以降カロン=セギュールが 本当に深遠なワインをつくったのは1982年のことである。 その間も悪くはなかったのだが、1960年代、1970年代は 最高の年の物でさえ、かすかに酸化しており、果実味がくたびれていた。 時には、カビ臭い古樽の風味があったり、渋いタンニンが多すぎたりする ものもあった。 ボルドーの消息通(しょうそくつう⇒ある方面の事情をよく知っていること) の間ではセラー内でのワインの育て方、いわるゆエルヴァージュが 原因ではないかと考えられていた。 また、瓶詰が遅すぎたとか、澱引きや古い樽の清掃が、投げやりとは 言わないまでも、丁寧でない事が多かったのだろうとも考えられていた。 1982年以降、カロン=セギュールは本来の姿を取り戻し、1990年、 1989年、1988年には上等なワインを、2000年、1996年、1995年に はたけた、はずれのワインをつくりだした。 この歴史ある偉大なシャトーは1970年代にその方向性を見失ったかに 見えたが、今では力強く立ち直り、そのワインは、スタイルこそ 大きく異なるが、コス・デストゥルネルやモンローズに迫るほどのものになっている。 ガスクトン夫人なら(在命中であれば、彼女の夫君も)こう言っただろう。 サン=テステフのすべてのシャトーのうち、カロン=セギュールが最も忠実に、 伝統的なスタイルの、長命な、成長し花開くまで時間のかかるワインを つくり続けていること。この点で異論はない。 伝統を重んじる人々には名高い1855年の格付けでは (地理的な意味合いで)最後に名があげられた、この立地の良い歴史的に 重要なシャトーの近年の作品を検討してみるようおすすめである。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆ラ・シャペル・ド・カロン [2012] La Chapelle de Calon◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 サン・テステフ村 ◆原産地呼称:A.O.C.サン・テステフ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1% ◆醸造:醗酵ステンレスタンク(18日間のマセレーション、1日2回のポンピングオーバー)ステンレスタンクにてMLF ◆熟成:16ヶ月間フレンチオーク樽熟成(3年使用樽) ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆所有者:GFA カロン・セギュール ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆コメント◆ カロン・セギュールの造るサード・ワイン。 比較的若いブドウ樹の区画から造られるため、 フレッシュでより親しみやすい味わい。 お得な5日間スペシャルプライス ラシャペルドカロン 2012 La Chapelle de Calon セール,新作登場

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2010 デュペレバレッラ 人気SALE,HOT

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2010] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 Dupere-Barrera Cotes de Provence TLM お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2010 デュペレバレッラ 人気SALE,HOT

お得な5日間 アンドレクルエ シルバーブリュットナチュール 1500ml マグナム ANDRE CLOUET SILVER BRUT NATURE NV Magnum 新作登場,新品

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ヴァン・ムスーとは?■ ヴァン・ムスーは、シャンパン、クレマンともにスパークリングワインで、 フランス語ではヴァン・エフェルヴェサン/Vin effervescent、ヴァン・ムスー/Vin Mousseuxdesuです。 シャンパーニュ以外で造られたフランスの発泡性ワインは、 すべて「ヴァン・ムスー」と呼ばれています。 「クレマン」は、瓶内二次発酵であることと、ティラージュ後9カ月以上 熟成させることが義務付けられているスパークリングワインです。 ヴァン・ムスーが、シャルマ方式など他の発酵方式でもかまわず、 熟成期間も、ほとんど制約がないこととの、大きな違いです。 ◆シャンパーニュ方式/Methode Champenoise/メトード・シャンプノワーズ◆ 瓶内二次発酵方式。最初の発酵に続き、2度目の発酵も瓶内でさせる製法。 トラディショナル方式とも呼ばれる。 ◆シャルマ方式/Methode Charmat/メトード・シャルマ◆ タンク内二次発酵方式。密閉タンク方式(Methode Cuve Close/メトード・キュヴェ・クローズ)とも呼ばれる。 スティル・ワインをタンク内で二次発酵までさせてから瓶詰めする製法。 一度に大量に造ることが出来るので、コストを抑えることが出来る。シャルマは発案者の名前。 ◆トランスファー方式/Transfer Methode/トランスファー・メトード◆ 一旦瓶内二次発酵させた炭酸ガス含有の発泡性ワインを加圧下のタンクに空け、 冷却・濾過してから新しいボトルに詰め替える方式。シャンパン方式のルミュアージュと デゴルジュマンを簡略化したもの。 ■シャンパンの分類■ スタンダードなシャンパンは、 通常、黒ブドウ:白ブドウ=7:3の割合で造られますが、 これらのブレンド方法と製造方法の違いで複雑な香味を醸し出すと共に、 以下のように、白からロゼまで仕上がり方が変わります。 ■色による分類■ ◆ブラン・ド・ブラン/Blanc de Blancs◆ 白葡萄であるシャルドネだけから造られたもの。 ◆ブラン・ド・ノワール/Blanc de Noir◆ 黒葡萄であるピノ・ノワールとピノ・ムニエだけで造られたもの。 ◆ロゼ/Rose◆ 通常のロゼは醸造段階で黒葡萄の果皮を漬け込んで造ることを義務づけられて いますが、シャンパンだけは、出来あがった白ワインに赤ワインを ブレンドしてロゼにすることが認められています。 ■味による分類(ドザージュ)■ 味については、ドザージュの際のリキュール・デグスペディションの 添加量により、甘口~辛口までの6段階に分類され、 「ブリュット」や「セック」などと表現されています。 「ブリュット(brut)」は「生のまま」という意味で、 ほとんど加糖されていない辛口のものをいいます。 これに対して「セック(sec)」は「乾いた、さっぱりした」 という意味で、シャンパンとしては比較的甘口なものをいいます。 また、最も甘口なものはドゥ(doux)と呼ばれるほか、幾つかの製造者は ブリュットよりも辛口のエクストラ・ブリュット(extra brut)と 呼ばれるものや、あるいは、砂糖(甘味)を添加しないものも造っています。 ◆エクストラ・ブリュット/Extra Brut◆ (極辛口)リキュール・デグスペディション添加量0~6g/l ◆ブリュット/Brut及びナチュラルNatural◆ (辛口)リキュール・デグスペディション添加量6~15g/l ◆エクストラ・セック/Extra sec及びエクストラ・ドライExtra dry◆ (半辛口)リキュール・デグスペディション添加量12~20g/l ◆セック/Sec及びドライ/Dry◆ (半甘口)リキュール・デグスペディション添加量17~35g/l ◆ドゥミ・セック/Demi sec◆ (ハーフ・ドライ/Half dry甘口)リキュール・デグスペディション添加量33~50g/l ◆ドゥ/Doux◆ (スイート/Sweet甘口)リキュール・デグスペディション添加量50g/l~ なお、リキュール・デグスペディション(liqueur d'expedition)を添加しない ノン・ドザージュの場合は次のような表記がなされることがあります。 「Brut Zeor」「Brut 100%」「Brut Non Dose」「Ultra Brut」「Brut de Brut」「Brut Sauvage」 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ◆神の雫に掲載◆ 人気ワイン漫画「神の雫」2011年7月14日発売号にて シルバー・ブリュット・ナチュールが取り上げられました。 作中では「倍の値が付いてもおかしくないワイン」と絶賛されております。 ◆ワイン・アドヴォケイトに初登場! ◆NV Andre Clouet Brut Nature Silver…91pt◆ 2009年末発売の ワイン・アドヴォケイト186号にアンドレ・クルエが初登場! 主にイタリアを中心に的確な味わいの表現とレポートに定評のある アントニオ・ガッローニより素晴らしいコメントと共に紹介されました。 この非の打ちどころのないエレガントなワインは 複雑性と同様に物凄い全体のバランスを示している。 気に入った! NV ブリュット、シルバーは、グランド・レゼルヴと比べ 明らかに豊かで直線的だ。 パワフルな終わりは花やミネラル、ミントに加えて果実味は より鮮明でよりハイトーンなニュアンスが長く続く。 ■死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン■に アンドレ・クルエ シルバー・ブリュットが掲載!◆! YOMIURI ONLINEでも知られる山本昭彦さんが 2008年に講談社より出版した文庫本 ■死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン■ ■飲まずに死ぬと後悔する10本■ ■一生に1度は飲みたい10本■ ■1年に1度は飲みたい10本■ に分けて 現地取材に基づく お気に入りの30本 を紹介しております。 ◆YOMIURI ONLINE紹介文◆ ■死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン■ 紹介されたシャンパーニュはジャック・セロスやクリュッグ、クリスタル コント・ド・シャンパーニュ、クロ・デ・ゴワセ等選りすぐりの30本。 発売後、関係者の方の間で話題となっているようで この本に掲載されたシャンパーニュを全て品揃えされようと 30種のシャンパーニュを探し回っている店舗様もいらっしゃられる様です。 話題を呼んでいるこの30本のシャンパーニュの中に アンドレ・クルエのシルバー・ブリュットも ■一生に1度は飲みたい10本■ として紹介されました。 ◆掲載内容全文紹介◆ ◆若者が独自の着想で醸すブラン・ド・ノワール◆ ブラン・ド・ノワールが広まらないのは、数が少なくて、高いからだ。 ブジーに本拠を置くクルエのシルバー・ブリュットは 手頃な価格で安定した品質。 若葉マークの人にすれば、 いきなりボルボの車に乗るようなものだが満足は約束されている。 1974年生まれのジャン=フランソワ・クルエは、自信と創造力にあふれている。 「22歳から始めて、わずか10年でスウェーデン王室御用達になるほどの 大成功を収めた。ハリウッドの大作映画ではなく、インディーズ映画のような シャンパン造りが認められた結果だ」 ワインの造り手は謙虚な農民ばかりだから クルエの威勢のよさはまぶしい。 映画俳優マイケル・J・フォックスに似た若者の腕には さりげなくエルメスがはまっている。 セラーに足を踏み入れると、オートクチュールのアイデアが オモチャ箱のように転がっていた。 醗酵樽はキュヴェの果汁2050リットルに 合わせて特注した小型ステンレスタンク。 区画別に醗酵させるため10基をそろえた。 5分間で空気が入れ替わる空気清浄機を入れて バクテリア汚染を予防している。熟成用の小樽は 普通の樽と内部を削った樽の2種類で実験していた。 普通の樽は果実の輪郭がぼやけているが 内部を削って木肌を新しくしたほうは凝縮されて力強い。 「僕の哲学をモダンなテクノロジーで表現している。 誰の真似でもない。すべて自分の創造力の産物だよ。 忘れていけないのは、バリックはスキン(皮)にすぎない。 ワインこそがボディ(肉体)なんだ。両者のバランスがとれて初めて 完璧なものができるのさ」 肉体のもとになるブドウ畑の大半は、ブジー北部にある斜面の中腹にある。 樹齢が高く、排水性と日照に恵まれている。 濃密で骨格のしっかりしたピノ・ノワールが生まれる。 シルバー・ブリュットのラベルはいぶし銀をベースにした古典的デザインだ。 かすかなピンクを帯びた黄金色。アンズやリンゴの蜜のふくよかな香りがあり 重心が低い。重いだけではない。 中間から終盤にかけて柔らかい質感に包まれて 振り返らずにはいられない余韻が残る。 初めての人はこれがノンドゼといわれても信じないだろう。 それくらいバランスがいい。 「コーヒーに砂糖を入れると味がわかりにくくなるだろう? ドサージュは果実の美しさをぼんやりさせる。 僕は純粋な果実を抽出することに力を入れている。 シンプル・イズ・ベスト。 ピノ・ノワールは世界で最もファンタスティックなブドウだ。 ブラン・ド・ノワールは、シャルドネとはまた違う魔法のような何かを宿している。 日本料理や寿司との相性がいいはずだよ」めちゃめちゃ抜群!!(^o^)/ 実際に、マグロのトロやカツオと合う。 エグリ・ウーリエのように引っ張りだこになる前の今がチャンスだ。 ★幸運を呼ぶ★シルバー・ブリュット★ 2004年よりラベルの色を若干深い銀に変えたところ 偶然にもこのラベルと同じ色の車を製造する メルセデス社の英国代理店の目に留まり会報誌に掲載 されました。 更には、どこかでクルエのシャンパンを飲まれた事のある スウェーデンの王様が、わざわざ蔵まで訪問にきました。 珍しいシャンパンを探していた王様に当主はシルバーブリュットを お薦めしたところ王様は大変お気に召され 【王様の60歳の誕生日のディナー】 にもご招待を受けました。 ラベルが替わった途端に2つの幸運が舞い込んだ アンドレ・クルエにとってシルバー・ブリュットは ★幸運を呼ぶシルバー・ブリュット★ となりました。 ◆アンドレ・クルエ シルバー・ブリュット・ナチュール 1500ml マグナム ANDRE CLOUET SILVER BRUT NATURE MAGNUM [NV]◆ ◆生産者欧文:ANDRE CLOUET ◆生産者欧文:アンドレ・クルエ ◆原産国:フランス ◆生産地:シャンパーニュ ◆原産地呼称:A.O.C. シャンパーニュ グラン・クリュ ◆タイプ:白・辛口・シャンパン ◆アルコール度数:12% ◆容量:1500ml・マグナムボトル ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100%(Grand Cru 100%) (2000+2002合せて40%、2004+2005合せて60%) ※ノン・ドサージュ/補糖なし シャンパンにおいて通常行われる ”ドサージュ”(補糖)を行わない良質な葡萄の個性が そのまま活かされたシルバーブリュット。 上質なピノ・ノワールのピュアな味わいが そのまま表現された、他とは一線を画す キャラクターのシャンパーニュです。 ANDRE CLOUET SILVER BRUT NATURE ■ミシュラン星付レストランオンリスト! ■スウェーデン王室御用達! ■M.エドワーズ三ツ星! ■メルセデスの会報誌にも掲載された ★幸運を呼ぶシルバーブリュット!★ ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター89点を獲得! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ パーカーポイント傑出の91点を獲得! お得な5日間 アンドレクルエ シルバーブリュットナチュール 1500ml マグナム ANDRE CLOUET SILVER BRUT NATURE NV Magnum 新作登場,新品

お得な スペシャルプライス コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2009 デュペレバレッラ 品質保証

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2009] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 Dupere-Barrera Cotes de Provence TLM お得な スペシャルプライス コートドプロヴァンス トレロンマセラシオン TLM 2009 デュペレバレッラ 品質保証

クール代 5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱4本セット 高品質,人気セール

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆輸入元:株式会社レイフォード様 ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP過去最高評価!格別!96点を獲得! ※PP過去最高評価!格別!96点獲得ヴィンテージ! ◆2010年ヴィンテージ情報◆ 2010年のヴィンテージは季節外れの低気温、 タイミングの悪い降雨、そして驚くほど晴天で暑い日々と、 生育期が極めて困難な年であったことが長く記憶に刻まれるでしょう。 収穫直前に襲った猛暑の際は、葡萄樹に十分に葉を残していたために、 果実を日焼けから守ることができました。 9月23日に始まった収穫は、10月23日に終了しました。 ブラックベリー、バラの花びら、チョコレート、 エスプレッソを思わせるアロマに、深みのある果実と土系の ニュアンスが引き立っています。 そしてまろやかでベルベットのようなタンニンは、 かすかなミネラル感とともに、シルキーなテクスチャーの中に包み込まれています。 濃色な果実の風味は、すばらしく融合された酸によって高められ、 酸とタンニンのバランスのよさは、 このワインの長い成熟のポテンシャルを約束しています。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー95点獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点97点獲得!2010年! クール代 5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱4本セット 高品質,人気セール

お取り寄せ シャトーカントメルル 2010 第5級 木箱6本セット 格安,定番人気

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆ボルドー左岸地域ヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ Bordeaux Wine Vintage Chart ◆1960★★★1961★★★★★1962★★★★1963★1964★★★1965★1966★★★★1967★★★1968★1969★1970★★★★★1971★★★★1972★1973★★1974★★1975★★★★1976★★★1977★1978★★★★1979★★★1980★★1981★★★1982★★★★★1983★★★★1984★1985★★★★★1986★★★★★1987★★★1988★★★★★1989★★★★★1990★★★★★1991★★1992★1993★★★1994★★★★1995★★★★★1996★★★★★1997★★★1998★★★★1999★★★2000★★★★2001★★★★2002★★★2003★★★★2004★★★2005★★★★★2006★★★2007★★★2008★★★★2009★★★★★2010★★★★2011---2012---2013--- ボルドー左岸地域のワインの作柄を ヴィンテージチャートにまとめました。 お買い求めの際や、レストランでワイン選びの目安としてご利用ください。 近年、ボルドー左岸地域は良いヴィンテージが続いています。 ◆ボルドー左岸地域◆ フランスの南西部に位置するボルドー地方は、 高品質なワインを常に安定して生産している一大銘醸地です。 フランスAOCワインの実に1/3を生み出し、その生産量は、 チリやオーストラリア一国の生産量に匹敵します。 英国領であったこともありその名声は古くから世界中で知られ、 現在も世界のワイン市場の中心を担う地域です。 特に、ジロンド河を挟み左岸のメドック、 右岸のサンテミリオン/ポムロールは赤の銘醸地、ボルドー市街に近い グラーヴは赤と辛口白、ソーテルヌは極甘口の デザートワイン(貴腐ワイン)の銘醸地として知られ、 ボルドーの5大産地と呼ばれています。 左岸地域は、高名なメドック地区の銘シャトーを筆頭に、 まさにボルドーワインの中心となるワインが造られる地域です。 総じて、赤は、バランスの取れた味わいの、骨格のしっかりとしたワインに、 白は、果実味に上品な酸がのった誰もが飲みやすい辛口に仕上がります。 メドック地区、グラーヴ地区の伝統ある格付けシャトーの揺るぎない人気が、 その安定した味わいを裏付けています。 ■地味ながら質の良いワインを生み出す■ パーカー氏、大絶賛!カントメルルとしては、 史上初のの94点を獲得した2010年ヴィンテージ! 『絹のような質感と優雅さと力強い美しいワイン』 とコメント♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ ちっぽけなマコー村のちょうど南に カントメルルの愛らしいシャトーがある。 有名な県道2号線(ボルドーからメドックに抜ける幹線道路)に 沿った深い樹木に覆われた公園があり、そのワインづくりの歴史は、 16世紀後半にさかのぼる。今世紀になってからの大半の期間は、 デュボ家が所有しており、ほれぼれするほど香り高い、エレガントな ワインの生地としてこのシャトーを有名にしたのは、この一家である。 しかし、資金難や一族の内紛のせいで、カントメルルは1980年、 売りにだされた。1970年代にはこのシャトーは荒れるがままに なっており、1975年以降のいくつかのヴィンテージはその影響を まぬがれ得なかった。カントメルルのセラー、シェ(ワイン蔵)、 そして、シャトーは刷新され、新しいセラーや醸造設備、最新設備を 導入したテイスティング・ルームなどがつくられた。 そしてとりわけ重要だったのは、 品質に対する真剣な取り組みがなされたことである。 1980年以前は、瓶ごとのばらつきがかなりあって、 多くのヴィンテージが、古い樽のにおいや果実味の欠如という 欠点を抱えていた。経営者が変わってから今日に至るまでの 最上のワインは1989年と1983年である。 ブドウ畑は大幅に植え替えられたため、樹齢が上がるにつれて、 品質はさらに向上するに違いない。カントメルルのスタイルの特徴は、 リッチでしなやかな果実味と、強烈で華やかなブーケにある。 畑の比較的軽い土壌と高いメルロの割合を考えると、決して超大作に なるようなワインではないだろう。カントメルルの最良の作品は、 きまって、いくばくかの芳香がある早熟タイプであり、 そのために若いうちから、申し分のない魅力がある。 ただし、高い期待が寄せられているのにもかかわらず、 カントメルルは過去10年間、1989年(92点)と 1983年(90点)ほど卓越したワインをつくっていない。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆シャトー・カントメルル [2010] CHATEAU CANTEMERLE Grands Cru Classes◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー オー・メッドク地区 ◆格付け:1855年公式格付 AOCオー メドック 第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%、 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆色:非常にドレスで濃い色を発表! ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:87ha ◆年間平均生産量:約40万本 ◆平均樹齢:約25年 ◆植樹密度:約1万本本 ◆サイズ:ダブルギヨーメドック 結実後の顔の顔をリッピングすることにより達成 ソートや、クラスタの近くに開梱して熟成の終わりに手動間伐 ◆土壌:砂利の土壌及びシリカ ◆発酵:26~28℃で6〜8日間 ◆マセラシオン:28から30日間 ◆熟成:50%が新しく追加されたそのうちのフレンチオーク樽で12ヶ月熟成 非常に軽いコラージュ。いいえ濾過は瓶詰め前に実行されません。 ◆飲み頃温度:17℃ ◆セカンドワイン:レザレー・ド・カントメルル/Les Allées de Cantemerle ◆生産者:シャトー・カントメルル/Château Cantemerle ◆コメント◆ メドック地区最南端、グラン・クリュ・クラッセ第5級ワイン。 一般的にエレガントで繊細な味わいが特徴で、 熟したプラムの香を想わせる素晴らしいブケを持つワインです。 ◆2010ヴィンテージ情報◆ 2010ヴィンテージは満たされています。 そのすべての利点のローカルのカントメルル。 ワインは複雑であり、集中し、長い余韻、終わりのない 仕上がりとの印象を残しつつ偉大な持続性と芳香。 構造は、その密度が完璧にマスターして重苦しさのない優雅さと、 強い新鮮さと味、攪拌スパイスを明らかにし、タバコ、スグリ、プルーン。 我々の名簿に記録されているといつものカントメルル! さらに豊かなPP傑出のカントメルルとしては、 史上初となる94点を獲得した2010年の偉大なヴィンテージ! ※シャトー・カントメルル公式ホームページより掲載2010年ヴィンテージ情報の詳細を抜粋 ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ カントメルルは、いつになったら神秘的な1989年、 1983年、あるいは1961年のような出来栄えを ふたたび見せてくれるのだろうか? どうしたことか、このシャトーは1970年代と 1980年代のスランプの後、完全に回復したことがない。 ワインは、よくできてはいるが、並はずれたものになることはない。 概してその格付けにはふさわしい。 ただし、読者の方は、(残念なことにめったにないが) 偉大な成功作に注意を向けるとよいだろう。 三級に比肩する作品で、まぎれもなく目を向ける価値がある。 全体からみると、品質に対する価格比には興味を持てる。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中17点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出カントメルルとしては、 史上初の94点を獲得した2010年ヴィンテージ! お取り寄せ シャトーカントメルル 2010 第5級 木箱6本セット 格安,定番人気

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ ルーチェデッラヴィテ ブルネッロディモンタルチーノ 2010 Luce della Vite Brunello di Montalcino 新作登場,安い

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Luce della Vite Brunello di Montalcino 2010年ヴィンテージ PP 94点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2008年ヴィンテージ PP 91点獲得!飲み頃 2007年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!若い 2005年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 96点!飲み頃 ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ※神から与えられた光♪ルーチェ ■ワインへの情熱と卓越した醸造技術から生まれたワイン■ ルーチェ・デッラ・ヴィーテは、1995年に、 ヴィットリオ・フレスコバルディとロバート・モンダヴィという、 ワインへの情熱と、卓越したワイン醸造の技術を持った、 20世紀を代表する二人のワイン醸造家によって 創設されたワイナリーです。 ヴィットリオの息子、ランベルト・フレスコバルディは、 父とモンダヴィが持っていた高い志と成功への確信を引き継ぎ、 これを、未来へと推進する栄誉を担っています。 現在、このワイナリーは、 マルケージ・フレスコバルディのホールディング・カンパニー、 テヌーテ・ディ・トスカーナの所有となっています。 ■神から与えられた光♪ルーチェ■ 輝く太陽とそれを取り巻く12の炎を持つコロナ。 中央イタリアの都市を訪れる人々は、フレスコバルディ家が 寄進した土地に建てられた、フィレンツェのサント・スピリート 教会の祭壇を始めとする、歴史的な建物の柱や扉に、 その太陽の紋章が刻まれているのを目にすることでしょう。 この太陽は、神から人類に与えられた光を意味しています。 ぬくもりを与え、生物を養い、ワインを構成する要素を創造する力。 その光によって、モンタルチーノの恵み豊かな土地で、 サンジョヴェーゼとメルローというブドウに力が満ち、 ルーチェというワインが生み出されるのです。 Luce della Vite社のブドウ畑77ヘクタールの内、 5ヘクタールがブルネッロ・ディ・モンタルチーノD.O.C.G. として正式に登録されています。 この畑で生まれるブドウは「Luce Brunello」として誕生し、 由緒あるこの地でしか進む事の出来ない道を 歩んで行くことになります。 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノは1800年代後半に生まれ、 1980年にイタリアでいち早くDOCGの呼称を認められた イタリアを代表する秀逸したワインです。 世界的に専らサンジョベーゼ種の品質価値が認められていた Brunello di Montalcino(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ) の地で、Marchesi de’ Frescobaldi (マルケーゼ・ディ・フレスコバルディ)家と Robert Mondavi(ロバート・モンダヴィ)家のコラボレーション によって初めて実現した革新的なひとつの「作品」ともいえるのが このワインなのです。 2002年からは、一切の責任が委ねられた Lamberto Frescobaldi(ランベルト・フレスコバルディ)が、 この地に由来するサンジョヴェーゼ種という伝統品種と、 モンタルチーノに1976年に導入されたメルロー種の融合を 遂げた「Luce」の歴史を刻み続けています。 ※ヴィットリオ・フレスコバルディ氏フィレンツェ生まれとロバート・モンダヴィ氏ヴァージニア州ミネソタ生まれ ◆ルーチェ・デッラ・ヴィテ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ [2010] Luce della Vite Brunello di Montalcino◆    ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 モンタルチーノ地区 ◆原産地呼称:D.O.C.G. ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ100% ◆アルコール度数:15% ◆容量:750ml ◆合う料理:牛肉や子羊のローストなど ◆土壌:ガレストロ、砂石 ◆収穫方法:手摘み ◆収量:1ヘクタールあたり37hl/ha ◆生産総本数:20,000 本 ◆収穫時期:10月第1週 ◆収穫時糖度:261g/l ◆収穫時酸度:6.70g/l ◆収穫時PH度:3.35 ◆発酵:タンクステンレス製 Inoxタンク温度管理機能付き ◆発酵温度:30℃ ◆発酵期間:12日間 ◆マセラシオン期間:4週間 ◆発酵:マロラクティック発酵バリックにて完了 ◆熟成:フランス製オーク材使用済バリック90%、スラブ産オーク材新大樽10% ◆熟成期間:大樽とバリックにて36ヶ月 ◆ボトリング:2013年7月瓶詰め ◆酸量:5.88g/l ◆PH度:3.56 ◆セカンド:ルチェンテ ◆ワイナリー名:ルーチェ・デッラ・ヴィーテ ◆生産者:フレスコバルディ&ロバート モンタヴィ ◆テイスティング◆ 濃く赤いガーネットの色調を持ち、 深みのある魅惑的ブーケは、野生のダーク・ベリー、 ブラック・ベリー、黒スグリに加え、黒いリコリスが広がり、 アイリスや甘いスミレの花とともに香り立ちます。 この香りは、地中海地方の灌木地のような、豊かなアロマとなって、 最後は焦がした樽やクローヴ、香ばしいエスプレッソや ダーク・チョコレートの複雑な印象で締めくくられます。 口に含むと、豊かでフルボディな味わいが、エレガントで誘惑的です。 ビロードのように滑らかでたっぷりとしたタンニンに支えられ、 とても長く、広がりのある余韻へと続きます。 力強さとエレガントさと複雑さを兼ね備えたワインです。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!94点獲得!2010年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!100点を獲得した2010年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ ルーチェデッラヴィテ ブルネッロディモンタルチーノ 2010 Luce della Vite Brunello di Montalcino 新作登場,安い

お得な5日間 シャトーシトラン 2011 6本セット 限定SALE,豊富な

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ 1855年のジロンド・ワインの格付けに入らなかった シャトーの中から1932年に444のクリュ・ブルジョワ級 シャトーが3つのカテゴリーに分類され、リスト化された。 この格付けを更新しようという取り組みのもと、 新しい格付けが「サンディカ・デ・クリュ・ブルジョワ」 と呼ばれるブルジョワ級シャトーの組合によって1966年に発行された。 ※サンディカ(1978年の組合) 最近の成果は1978年に発行された128シャトーの改訂版リストである。 18のシャトーが「グラン・ブルジョワ・エクセプショネル級」の地位を 与えられ、41が「グラン・ブルジョワ級」の地位を授けられ、 68が「ブルジョワ級」に指定されている。 ■2003年6月に従来の400銘柄から更新され、 計247銘柄へと変わる大改訂が行われた。 ◆クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル級(9銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ・シュペリュール級(87銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ級(151銘柄) この公的な格付けはシャトー側から申請のあったもののみ 審査されるため、ソシアンド=マレ(オー・メドック)のように 申請を行わなかったシャトーは、誰もが品質を認めるもの であっても格付けからは漏れることになります。 ※選外になったからといって かならずしも品質が落ちたとは限りません。 クリュ・ブルジョワ級、トップクラスの実力派ワイン! 濃密な果実味の親しみやすい味わい♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■  日本企業による買収から10年(1987年から1997年)で、 このシャトーのワインの品質は急上昇した。 この成功にもかかわらず、シトランは精力的な ジャック・メルローが経営する ソシエテ・ベルナール・タイヤンに売却されてしまった。 セラーの修復、新しい所有者の肩入れ、新樽比率の引き上げ、 選別をより厳密にしたこと(その結果としてセカンド・ワインを 導入したこと)、そして総合的な優れた運営によって、 最近数年間にわたってすばらしいワインを生み出すようになった。 批判すべきところがあるとすれば、新樽の使用率をあげたために、 ワインに唐突で、いぶしたような、ほとんど焦げたような特徴を 与えたことだろうか。 繊細さと微妙さを持つクラレットを好んでいた人たちは、 この派手な力強さには気をそがれてしまう恐れがある。  それでも新しいヴィンテージは10年まではうまく熟成する だろうし、シトランが以前に生産したどのワインにも増して 著しく興味深く、心地よいワインである。 伝統的で暗い感じのシャトー・シトランの瓶から、 新しいデザイナーによる人目を引くラベルのついた ラベルに替わったことで、値段がじりじり上がったことも 指摘しておこう。 ここはブルジョワ級のシャトーでも最上級の1つで ワインはしばしば格付けシャトーをしのぐ。 2000年、1996年、1990年、1989年 といったヴィンテージは最高級である。 ■※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用■ ◆シャトー・シトラン [2011] Château Citran◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆格付け:クリュ・ブルジョワ級(2003年の格付けでブルジョワ・シュペリュール級に格上げ) ◆ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン43%、メルロー49%、カベルネ・フラン8% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:90.0ha ◆平均樹齢:28年 ◆植樹密度:6,600/ha本 ◆平均収量:43hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で24日間。 ◆熟成:オーク樽熟成12~16ヶ月(新樽比率40%)清澄も濾過も行う。 ◆ファーストラベル:シャトー・シトラン(30万本) ◆セカンド・ラベル:ムーランド・シトラン(20万本) ◆飲み頃の続く期間:収穫後6~14年 ◆所有者:SA シャトー・シトラン メルロー家 ◆テイスティング◆ 着実に評価を上げている オー・メドックの人気シャトー! 十分なタンニンによるコクと それでいてしなやかな舌触りが楽しめる銘品で、 カシスのような黒系果実の凝縮感のある香りに、 スパイスやキノコ、なめし革、腐葉土など複雑なニュアンスが感じられます。 濃密で豊かな果実味が中心で、酸やタンニンは程よく、 親しみやすい雰囲気を持っています。 ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 84点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!84点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 89点獲得!2011年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点90点獲得!2011年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点獲得!2011年ヴィンテージ! お得な5日間 シャトーシトラン 2011 6本セット 限定SALE,豊富な

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ シャンボールミュジニー 2013 DOMAINE DROUHIN LAROZE CHAMBOLLE MUSIGNY 定番人気,2016

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■世界で最もエレガントな「絹のワイン」 シャンボール・ミュジニー♪ モレ・サン・ドニの真南に、 このシャンボール・ミュジニー(Chambolle-Musigny)がある。 現在、赤ワインのみ(年産450kl)のA.O.C.になっている。 この村も、例によって1875年に村一番の美田であるミュジニー (Musigny)ぶどう園の名称をつけ加えたものである。 もしこの村に素晴らしいミュジニーぶどう園がなかったらば、 おそらく現在ほどこの村の南側に位置し、ワインは(赤)は 天下の逸品と称せられ、多くの専門家の間で「絹のワイン」の 異名があるとおり、優美な色調と柔和で繊細な味わい、 フランボワーズとスパイスを織り混ぜたような、絶妙なブーケがある。 このぶどう園は数名の所有者によって分割されているが、 なかでもヴォギュ伯爵(Comte de Vogue)が大所有者の1人である。 彼はこのぶどう園の大部分を所有しているのみならず、質においても ミュジニー最良のワインを出荷している。ヴォギュ氏の他には アドリアン・エ・ロブロ(Adrien et Roblot)や クレール・ダュ(Clair-Dau)の両氏も有名で、ともに元詰のワインを 出荷している(1985年にクレール・ダュ氏所有のぶどう園を ルイ・ジャド社が買収している)。 シャンボール・ミュジニー村には、もうひとつの優秀赤ワインに ボンヌ・マール(Bonnes-Mares)がある。このぶどう園は ミュジニー村の北側にあり、モレ村にまたがっている。 ボンヌ・マールは質が優秀であるのにもかかわらず、不思議なことに、 諸外国ではあまり人気がない。それはフィッサン(Fixin)の場合と 同じく、ワインの名称のフランス語による発音が諸外国の 一般の人にはむずかしいことが、その原因のひとつとなっている。 シャンボール・ミュジニーはレザムルーズ(Les Amoureuses) という第1級の赤ワインも生産する。 「恋する女達(Womaen in Love)」の意味で、ずいぶんしゃれた 名前をつけたものである。前述のぶどう園では赤ワイン以外に 少量の辛口良質ワイン(白の特級)も産出する。その原料はシャルドネ (Chardonnay)で、産量が少なく良質なので高価である。 ●特級のクリマ (1) ミュジニー/Musigny(2) ボンヌ・マール/Bonnes-Mares ●第1級のクリマ (1) オー・ボー・ブリユン/Aux Beaux Bruns(2) レ・コンボット/Les Combottes(3) デリエール・ラ・ラグランジュ/Derriere-la-Grange(4) レ・フユエ/Les Fuees(5) レ・ボード/Les Baudes(6) レ・グロゼイユ/Le Groseilles(7) レ・シヤトロ/Les Chatelots(8) レ・ゾードワ/Les Haut-Doix(9) レ・フースロット/Les Fousselottes(10) レ・ノロワ/Les Noirots(11) レ・クラ(部分)/Les Cras(12) レ・サンテイエ/Les Sentiers(13) レ・グリュアンシエ/Les Gruenchers(14) ラ・コンブ・ドルヴォー/La Combe dOrveaux(15) レ・ラヴロット/Les Lavrottes(16) レ・シャルム/Les Charmes(17) レ・プラント/Les Plantes(18) レ・シャビオ/Les Chabiots(19) オー・コンボット/Aux Combottes(20) レ・カリエール/Les Carrieres(21) レ・ザムルーズ/Les Amoureuses(22) オー・ゼサンジュ(部分)/Aux Echanges(23) レ・ボルニツク/Les Borniques ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ◆ジュヴレ・シャンベルタンの由緒ある銘醸ドメーヌ◆ 珠玉の所有畑を誇る名門ドメーヌで、 1850年にジャン・バプティス・ラローズ氏が ジュヴレ・シャンベルタンの地にブドウ畑を取得したのが、 このドメーヌの始まり。 1919年にラローズ家のスーザン・ラローズ氏と、 シャンボル・ミュジニー村のアレクサンドル・ドルーアン氏が結婚し、 「ドルーアン・ラローズ」が誕生しました。 ミュジニー、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、 シャペル・シャンベルタンという錚々たる特級畑を所有しています。 エレガントでパワーがあり、芳醇なアロマとフィネスを 兼ね備えたワインを生み出し、世界中のワイン愛好家を満足させています。 ※オーナー:フィリップ・ドルーアン氏 ◆ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ シャンボール・ミュジニー [2013] DOMAINE DROUHIN LAROZE CHAMBOLLE-MUSIGNY◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆原産地統制呼称・格付け:A.O.C.シャンボール・ミュジニー ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・シャンボール・ミュジニー) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:16℃ ◆熟成:オーク樽熟成18ヶ月(1年使用樽) ◆生産者:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ◆テイスティングコメント◆ 輝きのある紫を帯びたルビーレッド。 深みのあるやや濃い目の色調、粘性は中程度より高め。 香りにはブラックチェリーや小粒の赤い実、アカシア、 スミレ、バラのドライフラワー、スパイス香。 加えて熟成によるなめし革、タバコ、ジャーキー、 樽由来のロースト香、インク、鉄、ミネラル、 森の下草のニュアンスが複雑性や奥行きを与える。 洗練された芳香。アタックはソフトでなめらか。 豊富なミネラルを含む豊かな果実味で しっかりとした酸味が味わいを支える。 瑞々しく、華やかな果実感とスパイシーなオークとの調和が素晴らしく、 味わいがぶれない。溶け込んだタンニンはアフターにかけて 存在感を示し、ミネラルとともに骨格を形成。 背筋がピンと伸びるような心地よい緊張感、 凛とした強さが感じられる。フルボディにして全体にエレガントなスタイル。 余韻は長め、果実とオークのフレーヴァーが持続し、ポテンシャルが高い。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2013年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス ドメーヌドルーアンラローズ シャンボールミュジニー 2013 DOMAINE DROUHIN LAROZE CHAMBOLLE MUSIGNY 定番人気,2016

お得な15日間スペシャルプライス ガバルダ ドス 2011 Gabarda 2 驚きの破格値,最新作

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆カリニェナの野ばら!ガバルダ◆ ボデガス ガバルダは、 アラゴンの州都サラゴサの南45kmに位置します。 ボデガス イグナシオ マリンが、以前ここで ワイン造りをしていたボデガス ロマブランカから、 畑や醸造設備をそのまま引継ぎワイン造りをしています。 イグナシオ マリン家は、カリニェナで屈指の家族経営の生産者で、 その歴史は1903年まで遡ることが出来ます。 創始者であるイグナシオ マリンの時代から、代々引き継いできた 技術と経験を、新たなプロジェクトとなるボデガス ガバルダでの 葡萄栽培からワインの醸造までに生かしています。 95haからなる葡萄畑は、大陸性の影響を受けた乾燥した気候で、 冬は寒く、夏は非常に暑く、降雨量が少ないのが特徴です。 土壌は、粘土と石灰質で非常に水はけがよく、葡萄の栽培に適しています。 葡萄品種は、テンプラニーリョ、ガルナッチャ、シラー、 メルロ、シャルドネ等を栽培しています。 畑の管理の重要性を重んじ、自然環境に配慮しながら、 現代的な栽培技術を取り入れています。 この場所には大昔から、“Gabarda” (ガバルダ、野バラの意味)が 自生していたことから、畑はGabardosa = 野バラの土地と呼ばれ、 そこから出来るワインをGabardaと名付け、ラベルにも描かれています。 ◆ガバルダ ドス [2011] Gabarda 2◆ ◆原産国:スペイン ◆生産地:北部カリニェナ ◆原産地呼称:D.O.CARINENA ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:ガルナッチャ、テンプラニーリョ、シラー ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆生産者:ボデガス ガバルダ ◆インポーターコメント◆ カリニェナの中心にある自家畑から収穫された ガルナッチャ、シラー、テンプラニーリョを 別々に醸造し、その後ブレンドしています。 低温(9度)に保って4日間、発酵前の醸しを行ないます。 その後、ステンレススチールのタンクで、 温度管理の下、発酵します。 熟成は、オーク樽で3ヶ月間行ないます。 色は、チェリーカラー。赤や黒の果実の強く濃縮された香り。 フレッシュで、食欲をそそります。 生き生きとして、表情豊かで、個性的です。 BODEGAS GABARDA CARINENA 2011 Gabarda dos お得な15日間スペシャルプライス ガバルダ ドス 2011 Gabarda 2 驚きの破格値,最新作

完全予約 ザマッカラン シェリーオーク 30年 700ml 木箱入り 定番,HOT

※決済方法限定(代金引換・銀行振込) ※御予約商品のご注文内容の変更やキャンセルは、お受けできませんので、 予め何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 ※サントリー様に分けてもらえる可能性が若干ございますので、お問い合わせにてご確認ください。 期間限定完全予約販売のため、ポイントは付きません。送料、代引手数料がかかります。 ※世界的にも僅少で他の店では20万~30万もします。 ザ・マッカランを象徴する華やかで ラグジュアリーな味わいが特徴の ◆シェリーオークシリーズ◆ 自社で原木の選定から製樽まで徹底管理してつくられた シェリー樽で熟成された原酒のみを使用した贅沢な逸品です。 シェリー樽原酒由来のドライフルーツを思わせる甘みとかすかなスパイス、 重厚で華やかな香りが特徴のシングルモルトウイスキーです。 ◆シェリーオークとは◆ シェリー樽、スペインのヘレス特産の 酒精強化ワイン、シェリーの熟成に使った樽。 オーク樽は、その名前のとおり「Oak=樫」の木で製造した樽の事です。 ◆ファインオークとは◆ ファインオークというシェリー樽で熟成した物と、 バーボン樽で熟成した物をヴァッティング(混和)したモルトウイスキーです。 「ファインオーク」はスパニッシュオークのシェリーと アメリカンオークのシェリーにバーボンカスク(樽出し)の 3種類の樽で熟成された原酒を使っているそうです。 ◆カスクストレングスとは◆ 蒸溜機から溜出してくる蒸溜新酒(ニューポット)を、 樽に詰めて熟成させ、熟成のピークに達したら、直接瓶詰めする、 そのときのアルコール度数のこと。アルコール度数は、 熟成中に1樽ごとに異なってきます。 したがって同一蒸溜所で、同一期間に蒸溜した酒のすべてが、 同一カスクストレングスで仕上がる可能性はごく少ないといえます。 いわいる、カスクストレングスは、樽出し、 加水をせずに、そのまま瓶詰めした(原酒)モルトウイスキーです。 ◆原産国:スコットランド ◆アルコール度数:43.0% ◆容量:700ml ■香味の特長■ ◆色=非常に濃いマホガニー色。 ◆香り=リッチなシェリーとオレンジ、ウッドスモークの力強さ。 ◆味わい=濃厚でリッチ、ドライフルーツとウッドスモーク。 ◆アフターテイスト=非常に長くリッチ。スパイスとオレンジの芳醇な余韻。 厳選されたシェリー樽で最低30年間熟成させた原酒のみを使用。 世界的にも希少な30年もののザ・マッカラン♪ 完全予約 ザマッカラン シェリーオーク 30年 700ml 木箱入り 定番,HOT

お得な スペシャルプライス シャトーポタンサック 2008 クリュブルジョワエクセプショネル級Chateau Potensac Crus Bourgeois Exceptionnels 2016,人気

メーカー希望小売価格 4,300円 が 特別価格!3,740円! ■レオヴィル・ラスカーズのスタッフが手掛ける、 格付けシャトー並みの品質を持つ実力派ワイン■ 現在ポタンサックには格付けがありません。 元々はブルジョワ級のシャトーでしたが、 2003年にはブルジョワ・エクセブショネル級に 昇格しました。 しかし、2009年にはブルジョワ級の申請を 行わず辞退しています。 実はポタンサックは、 シャトー・レオヴィル・ラスカーズのオーナー、ドゥロン家の所有。 ワイン造りはレオヴィル・ラスカーズのスタッフが行っており、 醸造コンサルタントにはミッシェル・ロラン氏を招き入れています。 以前から、品質の高いシャトーとして知られていましたが、 近年ではソシアンド・マレなどとともに、格付け外のワインの中で 確固としたクオリティを確立し、 格付けシャトーと同等以上の扱いを受けています。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著 1970年大半ばから、ポタンサックは、ミッシェル・ドロンと (2000年からは)その息子ジャン=ユベール(サン=ジュリアンの 名高いレオヴィル=ラス・カーズとポムロールのヌナンの所有者 でもある)のひらめきある力強い指導力のもとで、 明らかに格付けワイン並みの品質のワインをつくり上げてきた。 この広大な畑は、サン=ティザンの近くに位置し、メドックの この地区に見られる品質のレベルをはるかに超えたワインを 産出しており、これはドロン家の人々とメートル・ド・シェ (醸造責任者)ミッシェル・ロランの努力の賜物である。 ここのワインは、ドロンのワインの特徴である豊かさと、 カシスとベリーのような個性を持ち、優れた骨組みがあり、 すばらしい純粋さと、バランス、そして驚異的な熟成の 可能性を示している。 メドック北部のこの地域がこのような品質のワインを生産する ことはまれだが、ドロン家は一貫して、ポサンサックでこれを やり遂げている。 ドロンはまた、ポタンサックのセカンド・ラベルに相当する 一群の畑をほかに所有している。数年前までポサンサックは いくぶん通向けのワインだったが、もはやそうではない。 だが、このワインは、熱心なボルドーの愛好家なら、 ためさなければ、おかしいとさえ言える、 高品質なワインである。 探すべきヴィンテージには、2001年、2000年、1998年、 1996年、1995年などがある。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から掲載文引用 ◆シャトー・ポタンサック [2008] Chateau Potensac◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 メドック地区 ◆村名:オルドナック村 ◆格付け:2003年格上げ クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル級 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー25%、カベルネ・フラン15% ◆畑面積:57ha ◆平均樹齢:30年 ◆植樹密度:8,000本 ◆平均収量:55hl/ha ◆醸造:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリートのタンクで15~18日間。 ◆熟成:新樽10~15%で12~16ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆所有者:ドュロン家/Delon ※ラムチョップグリル ◆テイスティング◆ ミネラル豊富で鉄分も感じられる味わいですが、 ラス・カーズのような強靭なボディーでなくより、 しなやかでまろやかな味わいをお楽しみいただけます♪ 格付けの5級に格上げにするべきと誰もがいうほど、 高評価!高品質!一度試してみる価値があります。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出の92点を獲得した2008年ヴィンテージ! お得な スペシャルプライス シャトーポタンサック 2008 クリュブルジョワエクセプショネル級Chateau Potensac Crus Bourgeois Exceptionnels 2016,人気

お得な5日間↓値下げ↓ オーパス ワン 2005 豪華2本セット 本物保証,人気SALE

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2005] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン88%、メルロー5%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1% ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆スキンコンタクト:29日(フランス語でマセラシオン・ぺリキュレールと呼ばれる醸造方法) ◆樽熟成:フランス産オークの新樽で18ヶ月間 ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ※牛ハラミ肉のグリルステーキ ◆2005年テイスティングノート◆ 2005年は、春の雨が 5月になっても降り続き、 11月2日の収穫終了まで、果実は低温でゆっくりと成熟しました。 魅惑的なガーネット色の2005年オーパスワンは、 凝縮したブルーベリー、バラの花びら、白トリュフ、 リコリス、ナツメグの香りが感じられます。 カシス、ブラックオリーブ、ラズベリー、 ダークチョコレートの風味が、長く後味となって続きます。 ※Opus One International JP 公式ホームページより掲載文引用 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中18点獲得!2005年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中18点を獲得した2005年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター90点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー92点獲得! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点93点獲得!2005年! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 94点獲得!2005年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2005年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!95+点獲得!2005年ヴィンテージ! お得な5日間↓値下げ↓ オーパス ワン 2005 豪華2本セット 本物保証,人気SALE

お得な5日間↓トリプル値下げ↓スペシャルプライス シャトーカマンサック 2009 第5級 グランクリュクラッセ CHATEAU CAMENSAC GRANDS CRU CLASSES 送料無料,最新作

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ 2014年ヴィンテージ 88~90点獲得! 2013年ヴィンテージ 76~80点獲得! 2012年ヴィンテージ 86点獲得! 2011年ヴィンテージ 77点獲得! 2010年ヴィンテージ 87点獲得! 2009年ヴィンテージ 89点獲得! 2008年ヴィンテージ 87点獲得! 2006年ヴィンテージ 87点獲得! 2005年ヴィンテージ 87~88点獲得! 2004年ヴィンテージ 87~89点獲得! 2003年ヴィンテージ 89点獲得! 2002年ヴィンテージ 86点獲得! 2001年ヴィンテージ 86点獲得! 2000年ヴィンテージ 89点獲得! 1999年ヴィンテージ 87点獲得! 1998年ヴィンテージ 86~87点獲得! 1997年ヴィンテージ 86点獲得! 1996年ヴィンテージ 85~86点獲得! 1995年ヴィンテージ 85点獲得! 1994年ヴィンテージ 78~82点獲得! 1982年ヴィンテージ 70点獲得! ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓でワインを 楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■ボルドー第4版■ カマンサックは、1855年の格付けシャトーの中では 最も知名度が低いものの1つである。 サン=ジュリアンの西にあるサン=ローラン村という、 かなり奥まったところに位置していることも理由の1つだろう。 さらに言えば、1970年代までずっと変わらず凡庸なワインを つくってきたことが、総じて人々の関心を遠ざけてしまった。 しかし、カマンサックの事態はよいほうへ変化してきた。 カマンサックの復興を担ったのはフォルネール兄弟である。 彼らは1965年にこのシャトーを買収すると、ブドウの植え替え、 シェ(ワイン蔵)と醸造設備の刷新という費用のかかる仕事に 取り組んだ。 フォルネール兄弟はスペインのリオハ地方にも マルケス・デ・カセレスというワイナリーを所有しており、 そこでつくられるモダンなスタイルのワインによって良く知られている。 ◆シャトー・カマンサック [2009] CHATEAU CAMENSAC GRANDS CRU CLASSES◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メッドク地区 サン・ローラン村 ◆格付け:A.O.C.オー・メドック 第5級 グラン・クリュ・クラッセ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40% ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆土壌:主として粘土だが、色々な種類の下層土上に深い砂利の層 ◆畑面積:75ha ◆醗酵:コンクリート製、マロラクティック醗酵 ◆熟成:18ヶ月 ◆新樽比率:35~70%、残りはワイン樽で保存期間は17~20ヶ月 ◆平均樹齢:約30年 ◆収穫:手摘み ◆清澄:新鮮な卵白 ◆セカンドラベル:ラ・クロズリ・ドゥ・カマンサック ◆生産者:GFAデュ・シャトー・カマンサック ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ カマンサックのワインはスタイルが軽くなり、 しなやかさと果実味を強調したものになった。 カマンサックはより良質のワインをつくるようになったが、 五級シャトーを代表するほどのものではない。 確かに良質の果実味、ミディアムのボディ、よいヴィンテージなら 10年間はセラーで寝かせるに十分なタンニンといった、ある種の サン=ジュリアン的な特徴を持っている。 1980年代終わりに私が行ったテイスティングでは、 湿った段ボールのようなにおいがするワインが多かったが、 この問題は1990年代になって改善された。 凝縮感と、率直で四角四面なスタイルを持つワインになっている。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中15点獲得!2009年ヴィンテージ! ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中15.5点獲得!2009年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16.3点を獲得した2009年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中16.5点獲得!2009年! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17点獲得!2009年! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 85点獲得!2009年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 87点獲得!2009年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー88点獲得! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 88点獲得!2009年! ※オーストラリア、シドニーに拠点を置くプロのワインライター、評論家、裁判官 ■ワイン評論家フオンフック氏の評価■ Huonhooke.com 高得点89点獲得!2009年! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2009年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家93点を獲得した2009年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!90点を獲得した2009年ヴィンテージ!! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良89点を獲得!2009年ヴィンテージ! お得な5日間↓トリプル値下げ↓スペシャルプライス シャトーカマンサック 2009 第5級 グランクリュクラッセ CHATEAU CAMENSAC GRANDS CRU CLASSES 送料無料,最新作

お得な5日間スペシャルプライス ランコーレ 2009 RANCORE ムンクの叫び SALE,豊富な

メーカー希望小売価格 6,900円 が SPECIALPRICE¥4,980円! お得な27.9%OFF! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆イタリアのピノ・ネロとは?!◆ イタリアのピノ・ネロ/Pinot Neroは、 フランスのピノ・ノワール/Pinot Noir、 ドイツではシュペートブルグンダー/Spatburgunderと 呼ばれており、非常に有名なブドウ品種です。 現地イタリアで入手できるのは フィレンツェのレストラン6件と ボルゲリにあるワインショップ1件のみ! フランシス・フォード・コッポラ (⇒カリフォルニアワイン生産者)からの誘いを断った男! サンジョヴェーゼの巨匠、アンドレア・パオレッティが 造る、極少量生産のスーパーマイクロトスカーナ! ムンクの「叫び」がエチケットに描かれ、 「恨み」と名付けられたトスカーナワイン! 「ランコーレ」 アンティノリを始め、オルネライア、イゾレ・エ・オレーナ、 カイアロッサなど数々の有名ワイナリーにて栽培を指導してきた パオレッティ氏が自ら手掛け、コンサルタントとしてでは 表現しきれなかった自分の哲学を100%反映させた 年産約5000本の珠玉(しゅぎょく)のワイン です。 トスカーナの土着品種であるサンジョヴェーゼの他、 パオレッティ氏が「上品なフランスの女性の様」と形容する 伊:ピノ・ネロ(仏:ピノ・ノワール)がブレンドされているのも特徴です。 ※ANDREA PAOLETTI(アンドレア・パオレッティ) かつてアンティノリの栽培を全て任されその後世界中をコンサルタントとして 飛び回る栽培・醸造コンサルタント「アンドレア・パオレッティ」。 アンオレア・パオレッティはアンティノリの栽培家から1995年にフリーに転身し、 現在はオルネライア、イゾレ・エ・オレーナ、カイアロッサなどトスカーナの トップワイナリーを始めとする、数々のワイナリーにてコンサルタントを 行なっております。 アンドレア・パオレッティには、 カリフォルニアのプレミアム・ワイン 『ルビコン』で知られる映画監督フランシス・フォード・コッポラからの 依頼をあっさりと断った。 という面白いエピソードがあります。 このエピソードはパオレッティの人柄を良く現わしており 『キャパシティ以上の仕事を受けると仕事の質が下がる。』 というのが理由だそうです。 それはアンドレア・パオレッティが手掛ける畑から見受けられる 細部にまでこだわった作業を見れば納得がいきます。 ◆パオレッティの畑仕事◆ アンドレア・パオレッティが何故『イタリアにおいて一番腕の良い醸造・栽培家の一人』と 呼ばれるかというと、畑仕事の量や指示の細かさなどが 今までにない程、丁寧かつ的確なことが挙げられます。 どれだけ細かい作業を行うかという一例をあげると たとえばサンジョヴェーゼをギュヨーにて仕立てる場合。 葡萄の樹は等間隔に植えられ、ワイヤーに結わえ付ける前年の梢の 湾曲させる角度も全て同じに揃えます。 更に芽がすべて等間隔に揃うように芽かきを行います。 しかも等間隔にするのは1本の梢だけでなく ワイヤーに結わえ付けられた全ての梢の芽が等間隔になるようにします。 更に、各新梢につける房は2~3房、1房に対して8枚の葉を残します。 この手間の掛かる作業は各房の成熟度合いの均一化を目指すのが目的です。 もちろんこれは一般的なサンジョヴェーゼのクローンでの一例なので グロッソならばグロッソなり、カベルネならカベルネなりの 芽の間隔や葉と房の適正なバランスがあります。 これだけ質の高い仕事を隅から隅まで行っていれば 受けられるコンサルタントの数に限りがあるのも頷けます。 ランコーレが産み出される畑では主に地面に近い高さで仕立てた「コルドン」を採用。 地面からの熱が葡萄をよく完熟させるとの事。 また珍しいのが、日差しの強い南イタリアにてよく見られる 「アルベレッロ」という仕立ても採用。 アルベレッロは葉を傘の様に仕立てる事で果房に日陰を作ってあげる仕立てです。 直射日光を受け続けることで果皮に含まれる香味成分が失われるのを防ぎます。 サンジョヴェーゼの魅力を余す事無く表現したいランコーレにとっては最適な仕立てです。 余談ですがオルネライアが造るプレミアムメルロー・マッセトの畑でも パオレッティの進言により試験的にアルベレッロを導入したとのことです。 ※強烈なインパクトのエチケット、そしてワイン名 サンジョヴェーゼを扱う世界No.1のワインメーカーとも称される アンドレア・パオレッティが、年間約5000本のみしか作らない というだけでもそれなりのインパクトがある事に加えて エチケットのデザイン、そしてワインの名前も強烈なインパクトがあります。 エチケットの中央にはノルウェー出身のエドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」が そしてワイン名のRANCORE(ランコーレ)とは「恨み」です。 勿論『何故このデザイン。そして名前?』 という事を確認しましたが 『自分で考えてみな』とでも言わんばかりに、簡単には答えてはくれませんでした。 ワインの味わいはラベルや名前とは裏腹に 『さすがイタリアで一番の栽培・醸造家』と頷けるワインに仕上がっております。 「丁寧に栽培され、葡萄のポテンシャルに合わせた絶妙な樽使い」 サンジョヴェーゼの魅力が思う存分に楽しめる 名前やラベルのイメージからは程遠い、幸せな気分にさせてくれます。 ここからは仮説です。 なぜ『叫び』であり『恨み』なのか。 それは過剰な抽出や強い樽香を好む一部の生産者への メッセージではないでしょうか? 葡萄やテロワールの個性を発揮してもらえず世に送り出されたサンジョヴェーゼの 恨みであり本来の魅力を発揮できなかった サンジョヴェーゼの叫びなのではないでしょうか? 是非皆様が実際に手に取って頂き ワインに隠した生産者の真のメッセージを見つけて頂ければ幸いです。 ダニエル・トマセスがイタリアの代表的経済紙「Il Sole-24 Ore紙」の ウェブ・サイトにてランコーレを以下のように紹介しております。 ◆掲載文章抜粋◆ ⇒ [タイトル:パオレッティの5000本] イタリアで一番腕の良い醸造・栽培家の一人のアンドレア・パオレッティ。 80年代の後半にフィレンツェ大学を卒業した若いパオレッティは シャトー・ラフィット・ロートシルトなどで研修を経て 30歳になる前にはアンティノリの全栽培責任者 になった。 1995年より現在至るまでフリーでイタリア、トルコ、グルジア、モンテネグロ ハンガリー、欧米等の様々な国でコンサルタントとして活躍している。 ナパヴァレーでワインを造っている映画監督のフランシス・コッポラも パオレッティを採用したかったが断られたと言う。 パオレッティには輝かしい経歴があるが 彼自身はコンサルタントの仕事だけでは満足していないようだ。 恐らくコンサルタントとしてでは100%自分の哲学を ワインに表現できないから自分自身のワインが必要だと感じたのだろう。 パオレッティはフィレンツェの南に自分で植えた葡萄から「ランコーレ」を産み出した。 サンジョヴェーゼに関する知識に世界で最も長けているのは パオレッティかもしれない。年産はたったの5000本。 皆さんはモダンなテクノロジーとテロワールに対する パオレッティの情熱の融合を感じる事ができるだろう。 ◆ランコーレ [2009] RANCORE 「ムンクの叫び」◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:I.G.T. TOSCANA ROSSO ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ80%、メルロー15%、ピノ・ネロ5% ◆収穫:手作業で完熟した房のみを選別しながらの収穫。 ◆醸造:20~28日間30℃の定温にて発酵・マセラシオン。 ◆熟成:フレンチオークの1年使用トノー(300l)にて12ヶ月熟成後、瓶熟12-24ヶ月。 ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:アンドレア・パオレッティ/ANDREA PAOLETTI ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様/VINTNERS INC. ◆テイスティング◆ アンドレア・パオレッティ曰く 「サンジョヴェーゼは陽気なイタリアの女性」 「ピノ・ノワールは上品なフランスの女性」 どちらも魅力的だから混ぜて見たとのこと。 果実味に溢れサンジョヴェーゼらしい伸びやかな酸に ピノ由来の独特の熟したプラムの香りや儚げなニュアンスが 加わった独特の味わいです。 お得な5日間スペシャルプライス ランコーレ 2009 RANCORE ムンクの叫び SALE,豊富な

お得な4日間スペシャルプライス シャトーラリー 2010 CHATEAU LARY 100%新品,HOT

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆ボルドー左岸地域ヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ Bordeaux Wine Vintage Chart ◆1960★★★1961★★★★★1962★★★★1963★1964★★★1965★1966★★★★1967★★★1968★1969★1970★★★★★1971★★★★1972★1973★★1974★★1975★★★★1976★★★1977★1978★★★★1979★★★1980★★1981★★★1982★★★★★1983★★★★1984★1985★★★★★1986★★★★★1987★★★1988★★★★★1989★★★★★1990★★★★★1991★★1992★1993★★★1994★★★★1995★★★★★1996★★★★★1997★★★1998★★★★1999★★★2000★★★★2001★★★★2002★★★2003★★★★2004★★★2005★★★★★2006★★★2007★★★2008★★★★2009★★★★★2010★★★★2011---2012---2013--- ボルドー左岸地域のワインの作柄を ヴィンテージチャートにまとめました。 お買い求めの際や、レストランでワイン選びの目安としてご利用ください。 近年、ボルドー左岸地域は良いヴィンテージが続いています。 ◆ボルドー左岸地域◆ フランスの南西部に位置するボルドー地方は、 高品質なワインを常に安定して生産している一大銘醸地です。 フランスAOCワインの実に1/3を生み出し、その生産量は、 チリやオーストラリア一国の生産量に匹敵します。 英国領であったこともありその名声は古くから世界中で知られ、 現在も世界のワイン市場の中心を担う地域です。 特に、ジロンド河を挟み左岸のメドック、 右岸のサンテミリオン/ポムロールは赤の銘醸地、ボルドー市街に近い グラーヴは赤と辛口白、ソーテルヌは極甘口の デザートワイン(貴腐ワイン)の銘醸地として知られ、 ボルドーの5大産地と呼ばれています。 左岸地域は、高名なメドック地区の銘シャトーを筆頭に、 まさにボルドーワインの中心となるワインが造られる地域です。 総じて、赤は、バランスの取れた味わいの、骨格のしっかりとしたワインに、 白は、果実味に上品な酸がのった誰もが飲みやすい辛口に仕上がります。 メドック地区、グラーヴ地区の伝統ある格付けシャトーの揺るぎない人気が、 その安定した味わいを裏付けています。 それはアンジェロはアントル・ドゥ・メールの高原に、 ボルドーのアペラシオンの南に位置し、この領域を示しています。 1850年代にあった。それは1150年に、この領域にある、 イギリスの女王は、アキテーヌのエレノア、 彼はボルドーの最初のブドウ畑を植えました。 1960年にアーロンの伝統のための最大の点で パトリックとセルジュを続けブドウ畑の近代化に着手した。 それは私たちに高品質の収穫を与えるために、 歴史的に、私たちは、ぶどうの栽培マニュアルを好む。 以下のワイン造りは、ほとんどの承認された唯一の ワインメーカーがワイン醸造技術を習得する多くの経験を 知っているを示しています。 このノウハウは、父親から息子に伝達され、 完全に我々の品質チェーンを制御し、年間で技術を向上させるために 新しい技術を使用することを可能にします。 ◆シャトー・ラリー [2010] CHATEAU LARY◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 アントル・ドゥ・メール地区 ◆格付け:AOCボルドー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ボリューム提示:1692hl ◆ぶどう品種:メルロー58%、カベルネ・ソーヴィニヨン34%、カベルネ・フラン8% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆総酸度:3g/l ◆土壌:粘土質土壌 ◆ブドウ畑面積:71.5ヘクタール ◆樹齢:平均25年 ◆詳細◆ ガロンヌのほとりの北斜面に乾いた粘土質土壌、 強い夏の日差しを楽しんで南向き。 発酵は約30℃で、 合計で約3〜5週間の発酵の制御された温度で行われる。 マロラクティック発酵はVATSのワインで行われます。 ◆生産者:シャトー・ラリー ◆コメント◆ アロマは、フルーティでやや軽い酸味のある香り。 色は、十分に赤みを残した明るいルビー色。 味は、しっかりとした果実感、 プラムやチェリーの濃縮されたフレーバーを感じます。 ややスパイシーな味わいもあり土や木のフレーバーも感じます。 タンニンの渋味も残していて、ミディアム程度のボディ。 時間が立つにつれマイルドさが増し、口当たりの良い味わいに変化します。 ※ボルドー地方、アキテーヌ地区では、標準的な金、銀、銅メダルで評価されるコンクール。 ■コンクール・ド・ボルドーワイン・アキテーヌ■ 2011 Concours de Bordeaux 金賞受賞ワイン! お得な4日間スペシャルプライス シャトーラリー 2010 CHATEAU LARY 100%新品,HOT

お得な5日間スペシャルプライス シャトーパヴィマカン 2011 Chateau Pavie Macquin 2016,お得

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■2006年格付けにて プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・Bに昇格■ シャトー・パヴィとシャトー・トロロン・モンドの間に 位置し、1990年にニコラ・ティエポンを支配人に 迎えてから急速に品質向上しています。 バイオダイナミック農法による葡萄栽培が行われ、 濃密さと力強さのある、長い熟成の世界が 期待できるワインです。 ※ニコラ・ティエポン氏 バイオダイナミック農法によるパヴィ・マカンは 過去10年間の大半にわたって、輝かしいワインを 生み出してきた。 このワインをサン=テミリオンのラフルール だと思う方もいるかもしれない。 パヴィ・マカンは、古木の強烈さと、大柄で超絶的な 濃縮感の備え、高いエキス分が感じられるスタイルであり、 果実味とタンニンが豊かで、たっぷりとしたボディが 一体化しており、長期間セラーで熟成させる特筆に 値すべきワインの候補になっている。 このワインは、享楽主義者がすぐに充足感を得るために 探すものではないのは明らかだ。 しかしながら、たとえ、このワインを購入する人は賭けを する必要はないとはいえ、ヴィンテージによっては、 危機的状況となる前兆を示す、攻撃的なレベルのタンニンが 表れることがある点を指摘しておかなければならないだろう。 ※ボルドー第4版一般的な評価から引用 ◆シャトー・パヴィ・マカン [2011] Chateau Pavie Macquin◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 サン・テミリオン地区 ◆原産地呼称:AOC サン・テミリオン・グラン・クリュ ◆格付け:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・B ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー84%、カベルネ・フラン14%、カベルネ・ソーヴィニョン2% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆平均年間生産量:5万5千本 ◆畑面積:15.2ha ◆植樹密度:6000本/ha ◆平均収量:35~40hl/ha ◆平均樹齢:35年 ◆育成:発酵とマセレーションは4~5週間。 ◆熟成:熟成は新樽60~80%で行う。清澄も濾過もしない。 ◆所有者:コール=マカン家 ◆支配人:ニコラ・ティエポン ◆セカンドワイン:シャトー・レ・シェーヌ・ド・マカン(生産量:1万本) ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ パヴィ・マカンの名前はアルベール・マカンに由来する。 アルベール・マカンは、ヨーロッパのブドウの木を アメリカ産の台木に接え木する当時一流の専門家だった。 19世紀後半、フィロキセラがボルドーのブドウ畑の大半に 多大な被害を与えた後、接え木は必要不可欠なものになっていた。 ここの畑はよく「コート・パヴィ」という名で呼ばれる一帯にあり、 より知名度の高いトロロン・モンドとパヴィの畑に隣接している。 フォンガバン渓谷を見下ろすこの畑は、日照は非常に良好で、 晴天が多く温暖な独特の微気候を持つ。 1970年代及び1980年代のパヴィ・マカンのワインには 失望させられることが多かったが、 1990年、1989年、1988年のヴィンテージから 品質は著しい飛躍を遂げた。 その大きな理由は、コール家が(ヴィユー・シャトー・セルタンの) 才気煥発(さいきかんぱつ⇒すぐれた才能が外にあふれ出ること) (才気は、すばやく適切な判断ができること) のニコラ・ティアンポンを雇い入れ、シャトーの管理と ブドウの栽培にあたらせたからだ。 さらに、ワイン醸造とエルヴァージュのために新たに リブヌルのエノロジスト、ミシェル・ローランと ステファヌ・ドルノンクールを起用したことで、この地の利に 恵まれたサン=テミリオンの将来は、完全に一変した。 有機栽培を行うこのシャトーは、 現在サン=テミリオンのスターの1つとなっていいます。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点87点獲得!2011年! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 100点中90点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 92点獲得!2011年! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター93点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 93点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!94点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 95点獲得!2011年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!95点獲得!2011年ヴィンテージ! お得な5日間スペシャルプライス シャトーパヴィマカン 2011 Chateau Pavie Macquin 2016,お得

お得な5日間値下げスペシャルプライス シャトーセネジャック 2008 Ch acirc;teau Senejac 人気定番,豊富な

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ 2014年ヴィンテージ 89~91点獲得! 2013年ヴィンテージ 87~88点獲得! 2012年ヴィンテージ 86点獲得! 2011年ヴィンテージ 87点獲得! 2010年ヴィンテージ 89点獲得! 2009年ヴィンテージ 93点獲得! 2008年ヴィンテージ 88~90点獲得! 2006年ヴィンテージ 86点獲得! 2005年ヴィンテージ 89点獲得! 2004年ヴィンテージ 88~89点獲得! 2003年ヴィンテージ 89点獲得! 2002年ヴィンテージ 86点獲得! 2001年ヴィンテージ 85~86点獲得! 2000年ヴィンテージ 87点獲得! 1999年ヴィンテージ 80~83点獲得! 1998年ヴィンテージ 85~86点獲得! 1997年ヴィンテージ 80点獲得! 1996年ヴィンテージ 85点獲得! 1994年ヴィンテージ 82~83点獲得! 1992年ヴィンテージ 62~64点獲得! 1990年ヴィンテージ 86点獲得! 1989年ヴィンテージ 82点獲得! ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓でワインを 楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■2003年クリュ・ブルジョワ・シュペリュール昇格■ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ セネジャックは、ポプラの並木道と池がある、 写真向きの美しいシャトーである。 メドックの南部、パランピュイールの町の西方、 アルサック村のちょうど南にある。 畑の土壌は非常に軽い、砂まじりの砂利質であり、 若いうちに飲むためにつくられる、やわらかくて 果実味の多い赤ワインを生産している。 最近のヴィンテージ、特に2001年と2000年は、 中身と個性が増している。さらに生産者たちは、 年間800ケースだけの秀逸なカロリュスと呼ばれる プレステージ・キュヴェを世に送った。 このワインはメルロ50%、カベルネ・ソーヴィニヨン33%、 カベルネ・フラン17%が植えられた3haの 砂利質の区画からつくられる。 ブレンド比率は、ヴィンテージによってかなり違う。 2000年は、カベルネ・ソーヴィニヨン85%、メルロ15%で、 2001年は、カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロ26%、 カベルネ・フラン26%だった。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆シャトー・セネジャック [2008] Château Senejac◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メッドク地区 ◆格付け:A.O.C. オー・メドック クリュ・ブルジョワ [2003年の格付けでブルジョワ・シュペリュール級に格上げ] ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー25%、カベルネ・フラン14%、プティ・ヴェルド1% ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:25.0ha ◆平均樹齢:18年 ◆植樹密度:6,600本 ◆平均収量:48~52hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは約20日間。マロラティックは収量の15%は樽内で、残りは槽内で。 ◆熟成:新樽30%で18ヶ月。清澄は行うが、濾過は不確定。 ◆ファーストラベル:シャトー・セネジャック(13万5,000本) ◆セカンドラベル:アルティグ・ド・セネジャック/ラ・ベルジュリ・ド・セネジャック(6万5,000本) ◆飲み頃の続く期間:収穫後4~6年 ◆所有者:シャルル・ド・ギニュ ◆テイスティング◆ 2000年が初ヴィンテージのシャトー・セネジャック、 プレステージ・キュヴェ(カロリュス)が、 しっかりしたタンニン、干しぶどうや、 チェリーの濃厚な果実味、土を思わせる要素もあり、 エレガントで、力強い味わいです。 ※ IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)(毎年ロンドン開催) ■International Wine Challenge■ インターナショナル・ワイン・チャレンジ! シルバーメダル獲得! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中15.5点獲得!2008年! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16点を獲得した2008年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2008年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター88点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー89点獲得! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!90点獲得!2008年ヴィンテージ! お得な5日間値下げスペシャルプライス シャトーセネジャック 2008 Ch acirc;teau Senejac 人気定番,豊富な

お得な5日間 トゥアリータ レディガッフィ 2011 Tua Rita Redigaffi 豊富な,SALE

メーカー希望小売価格 23,000円 が SPECIALPRICE¥20,900円! お得な9.2%OFF!送料無料! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Tua Rita Redigaffi 2011年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 97点獲得!VP 96点!飲み頃 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!若い 2003年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 92点!落ちている 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 75点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 94点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 100点獲得!VP 88点!早めに 1999年ヴィンテージ WA 99点獲得!VP 94点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 86点!早めに 1997年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 95点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 78点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 85点!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータ レディガッフィ [2011] TUR RITA REDIGAFFI◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:I.G.T.トスカーナ ◆ブドウ品種:メルロー100% ◆アルコール度数:14.95% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆平均年間生産量:11,000本 ◆平均収量:20hl/ha ◆醗酵:オーク樽にてマセラシオン醗酵 約1ヶ月間/22℃からゆっくり上げ、 最高温度は26℃まで/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成 19ヶ月間(225L、新樽100%) ◆瓶熟:約5ヶ月 ◆フィルター:ノンフィルター、フィルターでろ過しておりません。 このレディガッフィは 「ワイン本来の味わいを保つ」 という生産者の意図から フィルタリングが行われておりません。 ◆生産者:トゥア・リータ ◆テイスティング◆ 荘厳で深い香り。カカオ、チョコや カフェのニュアンスが複雑な果実味と 一体となり、4次元的に広がる。 調和のとれた酸、タンニン、 ボディーが三位一体となり長い余韻へと誘う。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター94点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2011年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点95点獲得!2011年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP格別!96点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!99点獲得!2011年ヴィンテージ! イタリアワインとして唯一2大ワインガイド、 ワイン・アドヴォケイトとワインスペクテイターの両方で 100点満点を獲得した奇跡のシンデレラワイン♪ お得な5日間 トゥアリータ レディガッフィ 2011 Tua Rita Redigaffi 豊富な,SALE

お得な5日間値下げスペシャルプライス シャトードシャントグリーヴ 2010 Ch acirc;teau de Chantegrive Blanc SALE,100%新品

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ◆ボルドー第4版一般的な評価◆ 深遠なワインになることはめったにないが、ド・シャントグリーヴの赤ワインは健全に つくられており、適正な価格であるためにお値打ち品の代表格である。 品質の点では、このワインは良好なメドックのブルジョワ級に相当する。 白ワインは秀逸であり、とりわけ最上のヴィンテージのキュヴェ・カロリーヌは、 ペサック=レオニャンの格付けワインに比肩することがある。 ◆ワイナリー名:Mis en Bouteille au Château シャトー元詰 ◆ワイン名:Château de Chantegrive Blanc/シャトー・ド・シャントグリーヴ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 グラーヴ地区 ◆格付け:A.O.C.グラーヴ ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン50%、セミヨン50% ◆畑面積:35.0ha ◆平均樹齢:34年 ◆植樹密度:6,600本/ha ◆平均収量:35hl/ha ◆育成:シェネリックの白:発酵と9ヶ月間の熟成はステンレス槽で。清澄はしないが、瓶詰め時に濾過を行う。 ◆年間生産量:70,000本 ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆タイプ:白・辛口 ◆飲み頃温度:8℃ ◆コメント◆ バルザックの近く、グラーヴの南の地区にあるシャトー。 極めてフレッシュで果実味に溢れた白ワインを造り出します。 あの、ロバート・パーカー氏も「お値打ち品の代表例」と賞賛。 ※甘鯛とカキのソテー ◆テイスティング◆ パッションフルーツのような香りを備えていて フルーティーな味わいで生き生きした酸があります。 とても親しみやすいテイストに仕上がっており、 後味は柔らかくリッチでエレガントさを感じます。 魚料理と相性が非常に良いです♪ ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ このシャトーはポダンサック村の真北にあり、国道113号線に面している。 持ち主のアンリ、レヴェクの一族は、そのワインづくりの歴史を1753年に までさかのぼることができるが、1962年以来、彼自身が独力で、 このさびれたシャトーをよみがえらせることに成功したのである。 いまや高品質の赤・白ワインで知られた存在となり、 質と価格とのバランスも申し分ない。ここは、ボルドーではまれなことに、 樽で寝かせるサラーから発酵室まで、すべて温度と湿度が 調整されている。 1980年代半ばには、ド・シャントグリーヴ・キュヴェ・カロリーヌ という、贅を尽くした白のグラーヴが加わった。 このワインはより名声のある格付けシャトーに 匹敵するような出来栄えだ。 白も赤も長期の保存には向かないので、5年から7年のうちに 飲むべきである。白ワインを5年もたたないうちに飲むのは強い 異論もあろうが、ともかく、軽量級のヴィンテージであっても、 ここのワインは常に出来がよく、このアペラシオンの典型を示している。 舌と財布の両方を満足させてくれるグラーヴワイン を求めるつつましい 消費者なら、このグラーヴ南部の一貫性のある、実力以上の成績を おさめているシャトーのワインを探してみるべきだろう。 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16点を獲得した2010年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中17点獲得!2010年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点88点獲得!2010年! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 88点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー89点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家89点獲得!2010年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!90点を獲得した2010年ヴィンテージ! お得な5日間値下げスペシャルプライス シャトードシャントグリーヴ 2010 Ch acirc;teau de Chantegrive Blanc SALE,100%新品

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ エリオグラッソ バローロガヴァリーニヴィーニャキニエラ 2011 ELIO GRASSO BAROLO GAVARINI VIGNA CHINIERA 新作,新作登場

メーカー希望小売価格 13,960円 が SPECIALPRICE¥10,280円! お得な26.4%OFF!送料無料! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ ELIO GRASSO BAROLO GAVARINI VIGNA CHINIERA 2011年ヴィンテージ PP 93点獲得!若い 2010年ヴィンテージ PP 98点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 97+点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 93点!若い 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!飲み頃 2003年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 90点!早めに 2001年ヴィンテージ PP 92点獲得!VP 96点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 95点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 95点!早めに 1990年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 96点!飲み頃 1989年ヴィンテージ WA 98点獲得!VP 97点!若い ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ◆エリオ・グラッソ/ELIO GRASSO◆ かつてピエモンテでは一部の大手等の限られた 生産者のみが瓶詰めを行っており、 ほとんどの葡萄栽培家はワインを瓶詰めする等は考えておらず グラッソ家も先代までは葡萄栽培のみを行っておりました。 先代は『葡萄栽培家はあまり良い職業では無い』と考えており、 現オーナーのエリオ氏には家業は継がせるつもりはありませんでした。 ※右:現オーナーのエリオ・グラッソ氏 ※左:息子のジャンルカ・グラッソ氏 エリオ氏はトリノの経済大学を卒業後、銀行に就職しますが 先代が病気に掛かってしまった事をきっかけに 『自分の生まれ育った風景を残したい』 という思いから家業を継ぐ事を決意し、 現在は合計14haの畑を所有し、 年産約5000ケース程の生産をするまでに至りました。 1978年より区画毎に醸造したバローロ、 『キニエラ』 『カサマテ』 をリリースするようになり、 1995年にはワイナリーにとって最上級のバローロ 『ルンコト』 の 生産を始め、そのルンコトの2ndヴィンテージ1996が、 2002年度版のガンベロ・ロッソ誌にて 『ベストワイン・オブ・ザ・イヤー』 に選ばれる等、 イタリア国内外に於いて高い評価を得ております。 世界中で大変人気があり需要の高いワイナリーですが エリオ氏は自分達が管理できる範囲以上の 生産本数を増やすことは考えておりません。 ■ワイン造りに対する徹底した環境造り■ エリオ・グラッソでは『何がワインに対してベストなのか?』 という事を追求し、最近カンティーナを建て替えました。 まずカンティーナに入ると温度・湿度の管理が完璧に行き届いた MLF中のルンコトのバリックが並べられた部屋が広がります。 そしてその奥の扉を入ると高速道路のトンネルを掘る機械で 掘ったという自慢のエイジングセラーに樽が並べられています。 トンネルを更に進むと瓶熟の部屋と ワインをストックする部屋があります。 そしてトンネルの突き当たりの階段を昇ると 発酵等を行っているタンクのある部屋に行き着きます。 非常に清潔感があり温度・湿度の管理が完璧にコントロールできる ワインに対してベストな環境が整ったカンティーナです。 ↓↓[2014年版ガイド掲載文章抜粋]↓↓ ■ガンベロ・ロッソ2014■ ★ELIO GRASSO★ エリオ・グラッソがランゲのトップ生産者になった理由が2つあります。 一つ目は安定したクオリティー。極上のワインを長く作り続けている。 2つ目はネッビオーロの造り方が独特でクラシックでもモダンでもない。 クリュバローロのカサマテやキニエラは25hlのオーク樽、 ルンコト・リゼルヴァはバリックで熟成しますが、 どちらもその素晴らしいクリュの複雑な特徴をうまく表現している。 ■エスプレッソ2014■ ★ELIO GRASSO★ エリオとジャンルカは畑を愛し、醸造テクニックにも精通しており、 伝統的なバローロとモダンなバローロの間の 丁度良いバランスを見つけ出した。 肉厚でストラクチャーがモダンだが、 伝統的なバローロのようにテロワールを綺麗に表現しています。 ■スローワイン2014■ ★ELIO GRASSO★ 息子のジャンルカや妻のマリナに支えられ、良いチームです。 高品質、自然への尊敬、手作り感というエリオ・グラッソの コンセプトが全ての仕事ぶりに現れ、エリオ・グラッソのワインは クリスタルのようにピュアで感動的です。 生産者の細かさ、気遣いが非常に感じられます。 カサマテ2009は複雑で奥深く、非常に長く持続する。 キニエラ2009も更に奥深く、滑らか。 ルンコトはレベルの高いバローロで、樽の使い方が上手。 ランゲ・ネッビオーロやバルベラ・ダルバもいつもどおり安定している。 ◆エリオ・グラッソ バローロ・ガヴァリーニ・ヴィーニャ・キニエラ [2011] ELIO GRASSO BAROLO GAVARINI VIGNA CHINIERA◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ピエモンテ州 モンフォルテ・ダルバ ◆原産地呼称:D.O.C.G. BAROLO ◆ブドウ品種:ネッビオーロ100% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:31年 ◆土壌:中程度の柔らかさの粘土石灰質 ◆醸造:温度管理可能なステンレスタンクで20-25日間醗酵。 ステンレスタンクでMLF後、25hlのスラヴォニアンオークで 約24ヶ月間の熟成後、瓶熟8~10ヶ月間。 ◆生産者:エリオ・グラッソ ◆テイスティング◆ 大樽のネッビオーロとしては非常に濃い深いルビー色。 赤い果実のフルーティーな香りの中に ミネラルの香りや西洋杉、ハーブなど。 カサ・マテと比べるとやや近づきやすい滑らかなアタック。 ミネラルと酸の存在感が濃い果実の風味の 骨格を造り直線的なストラクチャーが印象的。 余韻には品の良い果実香や樽の香りが長く続きます。 ■Gavarini(ガヴァリーニ)の特徴■ スロー・フード社発行-Atlante delle vigne di Langaより抜粋 ガヴァリーニの畑はジネストラから全て見渡せる 一段低い森に囲まれた丘にあります。 ガヴァリーニで栽培された葡萄の品質は非常に高く 長きに渡りランゲの生産者は、 そのガヴァリーニの葡萄を買う為に争い合っていました。 総面積は6haで、ガヴァリーニから産み出されたバローロはとても逞しく 強いストラクチャーを持ち、香りが広がるまで少々時間が掛かります。 ※当写真はスローフード協会が発行する「ランゲのワイン地図」の 表紙の写真であります。それだけランゲを象徴する畑なのです。 ■キニエラ参考評価■ ◆ガンベロ・ロッソ誌:最高賞トレ・ビッキエーリ獲得!(89,98-01,06,09) ◆ドゥエミラヴィーニ:最高賞5グラッポリ獲得!(2001,2004) ◆ヴェロネッリ誌:青い3ツ星( ★★★ )獲得!(2004,2007) ◆スローワイン:GRANDE VINO(2007) ◆ワイン・アドヴォケイト: 97点獲得!(2008)95点獲得!(2006,2009) ※オーストラリア、シドニーに拠点を置くプロのワインライター、評論家、裁判官 ■ワイン評論家フオンフック氏の評価■ Huonhooke.com 高得点88点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!94点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点95点獲得!2011年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2011年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ エリオグラッソ バローロガヴァリーニヴィーニャキニエラ 2011 ELIO GRASSO BAROLO GAVARINI VIGNA CHINIERA 新作,新作登場

クール代 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱3本セット 高品質

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆輸入元:株式会社レイフォード様 ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP過去最高評価!格別!96点を獲得! ※PP過去最高評価!格別!96点獲得ヴィンテージ! ◆2010年ヴィンテージ情報◆ 2010年のヴィンテージは季節外れの低気温、 タイミングの悪い降雨、そして驚くほど晴天で暑い日々と、 生育期が極めて困難な年であったことが長く記憶に刻まれるでしょう。 収穫直前に襲った猛暑の際は、葡萄樹に十分に葉を残していたために、 果実を日焼けから守ることができました。 9月23日に始まった収穫は、10月23日に終了しました。 ブラックベリー、バラの花びら、チョコレート、 エスプレッソを思わせるアロマに、深みのある果実と土系の ニュアンスが引き立っています。 そしてまろやかでベルベットのようなタンニンは、 かすかなミネラル感とともに、シルキーなテクスチャーの中に包み込まれています。 濃色な果実の風味は、すばらしく融合された酸によって高められ、 酸とタンニンのバランスのよさは、 このワインの長い成熟のポテンシャルを約束しています。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー95点獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点97点獲得!2010年! クール代 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ オーパス ワン 2010 豪華綺麗な木箱3本セット 高品質

1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス レザマンデュモンペラルージュ 2012 LES AMANTS DE MONT PERAT ROUGE 超激得,SALE

メーカー希望小売価格 4,600円 が 特別価格!2,720円! お得な40.9%OFF! ※1本につき個別送料分だけ割引とは、表示されている送料分が 1本に対して通常の送料から割引となり断然お得です。 ※なお、個別送料分だけ割引サービスはポイントに応じて 変動いたします、また、ポイント8~10倍の期間は 対象外となりますので予めご了承ください。 ◆レザマン・デュ・モンペラ・ルージュ [2012] LES AMANTS DE MONT-PERAT ROUGE◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー アントル・ドゥ・メール地区 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE BORDEAUX ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー70%、カベルネソーヴィニョン15%、カベルネフラン15% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:25年 ◆密植率:6000本/ha ◆生産者:デスパーニュ ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様 ◆醸造特記事項◆ コンクリートタンクにて発酵。 フレンチバリックにてMLF後、数ヶ月コンクリートタンクで 休ませてから同バリックにて12ヶ月間熟成。 その後ステンレスタンクに移し替え6ヶ月間熟成。 また、オクソライン社のラックを使用。 このラックは、ローラーの付いたラックに樽をセットし、 定期的に回転させることで、器具を使わずに 衛生的に効率的にバトナージュをすることができます。 現在使用している樽メーカーは 2社。 ◆Cadus◆ ルイ・ジャドなども使うブルゴーニュの樽メーカー。 主に新樽として使い、樽のニュアンスがパワフル。 ◆Francis◆ 元ソムリエが作るボルドーの樽メーカー。 ティボーの一番好きな樽メーカーとのこと。 非常に舌が繊細な人で、全ての樽を自分で管理している造り手。 年産1600個しか作りません。 ◆テイスティング◆ ティボーがレザマンの特徴と語る 「青い粘土質土壌」のテロワールが 綺麗に表現されており、通常のシャトー・モンペラと 比べ、ミネラル感が強く複雑味のある味わいです。 葡萄の完熟が伺える熟した黒い小さな果実香に スパイスやバニラの香りが溶け込み涼しげな ハーブのニュアンスも感じられます。 舌触りは滑らかであり柔らかく熟した タンニンが伸びやかに舌の上に広がります。 余韻にも香りに感じた熟した果実と バニラの風味が繰り返しゆっくりと フェイドアウトしていきます。 ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 レザマン・ドゥ・モン=ペラとは シャトー・モン=ペラの生産者、ティボー・デスパーニュが 『愛しあう夫婦や恋人たちのかけがえのない時間の傍らに置いてほしい』 という思いを込め「Les Amants」=「恋人たち」と名付けた シャトー・モン=ペラの特別なキュヴェです。 2012ヴィンテージのボルドーは、ロバート・パーカーを始めとする評論家が 『2011ヴィンテージに並ぶグレートヴィンテージ』 と評する優良年です。 毎年リリース入荷するや否や即完売の驚異的な人気を誇る ボルドーのスーパー・スターシャトー・モンペラより 『特別な区画からセレクトされた特別なキュヴェ』 をお楽しみ頂けます。 レザマン・デュ・シャトー・モンペラはデスパーニュの人気ワイン シャトー・モンペラの特別なラインナップです。 芸術家である最高責任者ティボー・デスパーニュ氏の妻-ソフィー婦人が シャトー・モンペラの畑にある区画から採取されたピュアな青い粘土で型を取り造った “恋人達を表現した彫刻”をエチケットのデザインに採用しております。 彫刻用に採取する粘土のある特別な区画で栽培された 葡萄のみを使ったレザマン・デュ・シャトー・モンペラ・ルージュが 2003ヴィンテージより正式にリリースされました。 彫刻用に採取される区画の粘土の色は青く とりわけ保湿性に飛んでおり、凝縮感のある味わいに繊細さを加えます。 ただでさえこのエリアとしては異例な程の凝縮感を持つモンペラの要素に 繊細さが加わる事で、より完成度の高いワインに仕上がります。 レザマンはティボー・デスパーニュ氏が 『ワインメーカーである自身と芸術家の妻が何か一緒になって1つのものを作りたい』 という思いから産み出された特別なラインであり、株式会社ヴィントナーズのみの取り扱いとなります。 ★★★Chateau Mont-Perat★★★ とは ラフィット、シャトーマルゴーよりも高い評価を受け 国内外のワインコンクールの数々の賞(8項目以上)を獲得 さらには、3人の偉大な評論家から、絶賛されるワインです。 ◆アメリカの、ロバート・パーカー氏は 『まだ名前の知られていない、最高のボルドーワイン!』 ◆マスター・オブ・ワインのジャンシス・ロビンソンは 『カリフォルニアや、その他の地域のカベルネと比較すると、 このワインは全く素晴らしいワインで、 その質と繊細さは他の全てのワインを圧倒している。 必ず手に入れたいワイン のうちの一つである!』 ◆デキャンタ誌有名コメンテーターのロジャー・ヴォスは 『グラン・クリュと同じ品質を持ちながら、 格別魅力的な価格を持っている!』 と、絶賛されております。 更に過去の受賞歴を一部抜粋すると、 ■パリ・コンクール1998年、1999年ヴィンテージ 金メダル獲得! ■フランス最大級のワイン評価誌 アシェット 3年連続!「ひとめぼれ賞 Coup de Coeur」獲得! ■プルミエール・コート・ド・ボルドーコンクール 2002年ヴィンテージ レストランソムリエ賞 ジャーナリスト賞 共に受賞! ■ボルドーコンクール2001年ヴィンテージ 金メダル獲得! ■オーストラリア誌ヴィナリア 2001年ヴィンテージ ジロンド県のベスト8! ■ドイツ誌ヴァインレーゼより2001年ヴィンテージ 94点でNo.1を獲得! ※ラフィットは92点、シャトーマルゴーは92点 また作品中ではオーパス・ワンとの比較試飲にて シャトー・モンペラの2001がオーパス・ワンよりも勝っている様に描かれており これがきっかけで日本市場ではここ数年入手困難なワインとなっております。 ◆生産者デスパーニュ◆ Ch.モンペラを所有するデスパーニュ家は200年以上も アントル・ドゥ・メール地方でボルドーのワインに携わってきました。 デスパーニュが造るワインのクオリティの高さには定評があり ボルドーの革新的なワイナリーとして目され そのワインの90%は国外に輸出されています。 Ch.モンペラは1998年よりデスパーニュ家が所有しております。 畑は南もしくは南西向きの粘土石灰質土壌の4つの丘に 平均樹齢30年のブドウが作付けされております。 天才醸造家ミッシェル・ロランを中心に、3人の醸造学者と 1人の農業エンジニアを加えた5人のチームで 最高のワイン造りを目指します。 畑は南もしくは南西向きの4つの丘に位置します。 購入後ティボーは、20年を目処にした大規模な土壌の調査を行います。 まず畑全体に深さ80cm程度の穴を掘り、土壌を調査します。 その数なんと1000個。 その中から最もポテンシャルの高い結果が出た50個の穴を、 更に3mまで掘りさらに深い層まで調査しました。 また、モンペラの畑は海抜72~110mと起伏が激しく、 雨が降ると下の畑に貯まってしまます。 そこで畑に排水口を設置することで、水分量をコントロールし、 葡萄が希釈すること無く、毎年安定したクオリティで葡萄を栽培できます。 また、栽培に関しては基本2人一組で各区画を担当。 早朝5:45~15:00までの一日仕事を、一貫して収穫まで行います。 これにより労働者が畑に愛着を持ち、モチベーションも上がるので、 結果いい葡萄が育つようになるとのこと。 また醸造では天才醸造家ミッシェル・ロランを中心に、 3人の醸造学者と1人の農業エンジニアを加えた5人のチームで 最高のワイン造りを目指します。 こういった改革を行い、今日のモンペラの礎を築いてきました。 現在、畑の総面積は120ha、社員数は45名と 大きなワイナリーに成長しました。 ◆モンペラの畑◆ モンペラの畑は大きく分けて標高順に上から 砂質、砂礫質、粘土質と分かれています。 レザマン・ドゥ・モンペラ・ブランに使われるソーヴィニヨン・ブランは 例外的に標高の高い所に位置する粘土石灰質の畑から生まれます。 ソーヴィニヨン・ブランが好む粘土石灰質の土壌に加え、 比較的標高が高いので気温が上がりすぎずアロマティックな葡萄ができます。 また、モンペラの畑の中に「シャペル」と呼ばれ、 古くは自然の神に祈りを捧げる神聖な場所として扱われてきた区画があり、 この畑のポテンシャルが一番高いといいます。 レザマン・ドゥ・モンペラ・ルージュ、ロゼの葡萄はこの区画から生み出されます。 丘の斜面に位置し、崩れた斜面からは、 ティボーがこの畑の特徴と語る「青い粘土質」が見えます。 栽培にも特別な手入れが行なわれています。 畑の水分のバランスを保つ為と畑仕事中にクッションの役割も果たす 雑草を生やし、手作業による葉の選定、房に色がつく前と後の摘房。 収穫量は1本の木から6房前後に限定し、 完熟してから手作業での収穫などティボーの 毎年良いワインを造っていきたいという強い向上心が伺えます。 ◆醸造方法◆ 栽培には特別な手入れが行なわれています。 畑の水分のバランスを保つ為、畑仕事中にクッションの役割も果たす 雑草を生やし、手作業による葉の選定、房に色がつく前と後の適房。 収穫量は1本の木から6房までに限定し完熟してから 手作業での収穫などミッシェル・ロランの気持ちの入れようが伺えます。 モンぺラではタンクに葡萄を運び入れる際 この醸造所のために特別考案したコマのような容器を用います。 こうして葡萄は潰れて汁を失うことなく、ほとんど無傷のまま 発酵タンクの中に収まります。まだ広く知られていないこの方法が 安定した風味としなやかなタンニンの実現に一役買っています。 醸造もまた細心の注意を払って行なわれています。 発酵前の低温度での浸漬、1日2回の液循環 100%新品のオーク樽を用いてのマロラクティック発酵 週2回のバトナージュ (酵母とワインを触れさせたまま、時おりかき回す作業のこと)、 この樽における12ヶ月の熟成など 5人のチームの細心の心配りとこだわりが表現されています。 これだけの作業量ににもかかわらず、毎年18,000本を出荷する という業界においては偉業にも近い醸造を行うため これほどの絶大な評価を受けております。 ”Les Amants”(恋人たち)と名付けられたシャトー・モンペラの 特別な区画の畑から生まれたモンペラを超えたスペシャルキュヴェ♪ 2012 Les Amants de Mont-Perat Rouge 1本につき個別 分だけ割引 お得な5日間↓バッチリ値下げ↓スペシャルプライス レザマンデュモンペラルージュ 2012 LES AMANTS DE MONT PERAT ROUGE 超激得,SALE

オーパス ワン 2009年2010年 豪華2本セット 人気定番,新作登場

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [2009] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン81%、メルロー4%、カベルネ・フラン9%、マルベック1%、プティ・ヴェルド5% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 オーパス ワン 2009年2010年 豪華2本セット 人気定番,新作登場

本日のオススメ↓バッチリ値下げ↓ アルマヴィヴァ 2011 ALMAVIVA セール,高品質

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ ALMAVIVA 2011年ヴィンテージ WA 93点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2009年ヴィンテージ PP 91点獲得!若い 2008年ヴィンテージ PP 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 89点!飲み頃 2005年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 90点!若い 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 89点!若い 2003年ヴィンテージ WA 95点獲得! 2002年ヴィンテージ WA 93点獲得!早めに 2001年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!早めに 1997年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■南米チリの理想的なテロワールから生まれたアルマヴィヴァ■ 「アルマヴィヴァ」は、 「バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド」が、 南米チリの豊かな自然に、テロワール (土壌や天候等のぶどうの栽培環境)としての 恵まれた可能性を見出し、コンチャ・イ・トロ社との 提携で誕生させたフランコ=チリアン・ワインです。 アルマヴィヴァは、 ボルドー第1級シャトーのムートン・ロートシルト (ロスチャイルド)を運営する バロン・フィリップ・ド・ロートシルトとチリの大手ワイナリー コンチャ・イ・トロが共同で生産するワインです。 1996年の最初のヴィンテージが 市場で高い評価を得て一躍有名になりました。 現在では、最高級のチリワインとしての 地位を不動のものとしています。 その名前は、モーツファルトがオペラ化した事で 一躍有名になった戯曲 “フィガロの結婚”の 出演者アルマヴィヴァ伯爵に由来しています。 ラベルにあるAlmavivaの字は、原作者である フランス人カロン・ド・ボーマルシェが残した 肉筆を使用しています。 また、ラベルにある不思議なデザインは、 独自の宇宙観を持っていたチリの先住民族 マプチュ族が儀式の際に使用する太鼓に残されている模様で、 地球と宇宙を表しています。 アルマヴィヴァは、チリのサンティアゴ南東部にある マイポ・ヴァレーのプエンテ・アルトに85haの 葡萄畑を所有しています。 マイポ・ヴァレーは夏季には乾燥し昼夜の温度差も大きく、 冬季は温暖で雨が多いことから、葡萄栽培に適しており、 また、その中でもプエンテ・アルトはマイポ河が 運んだ礫が土壌となっている為水捌けが良く、 カベルネ・ソーヴィニョンにとって 理想的な栽培環境として有名です。 殆ど雨の降らない夏には灌漑の必要があり、地下に 張り巡らした灌漑システムから、適量を供給しています。 20%程度使用されているカルメネール種は 元々ボルドーが原産の葡萄ですが、19世紀後半に ボルドー葡萄の大半を死滅させたフィロキセラ病の 大流行によってボルドーでは全滅してしまった品種です。 ◆アルマヴィヴァ [2011] ALMAVIVA◆ ◆原産国:チリ ◆生産地:マイポ・ヴァレー ※チリ マイポ・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン67%、カルメネール25%、カベルネ・フラン5%、メルロー2%、プティ・ヴェルド1% ◆アルコール度数:15% ◆容量:750ml ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社&コンチャ・イ・トロ社 ◆輸入元:株式会社ファインズ様 ◆熟成:フレンチ樽(新樽比率100%)で18ヶ月熟成 果実味が凝縮されたすばらしいヴィンテージにしあがっています。 ◆テイスティング◆ 深みのあるルビー色。赤い果実や チョコレート、カシスを思わせる卓越した香りが、 フレンチオーク樽のバニラ香とよく調和し融合しています。 またワインが持つ複雑味とフィネスが際立っています。 本格的なフルボディで、口に含むと、熟成感と洗練された タンニンが傑出して感じられ、ワインに濃縮感を与え、 独特な均衡とフィネスをもたらしています。 そして、その味わいと香りの複雑さが口中に長く余韻を残します。 その優美さは、ボルドーの1級シャトーにも引けをとりません。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家93点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!95点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2011年ヴィンテージ! 本日のオススメ↓バッチリ値下げ↓ アルマヴィヴァ 2011 ALMAVIVA セール,高品質

お得な4日間クール代 オーパス ワン 2010年2011年2010年 豪華3本セット 得価,セール

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 ◆オーパス ワン [2011] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン71%、メルロー11%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド9%、マルベック1% ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆スキンコンタクト:17日(フランス語でマセラシオン・ぺリキュレールと呼ばれる醸造方法) ◆樽熟成:フランス産オークの新樽で18ヶ月間 ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆2011年ヴィンテージ情報◆ 2011年のヴィンテージは 開花のあった6月に季節外れの雨が降り、 着果が妨げられました。不順な雨と低い気温の 影響で花ぶるいが発生し、各房の果実が小さくなり 数も減りましたが、果実の凝縮度は上がりました。 9月22日に始まった収穫は、10月25日に終了しました。 明るく赤い果実、ベイリーフ、カシスのフレッシュな アロマを呈したオーパスワンは、紅茶と白胡椒の ニュアンスがわずかに感じられます。 まろやかなタンニンとクリーミーなテクスチャーは、 フレッシュなチェリーとブラックチョコレートの風味を包みんでいます。 この洗練された、熟成の可能性を秘めるワインは、 サテンのような滑らかなフィニッシュと同時に、 きめの細かいタンニンがかすかに感じられます。 ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 88点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター89点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点92点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!92点を獲得した2011年ヴィンテージ! ◆オーパス ワン [2010] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン84%、メルロー5.5%、カベルネ・フラン5.5%、マルベック1%、プティ・ヴェルド4% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆テイスティング◆ 濃いガーネットの色調で、 凝縮した黒すぐり、ブラックチェリーの味わいに、 ヴァニラやコーヒーのニュアンスがあります。 まろやかさとしなやかさが共存し、 余韻にはシルクのようになめらかなタンニンが感じられます。 ◆2010年ヴィンテージは、 世界的な需要が拡大し、今までは日本での販売が大半でしたが、 日本への割り当てる輸入量が極端に少なくなってきており、 ワイナリーからの出荷価格も上がっており、入手困難で確保が難しくなっております。 是非ともお早目のご購入をお勧めいたします。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP過去最高評価!格別!96点を獲得! ※PP過去最高評価!格別!96点獲得ヴィンテージ! ◆2010年ヴィンテージ情報◆ 2010年のヴィンテージは季節外れの低気温、 タイミングの悪い降雨、そして驚くほど晴天で暑い日々と、 生育期が極めて困難な年であったことが長く記憶に刻まれるでしょう。 収穫直前に襲った猛暑の際は、葡萄樹に十分に葉を残していたために、 果実を日焼けから守ることができました。 9月23日に始まった収穫は、10月23日に終了しました。 ブラックベリー、バラの花びら、チョコレート、 エスプレッソを思わせるアロマに、深みのある果実と土系の ニュアンスが引き立っています。 そしてまろやかでベルベットのようなタンニンは、 かすかなミネラル感とともに、シルキーなテクスチャーの中に包み込まれています。 濃色な果実の風味は、すばらしく融合された酸によって高められ、 酸とタンニンのバランスのよさは、 このワインの長い成熟のポテンシャルを約束しています。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 94点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー95点獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点97点獲得!2010年! お得な4日間クール代 オーパス ワン 2010年2011年2010年 豪華3本セット 得価,セール

完全予約 ザマッカラン ファインオーク 30年 700ml 木箱入り 大人気,新作登場

※決済方法限定(代金引換・銀行振込) ※御予約商品のご注文内容の変更やキャンセルは、お受けできませんので、 予め何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 ※サントリー様に分けてもらえる可能性が若干ございますので、お問い合わせにてご確認ください。 期間限定完全予約販売のため、ポイントは付きません。送料、代引手数料がかかります。 ※世界的にも僅少で他の店では20万~30万もします。 ザ・マッカランの華やかさはそのままに、 よりスムーズな飲み口で気軽に楽しめる ◆ファインオークシリーズ◆ ヨーロピアンオークのシェリー樽原酒、アメリカンオークのシェリー樽原酒、 バーボン樽原酒の3つの異なる原酒を絶妙なバランスでバッティングした ユニークな新シリーズです。 シェリー樽原酒由来の味わいにバーボン樽原酒由来のバニラやシトラスが 混ざり合った、複雑かつ軽やかな味わいが特徴です。 ソーダで割るとその特徴が一層際立ちます。 ◆シェリーオークとは◆ シェリー樽、スペインのヘレス特産の 酒精強化ワイン、シェリーの熟成に使った樽。 オーク樽は、その名前のとおり「Oak=樫」の木で製造した樽の事です。 ◆ファインオークとは◆ ファインオークというシェリー樽で熟成した物と、 バーボン樽で熟成した物をヴァッティング(混和)したモルトウイスキーです。 「ファインオーク」はスパニッシュオークのシェリーと アメリカンオークのシェリーにバーボンカスク(樽出し)の 3種類の樽で熟成された原酒を使っているそうです。 ◆カスクストレングスとは◆ 蒸溜機から溜出してくる蒸溜新酒(ニューポット)を、 樽に詰めて熟成させ、熟成のピークに達したら、直接瓶詰めする、 そのときのアルコール度数のこと。アルコール度数は、 熟成中に1樽ごとに異なってきます。 したがって同一蒸溜所で、同一期間に蒸溜した酒のすべてが、 同一カスクストレングスで仕上がる可能性はごく少ないといえます。 いわいる、カスクストレングスは、樽出し、 加水をせずに、そのまま瓶詰めした(原酒)モルトウイスキーです。 ◆原産国:スコットランド ◆アルコール度数:43.0% ◆容量:700ml ■香味の特長■ ◆色=贅沢な金色。 ◆香り=リッチでエキゾチック、複雑なアロマ、オレンジ。 ◆味わい=マカデミアナッツ、バニラフレーバー、ウッディ、ブラックチェリー。 ◆アフターテイスト=やわらかで滑らか。エレガントな余韻が非常に長く続く。 3つの樽の複雑な味わいの極み。 世界的に希少な30年ものマチュアードのザ・マッカラン♪ 完全予約 ザマッカラン ファインオーク 30年 700ml 木箱入り 大人気,新作登場

お得な4日間スペシャルプライス デュペレバレッラ ノワット 2010 DUPERE BARERRA NOWAT HOT,新作

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆デュペレ・バレッラ ノワット [2010] DUPERE BARERRA NOWAT◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン30%、シラー10%、 (モール山脈麓のシストの母岩の上に粘土と泥土が重なる土壌) ムールヴェードル30%、カリニャン30% 自社畑プロキュールより収穫(粘土石灰質土壌) ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆熟成:テルトル・ロートブッフおよびロマネ・コンティから仕入れた1~2年樽で18ヶ月熟成 ◆テイスティング◆ デュペレ・バレッラの真骨頂とも言える 『柔らかく、滑らかで、濃さもあり、でも優しい』 独特の質感を存分にお楽しみいただけるノワット♪ 優しい果実味の中には品の良いミネラル感も感じられます。 このワインはプロヴァンスでも高品質な赤ワインが造れる証明であり 何故デュペレ・バレッラが、ロゼのイメージが強いプロヴァンスで 高級な赤ワインを造ろうとしたのかがご理解頂けると思います。 Dupere-Barrera Nowat お得な4日間スペシャルプライス デュペレバレッラ ノワット 2010 DUPERE BARERRA NOWAT HOT,新作

オーパス ワン 1998 超激得,限定セール

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 5大シャトーのひとつシャトー・ムートン・ロスシルドを所有。 その歴史は1922年、バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルドがこのシャトーの 魅力・美しさにすべてを注ぐことを決意したことにより始まりました。 [伝統と革新]を基盤に、幅広いビジネスを展開しています。 オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery) は、 カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。 ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間で カベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる 合弁事業として1978年に設立された。 オーパス・ワン・ワイナリーは、オークビル (Oakville) の、 ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからカリフォルニア州道29号線を横切った所に位置する。 このワイナリー・ベンチャーの立ち上げは、ワイン産業の一大ニュースであった。 ド・ロッチルトの動きは、急成長するナパ・ワインに一層の格を与えた。 カリフォルニア・ワイン ラベルにはモンダヴィとド・ロッチルト男爵2人の横顔とサイン(ラベル下)が 連なって書かれている。 オーパスワン(Opus One)とは音楽用語で 「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインは メロディのようなものだ』という考えからド・ロッチルト男爵が命名したものである。 ◆ジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社とロバート・モンダヴィ社の 提携によって誕生したカリフォルニア最良の赤ワインのひとつ。 積極果敢なジョイントベンチャー バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社は、伝統的なワインづくりを頑なに守り続ける一方で、 数々のジョイントベンチャーにより、新しい銘酒を世に送り出す進歩的な挑戦者でもあります。 例えば、カリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィ社と、1979年に共同で生産を 開始した「オーパス・ワン」は、今日、カリフォルニア産最良の赤ワインのひとつとして 知られる存在になりました。 これ以外にも南米チリのコンチャ・イ・トロ社との提携で生まれたフランコ=チリワン・ワイン 「アルマヴィヴァ」や、南仏ラングドック地方のヴィニュロン・ドゥ・シュール・ダルク社と設立した バロナーク社により誕生した「バロナーク」は、各々数量限定の高級ワインとして高い評価を得ています。 ◆オーパス ワン [1998] Opus One◆ ◆原産国:アメリカ ◆生産地:カリフォルニア ノース・コースト ナパヴァレー ◆産地AVA:オークヴィル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン91%、メルロー1%、カベルネ・フラン7%、プティ・ヴェルドとマルベック1% ◆醸造:スキンコンタクト36日間 ◆熟成:フレンチオーク新樽で16ヶ月 ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆セカンド:オーバーチュア ◆生産者:ロスシルド&モンダヴィ ◆1998年テイスティングノート◆ 1998年は、エルニーニョによる冬の洪水により、 成育期が遅れ10月末まで続いたため、 オーパスワンのぶどうは、長い期間ゆっくりと成熟されました。 しなやかで味わいの豊かな1998年オーパスワンは、濃い紫色を呈し、 ブラックベリー、バニラ、エスプレッソコーヒーを思わせる 凝縮された香りが印象的。 素晴らしいバランスと広がりをもった、滑らかな風味が特徴です。 ◆価値あるオーパスワン20周年記念ヴィンテージ♪ オーパス ワン 1998 超激得,限定セール

お得な4日間スペシャルプライス デュペレバレッラ マイラブ 2011 Dupere Barrera My Love 最安値,人気

※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ラベルの空白部にメッセージやキスマークを入れた オリジナリティー溢れるワイン・ギフト♪ デュペレ・バレッラの★MY LOVE(マイ・ラブ)★ ◆ピュアな果実味へのこだわりから◆    DRCに認められし生産者     ◆デュペレ・バレッラ◆ 「DRCより樽を譲り受けてワインを造る」   という一見キャッチーなフレーズですがDRCより樽を譲り受けているのは デュペレ・バレッラの 「果実のピュアな味わい」 を表現する為の 並々ならぬこだわりからに他なりません。 デュペレ・バレッラはワイン造りにおいて、葡萄の味わいをストレートに ワインに表現する事に最も重きを置いております。 その為、認証は取得しなくともビオディナミを実践し、ワイン造りに 機械を持ち込まない等、徹底したこだわりがあります。 そしてDRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 「一流生産者から使用樽を譲り受ける」 というのも、そのこだわりの一つです。 果実味をピュアに出来る様に、新樽の使用を控えているのですが どんな使用樽でも良い訳ではありません。 一流生産者に納入される一流の樽だからこそ納得のいくワイン造りができる。 だからこそ DRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等 なのです。 しかしDRCから使用樽を簡単に得られたわけではありません。 何度も何度も手紙を送り続け、ようやく面会が許され 「なぜDRCの使用樽が必要なのか?」 等の質問を始め 100以上にわたる細かい質疑応答が繰り返され デュペレ・バレッラのワイン造りの哲学がDRC側に認められた為 使用樽を譲り受けられるようになったのです。 世界中のワインの頂点に立つDRCにワイン造りが認められたという ワイン生産者として、これほど嬉しいことは無いでしょう! 更に、DRCだけではなく、他の一流生産者から樽を譲り受ける際の 「ワイン造り」に対する意見交換から得た知識も、彼らのワイン造りに 大いに反映されております。 「 生産者:Dupere Barerra (デュペレ・バレッラ) 」 夫ローラン・バレッラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで、 さらにワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そしてプロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、作り手への道へと転換を図り 1997年に 『デュペレ・バレッラ』 が誕生しました。 若い彼らは開業当初、畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマン・ガイド2005の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられるなど スーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 彼等の造るワインは、リリース後も熟成を行わないと楽しめないワインではなく 収獲した葡萄をそのまま頬張ったようなフレッシュな葡萄の味が感じられる 若いうちから楽しめるスタイルです。 レストランでは若いヴィンテージでも仕入れた直後からすぐにサービスが できることから、多くの一流フレンチが愛用しております。 何もないところからネゴシアンを立ち上げ、ゴーミョーや ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス等で注目すべき新人 プロヴァンスを変える仕掛け人としてフランス・ワイン界を賑わせ 近年畑も購入しドメーヌとしても活躍しているデュペレ・バレッラ。 その道のりは決して簡単なものではなかったものの、 常に夫婦二人一組で困難を乗り越えてきました。 「デュペレ」はエマニュエル(左)の 「バレッラ」はローラン(右)の苗字を合わせて ワイナリー名にしているところにもその姿勢は伺えます。 支えあい、いつくしみ合う恋人たちや夫婦がワインを飲みながら 幸せな時間を過ごして欲しいという想いから生まれたワインです。 「マイ・ラブ使用例1-キスマーク」 お酒漫画の傑作『BAR レモン・ハート』より 20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュール スピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒 焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画 「BARレモン・ハート」で紹介されまいた。 作中では 『贈られてドキドキの、ロマンチックなワインというのが 売りだが、飲んでもなかなか美味しい。』 と紹介されております。 「マイ・ラブ使用例-メッセージ」 空白部分にメッセージを入れて オリジナリティ溢れる大切な記念日の贈り物などギフトにも! ◆デュペレ・バレッラマイ・ラブ [2011] Dupere-Barrera My Love◆ ◆生産者名欧文:DUPERE BARRERA ◆生産者名和文:デュペレ・バレッラ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス ◆原産地呼称:VIN DE PAYS DU MONT-CAUME ※ムールヴェードル ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ムールヴェードル60%、カリニャン40% ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆醸造・熟成 100%除梗。ステンレスタンクにてアルコール発酵後、3週間の浸漬。 ピジャージュ、ルモンタージュおよびデレスタージュを組み合わせて抽出を行います。 6カ月間大樽にて熟成後、ポンプを使わず重力によって瓶詰。 瓶詰めの際に清澄は行わずフィルターも使いません。 ◆AOCバンドールの歴史(Histoire sur le Bandol) 古くは古代ギリシャのPhoceens(フォカイア人)らによって ぶどう栽培がもたらされローマ時代へと継続していきました。 バンドールワインの名が特に知られるようになったのは、 大航海時代に入ってバンドール港から ワインが世界中に輸出されるようになってからです。 バンドール港は、 プロヴァンス地方特有のミストラルと東風を遮る Mont.Caume(コーム山)とmassif de Sainte Baume (サントボーム山塊)があるお陰で、安全な港として発展しました。 そのワインはルイ15世のお気に入りとなり、 その後1870年頃には9600もの大樽ワインが運ばれ、 100の樽製造業者が存在し、大変に栄えました。 しかし、Phylloxera(ぶどう根アブラムシ)によって、 19世紀末にはぶどう畑が壊滅的な被害を受けてしまいます。 それに対して立ち上がった栽培者達は、その後苗を植えなおし、 現在では土着品種を中心とした ワイン造りによって再びその名声を取り戻しています。 ◆A.O.C. バンドールのテロワール(Terroir de l'Appellation) A.O.C.バンドールは、北のSainte Baume山塊から 南の地中海の間に広がる1,500haの地域で、 年間の日照時間が3,000時間と太陽の恩恵も大きく受けています。 土壌は大部分が石灰岩質で、 小石混じり。そこに砂質泥灰土と砂が加わっています。 この土壌は白亜紀の表層が侵食・崩壊してできたもので、 ミネラルに富んで、また大変乾燥しています。 南向きの傾斜地に作られたぶどう畑には、 風や雨による土壌の流出を防ぐためRestanqueという この地方独特の石を積み上げた防風壁が作られています。 また、年間降水量は600mm程と少ないのですが、 地中海からの風もあり、夏の乾燥・暑さからぶどうを守ってくれています。 ◆その他特記事項 葡萄の収獲地はAOCバンドールのエリア内ですが 自由な発想でワインを造りたいという思いから バンドールの規定 (ムールヴェードル50%以上、15カ月以上の熟成etc・・・)にはこだわらず ヴァン・ド・ペイとしては味わいがしっかりしたワインが造られております。 ★「贈り物」にピッタリなワインギフト「マイラブ」★ ※画像のボトルは前ヴィンテージの為キャップシール等が異なります Dupere-Barrera ★2011 My Love★ お得な4日間スペシャルプライス デュペレバレッラ マイラブ 2011 Dupere Barrera My Love 最安値,人気

お得な5日間 モンテラポーニ グラッパディキャンティクラッシコリゼルヴァ バロンウーゴMONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO 送料無料,低価

◆モンテラポーニ グラッパ・ディ・キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ バロン・ウーゴ MONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ ラッダ・イン・キャンティ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、コロリーノ キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・バロン・ウーゴのヴィナッチャ(搾りかす)から蒸留。 ◆アルコール度数:42% ◆容量:500ml ◆蒸留:蒸気式蒸留器を使用。 ◆熟成:バリックにて27ヶ月熟成。 ◆蒸溜所:ナンノーニ社 シエナとグロッセートの間に位置するパガニコ村の蒸溜所。 サンジョヴェーゼやブルネッロのなど、 トスカーナの土着品種の個性を引き出す蒸留技術に定評があり、 トスカーナのグラッパ造りの第一人者です。 サシカイアやオルネライアなどのグラッパもこの蒸溜所から生み出されます。 ◆テイスティング◆ 綺麗な琥珀色。白い花等のフローラルな香りに胡椒、 シナモン、バニラなどの幾種ものスパイス香が加わり 複雑かつアロマティックな香り。 滑らかな口当たりから果実味が綺麗に感じられ、 口中で大きく広がります。余韻にかけても スパイシーさが感じられ、果実の芳醇な香りが鼻に抜けます。 モンテラポーニは、キャンティ・クラッシコの中でも特に標高が高く、 繊細でエレガントなサンジョヴェーゼが生み出される銘醸地 ラッダ・イン・キャンティの丘に位置します。 モンテラポーニの畑とセラーは998年より存在しており、 当時の所有者はトスカーナを治めるウーゴ男爵でした。 その後修道院の手に渡り、現在のオーナーである ブラガンティ家が購入したのは1974年のことです。 現在所有する土地は全部で200ha。 その中で葡萄畑は10ha、その他オリーブや穀物なども育てております。 ●栽培特記事項● モンテラポーニでは、テロワールを最大限尊重した栽培を目指し、 2003年からビオロジックに切り替え、 2009年からはICEAの認定も取得しております。 畑は標高420m~570mに位置し、昼夜の寒暖差が激しく、 砂や粘土、アルベレーゼ(石灰岩)、ガレストロ(泥灰岩) の入り混じる非常に複雑な土壌です。 キャンティ・クラッシコが造られる若い畑は、 バロン・ウーゴ畑のある丘の斜面下部に位置します。 この畑にて栽培される樹はすべてバロン・ウーゴの畑から マサールセレクションされたものです。 仕立てはギュヨ。畝の間に様々な植物を植え、 緑肥を行い土壌を健康に保っております。 更に上部へ上がるとバロン・ウーゴの畑。 見下ろすとモンテラポーニの屋敷や森に囲まれた イル・カンピテッロの畑が見えます。 土壌は9割がアルベレーゼ、残りはガレストロなど。 表面には砕けたアルベレーゼや石英などがゴロゴロと転がり、 これが反射熱をもたらし成長を促します。 高樹齢の樹が点在するように見えますが、 病気等になった樹は植え替えるため、 隙間には新しい樹が植えられています。 バロンウーゴの畑と、斜面下の若い畑は南東向き。 朝から日光が当たり、成長を促進させます。 イル・カンピテッロの畑はワイナリーの 近くの森に囲まれた所に位置し、斜面は南西向き。 この畑が一番標高が低く、生育状況が早いといいます。 土壌はバロンウーゴに比べガレストロが多く、アルベレーゼと半々位。 斜面に転がる石も細かいものが多いです。 また、モンテラポーニの畑には数カ所、人工の池も。 ここに様々な植物があるため、蜘蛛や蜂などを呼び込み、 害虫を駆除するといいます。 様々な野鳥や魚なども生息し、モンテラポーニの畑において 小さな生態系が出来上っています。 ●醸造特記事項● 畑にて選別され手作業にて収穫された葡萄は、 素早くワイナリーに運ばれ、ブルゴーニュでも 使われている除梗機「Demoisy」によって除梗、粒単位の選別。 サンジョヴェーゼはピノ・ノワール同様、果皮がデリケートな品種ですが、 この除梗機だと優しく除梗されるため、果皮を傷つけず 香味が最大限表現されるといいます。 ワイナリーはウーゴ男爵の時代、10世紀からの建物を 改装し使用。醸造での人的介入は必要最低限に留められ、 発酵はセメントタンクにて野生酵母のみ、 温度管理もせずに行われます。 バロン・ウーゴの醸造にはノンブロ社の楕円形の セメントタンクを使用します。ノンブロ社は セメントタンクのリーダー的存在であり、最近自然派生産者に 流行の卵型セメントタンクもノンブロ社が開発したものです。 この楕円形のセメントタンクも卵型と同じく、 内部にて対流が起こる為タンク内上部と下部の温度差が少なく、 また自然なルモンタージュの効果が得られます。 この楕円形セメントタンクは、シャトー・ポンテ・カネ、 ハーラン・エステートなどの有名生産者も使用しております。 MLF後は伝統的な大樽にて熟成されます。 キャンティ・クラッシコの熟成にはフレンチ、スラヴォニアンオークの 大樽を併用し、バロン・ウーゴと、イル・カンピテッロの熟成には グルニエ社の楕円形の大樽を使用。 グルニエ社はブルゴーニュのトネリエであり、大樽のみを生産する職人。 受注する際は生産者を訪問し、セラーのサイズや醸造スタイルなどを 見極めてから特注品を制作するトネリエのため、 生産量は非常に少なく、年間100個程度とのこと。 ブルゴーニュではDRCやフィリップ・パカレなどがここの大樽を使っています。 除梗機や熟成樽など、ブルゴーニュにて使われている器具が多いですが、 やはりブルゴーニュは世界でもクリュの概念が最も浸透している地域であり、 自分もラッダ・イン・キャンティのテロワールを表現したくてワイン造りを 行っている為、必然的にブルゴーニュに似たものになるとのこと。 パカレやジャック・フレデリック・ミュニエなどとも親交があります。 また、モンテラポーニのワイン造りの説明を受ける中印象に残ったフレーズが、 ■「重みのない力強さ」■ この表現のためにすべての醸造方法を考えているとのことでした。 醸造家には、2007年より、伝統的なスタイルの醸造に定評のある マウリツィオ・カステッリを採用しております。 ※マウリツィオ・カステッリ トスカーナを中心に活躍する醸造家。 過度な技術介入は控え、「サンジョヴェーゼ本来の姿」の表現を旨とし、 クラシックなスタイルを目指す生産者から絶大な人気を誇ります。 グラッタマッコやマストロヤンニ、コル・ドルチャ、 ポデリ・ボスカレッリなど、現在のコンサルタント先は30以上にのぼります。 ※ワインガイド各誌評価文章抜粋 ■ガンベロ・ロッソ2014■ モンテラポーニがキャンティ・クラッシコの世界にデビューしたのはつい最近だが、 伝統的なスタイルにて注目され、タイムスリップしたかのような錯覚に陥る魅力がある。 ラッダのサンジョヴェーゼを最大限表現するのが目的です。 デリケートな香りや溌剌とした果実香が交互に現れ、 エネルギーや旨味のあるワイン。 ■スローワイン2014■ オーナーのミケーレは家族が70年代に購入したワイナリーであり、 上品かつテロワールを表現したワインを生み出し、その才能を発揮した。 モンテラポーニは時の止まった場所のように、刹那的な美しさを持つ場所です。 ミケーレはそのエッセンスを理解し、古い畑や環境を守りながら、 ワインを通して表現しました。 醸造方法はシンプルかつピュア、手作り感があり、 テロワールが綺麗に表現されている。 ■ビベンダ2014■ モンテラポーニは汚れのない環境にあり、森に囲まれた野性的な場所です。 土着品種やテロワールのアイデンティティに強くこだわり、 ビオロジックにて栽培しています。 バロン・ウーゴは感動した。 完璧にバランスが取れており、タンニンはきめ細かく余韻が長い。 ●イタリアワインガイド各誌と移り変わり● ◆1)イタリアで出版されるワインガイド(評価本)といえば、 ガンベロ・ロッソ(Gambero Rosso)と、スローフード(Slow Food) 共同出版のヴィーニ・ディタリア(VINI D'ITALIA) ◆2)イタリアソムリエ協会によるドゥエミラヴィーニ(DUEMILAVINI) ◆3)ヴェロネッリ出版(Veronelli)のイ・ヴイーニ・ディ・ヴェロネッリ(I VINI DI VERONELLI) ◆4)エスプレッソ出版(Espresso)のヴィーニディタリアVINI D'ITALIA(VINI D'ITALIA) ◆5)ルカ・マローニ(Luca Maroni)のグイダ・ディ・ヴィーニ・イタリアーニ(GUIDA DEI VINI ITALIANI) ■スローワイン/SLOW WINE■ ガンベロロッソは、一番評価が高いワインにはトレビッキエーリの マークがつけられることで知られている有名なワインガイド。 ガンベロロッソとスローフード共同出版でしたが、両者の関係は解消され 今後はガンベロ・ロッソのみで、引き続き出版する事にになりました。 一方、スローフードは2011年度版から新しく 「スローワイン」というワインガイドを出版することになりました。 ■ビベンダ/BIBENDA■ イタリアソムリエ協会が編集する「ドゥエミラヴィーニ」の名称が、 2013年版から「ビベンダ」に変わりました。これは出版社名から取ったものです。 また、レストランの評価も一緒に載るようになりました。 ブドウの房を使った評価に変更はありません。 お得な5日間 モンテラポーニ グラッパディキャンティクラッシコリゼルヴァ バロンウーゴMONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO 送料無料,低価